« 夜桜・サクラ | トップページ | 「そのときは彼によろしく」 »

2006年4月 4日 (火)

スーパーアグリのオーストラリアGP

大混戦の中で初の2台完走を果たしたスーパーアグリ。

実際、開幕して6分の4が完走、
リタイアもレース後半のものが多いので、
大健闘と言えるでしょう。

あまりにも完走が多いので、
「当然」と思われる人も多くて、
さらには「どべ」だからつまらないという
感想も聞かれますが、
開幕前のいきさつを考えると、
走っているだけで奇蹟、
完走したらもう感動ものです。

まあ、テレビで奇蹟、奇蹟を連発しすぎるので、
かえってチープに聞こえるのかもしれませんが。

ちなみに今回も大活躍を見せた琢磨。
なんとワークスホンダを抑え込んでの大奮闘。
バリチェロはまだマシンやタイヤになれていないとか、
今回はブレーキにトラブルを抱えていたので
抜きにくかったと言い訳してますが、
普通に走れば一周5秒も差があるマシンで、
仕掛けもしないとは。

国際映像で長々と琢磨先導のバトルが
2戦連続で映されたのは、
それだけ注目度が高いと言うこと。

テレビを見ていて思わず「見たか」と叫んでしまいましたが、
因縁浅からぬバリチェロ相手のこのバトル、
琢磨本人にもチームにとっても大いに勇気づけられる
走りだったと言えるでしょう。
本当に素晴らしい走りでした。

ちなみに現場でもモニターに映ると拍手が沸いていたそうです。
他人の不幸で喜んではいけませんが、
バリチェロ更迭説も出始めているらしいですし。

結局ピットイン前後の単独走行で秒単位の差があるマシンなので、
先行されてしまうのですが、
もう少し速いマシンなら、と考えてしまいます。

井手も完走を果たしたことで
得難い「自信」を手にすることが出来ました。
まあ、予選で赤旗の原因になってしまいましたが、
ポジティブに捉えれば「攻め」ているということ。
最後尾は免れない状況ですが、
決して漫然と走っている訳ではないところに
価値を見いだしたいところです。

やっぱり、評価甘いかなぁ。

|

« 夜桜・サクラ | トップページ | 「そのときは彼によろしく」 »

コメント

スーパーアグリ2台揃っての完走!
そして、琢磨君の活躍!
あんな姿を見せられたら、チーム全体が二人の為に頑張ってくれるでしょうね。
一戦一戦、確実に成長してるのが良く分かります。
今後が楽しみですね。

ホンダの二人は、ちょっともどかしい・・・
もっと、行けそうな気はするんですけどねぇ

投稿: sora_2626 | 2006年4月 4日 (火) 01時45分

いやあ、出来過ぎ!ってほどの
活躍ですが、
チームもファンも期待せずにはいられないですね。

ホンダは、うーん、
何かが足りない。
バリチェロは、大丈夫でしょうか???

投稿: tomo | 2006年4月 6日 (木) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/1270478

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーアグリのオーストラリアGP:

« 夜桜・サクラ | トップページ | 「そのときは彼によろしく」 »