« スーパーアグリのオーストラリアGP | トップページ | ガスコイン、トヨタを離脱… »

2006年4月 5日 (水)

「そのときは彼によろしく」

本来GP感想の日ですが、今日はお休み。

気になっていた本を読み終わったので、
感想など。

「いま会い」の市川拓司の小説は、
「ちょっとSF」なので、
人によって好き嫌いはあるのかもしれませんが、
おいらにはこの人のSF加減は好きです。

今回の「そのときは彼によろしく」も、
ちょっとSF。
ただ、そのSFはエッセンスでしかなくて、
その普通であれば「あり得ない」ことが、
人物たちの思いであったり、
絆であったりという大事な部分を際だたせています。

優しい世界の優しくない「現実」
その「現実」の部分がSFのエッセンスになっていることもあり、
物語の中盤以降の展開には引き込まれて、
一気に読み進めてしまいました。

映画から「いま会い」を見た人にもお勧めできると思います。

特にラストに安心が待っていたのがおいら的には良かったです。

|

« スーパーアグリのオーストラリアGP | トップページ | ガスコイン、トヨタを離脱… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/1284851

この記事へのトラックバック一覧です: 「そのときは彼によろしく」:

« スーパーアグリのオーストラリアGP | トップページ | ガスコイン、トヨタを離脱… »