« スーパーアグリの開幕戦 | トップページ | アクセス解析 »

2006年3月14日 (火)

バーレーンGP雑感

さて、恒例の感想です。

まず、3強がしっかり存在感を示しました。
アロンソは王者の貫禄を、
シューマッハは復活を、
ライコネンはマシンの信頼性不足に悩まされながらも、
強さを見せました。

ちょっと残念なのはそのチームメイト達。
初戦のマッサは仕方ない部分もあったのですが、
モントーヤとフィジケラは、
マシントラブルを差し引いても物足りなかったです。

その後ろにつけたバトンにも物足りなさを感じました。
特に第3スティント。
マシンの小トラブルはあったようですが、
相手は1ストップ、
しかも最初から選択したのではない1ストップ作戦。
もう少し攻めて欲しかった。

物足りなさを超えて、深刻なのはトヨタ。
予選第1ピリオドで終了って、
エンジン貸してるミッドランドと同じくくりですか??
遅さの解明のためにレースをテストと割り切ったって、
冬にあんなにテストしていたんだから、
それをやって良いのはSAF1だけでしょう。
タイヤとのマッチングが悪いとか、
いろいろ言われていますが、ちょっと情けない。

反対に予想より良かったのは、なんと言ってもウイリアムズ。
特にロズベルグは素晴らしい。
スタートの混乱さえなければ、
ウエバーの前でのフィニッシュは確実だったでしょう。
もっとフリー走行を走らせた方がとも思ったのですが、
このコースはGP2で走行済みでした。
余計な心配してスイマセン。

その次に良かったのはレッドブル兄弟。
兄のレッドブルはエンジンのクーリング問題で、
どうにもならないかと思われたのですが、
昨シーズンと同じ位置を走っていました。
まぁ、クルサードのエンジンが最悪のタイミングで壊れましたけど。
クリエンの成長度もマル。

弟のトロロッソは、
V10でポイントまで狙えるとまで言われてましたが、
そこまでは行かず。
でも、昨シーズンのミナルディから比べると格段の進歩。
まあ、去年のレッドブルにV10を乗せていれば、
このぐらいは当然かもしれませんけど。
V10の規制は変更されないみたいなので、
低速コース、モナコやハンガリーでは面白いことになるかも。

と、書いている間にももう次のマレーシアの話題が出始めています。
今シーズンも忙しそうです・・・。

|

« スーパーアグリの開幕戦 | トップページ | アクセス解析 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/1037620

この記事へのトラックバック一覧です: バーレーンGP雑感:

« スーパーアグリの開幕戦 | トップページ | アクセス解析 »