« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月30日 (火)

モナコGP感想

さて、2戦ぶりの感想です。

ライバルの自滅であっさりと勝ったように見えますが、
アロンソのレース運びはやっぱりうまいなぁ。
マシンも壊れないので、
アロンソを脅かせるのはフィジケラだけなんですけど、
結局埋没してしまってシューマッハの後ろで終わっては。。。

シューマッハについては、
本当、予選のストップが故意かどうかなんて、
本人しか知り得ないので、その辺の論議はやめておきます。
決勝についてはお見事でした。
あの燃料量は、やっぱりスペアカーだったということで良いのでしょうか??
ただ、地上波では解説は褒めすぎですよ>マッチ

徐々に回復しつつあるマクラーレンですが、
ライコネンは相変わらずの不運。
モントーヤは2位にしては目立たず・・・。
来季へ向けて「過渡期」としてしまうしかないのでしょうか。

去年と一昨年あんなにたくさん乗った表彰台が遠い
トヨタとホンダ。
トヨタは新車向きではないコースだったので、
あそこまでやれれば光明が見えたとすべきでしょうか。

ホンダは、うーーーん。
バリチェロはようやく「らしさ」が見えてきたのですが、
(ピットでのスピード違反はおいといて)
もはやホンダ自体の注目度が下がってきてしまっているので、
優勝まで行かないと辛いかもしれません。
もっと辛いのはバトン。
今回は全く良いところなく終わってしまいました。
予選での大外しから復活することを期待していたのですが・・・。
琢磨がいなくなってしまったからなのか、
開発のステップが進んでいるとかそういう話も
あまり聞かなくなってしまいましたし。
開幕前の勢いはどこへ?

レッドブルのモナコプロモーションが
ようやく実を結び(?)
クルサードがスーパーマンぶりを発揮して表彰台獲得。
純粋にビックリしました。
そして、レース後に各ドライバー毎のファステストラップを見て
さらにビックリ。
クルサードは19位。
って、クリエンとスーパーアグリの2台しかいない!
もはや「巧の業」か?
しかし、クルサードは昔から年に1戦~数戦必ず凄いレースをするんですが・・・。
ずーっとやれればチャンピオン候補ぐらいにはなれたのにと、
今でも思ってしまうのですが・・・。

次戦は早くも第8戦!イギリス!
ワールドカップも始まっているので、放送時間に注意だ!!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スーパーアグリのモナコGP

ようやく、ようやくSAF1モバイルプレミアクラブの
会員証が送られてきました~。
会員証は黒字でコース図が書いてあって渋い感じ。
ネックストラップは「F1 TEAM」ではなくて
「FORMULA1」になってしまってますが、
そこはご愛敬。
あとは携帯コンテンツのさらなる充実を期待してます。

さて、モナコGPですが、
予選はやっぱり難しかったですね。
混乱が起こってもそれがプラスに作用したとしても、
やっぱり追いつくのは難しかった。

決勝はミッドランドの「同士討ち」に助けられたこともあって、
琢磨があのまま走っていれば、
1台は確実に食えたでしょう。
本来の予定からするとあと5周後にピットイン
だったとのことなので、
セーフティーカートのタイミングを考えると、
もう1台もひょっとしたらひょっとしたかも。
いずれにしてもレバタラの話なので、
なんとも言い難いのですが。

厳しい話をしてしまうと、
現行のSA05ではもう遅さはしょうがないので、
どこかで課題をみつけて、
それをクリアして行くしかないと思います。
インタビューなどで琢磨も答えていますが、
今一番恐いのはモチベーションの低下です。
「どうせ」という空気になってしまうのが、
一番恐い。
チームにとってもファンにとっても。

実際のところ、
見た目よりは
ミッドランドとの差は縮まっているのではないかと思います。
だからこそ、
ミッドランドは何が何でもスタートで抜かれまいとしてますし、
(それで今回は同士討ちまでしてくれたのですが。)
接触してまで抜こうとしてきている。
彼らにとっては「4年落ち」のマシンに負けることなど
絶対にあってはならないことなので、
ようやく必死に戦ってきているんだと思います。
少なくともドライバーの2人は。

さて、次戦のイギリスは現行マシンの課題の
ダウンフォースが少なくて済む上、
エンジンパワーでナントカできるサーキットなので、
今回ぐらいのタイム差で持っていければ・・・。

また、期待しすぎですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月29日 (月)

FIFA、100万泊キャンセル

F1決勝地上波放送中で、
まだ書けないのでその他の話題を・・・

FIFA、100万泊キャンセル

という記事なんですが、
そろそろやるんじゃないかと思っていたんですよねぇ・・・。

実際、4年前に日本中のホテルがやられてるんですよ。
登録しないとチームやスタッフの宿泊を入れないとかなんとか言って、
試合と関係ない日付もずーっと押さえられて、
契約書のキャンセル料発生日の直前にキャンセル。

その直前まで地域中のホテルが不足するんで、
価格が高騰するんですが、その後は大暴落。
期間中埋まると予想して値つけもコントロールもしてるのに。

4年前の苦い経験を思い出しました。

南アフリカのホテルのみなさん、
4年後、気をつけてくださいね~

って、読んでるわけないですケド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

シューマッハ、ポール剥奪!

速報です。
審議中だったシューマッハの予選の件は、全タイム抹消で最後尾グリットに降格となった模様です。  FIAのサイトにも出ているので確定と見てよいでしょう。 

(詳細は夜にアップします。現地時間の決勝開始前にできるかな~??)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モナコGP予選

うーん、どうなのかなぁ。
まだ審議の結果が出ていないのですが、
凄いタイミングでのストップであることは間違いなく、

さらにはトップタイム更新出来ない事が確実で、
ここは予選が重要で、、、

「わざと」かぁ?

スーパーアグリはひょっとしたらが起こるとしたら
「ここ」なのかもしれませんが、
やっぱり予選では苦しいですね。
ミッドランドがちょっと前進しているだけに、
本当に一刻も早く新車を・・・。
あとは明日のスタート一発かぁ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

ストーブリーグ情報アップ!

ちょっと例年よりも早いのですが、
ストーブリーグ情報をアップしてみました。
一部最新情報まで入れられていないので、
(マクラーレンとか)
近々また更新します。

おかげでニュースとかのアップが遅れ気味になっていますが、
なんとか今週中には通常の更新リズムに戻したいと
思っています。

引っ越しの後のダンボールに囲まれた生活も
なんとかあと2箱まで来たので、
何とかなると思っているのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

スーパーアグリのスペインGP

遅ればせながら、
スペインGPでヨーロッパに入ってからの不運が
ようやく一段落した、と思いたいのですが、
どうでしょうか?

ただし、実力的なものは他チームとの差は
縮まっているとはいえ、
やっぱり現行の車では自ずと限界が・・・

琢磨もモンタニーも、
スタート一発はうまいのですが、
序盤数戦ほど押さえ込めないのは、
フリー走行や予選のタイム差よりも
マシンの差はあるのかもしれないですね。

ちょっと気になるのが、
相変わらず発表されないメインスポンサー。
井手有治の件が尾を引いてしまっているのかなぁとも
思ってしまいます。

まだまだ噂のレベルですが、
スポンサーのプレッシャーで
日本人ドライバーの起用を推されていて、
山本左近の名前が挙がっているとか。
(左近は去年テスト距離を積んで
 ライセンスを取得しているので井手と同じ
 事は起こらないので)

他には、08年のエントリーを拒否されたディレクシブが、
参戦のためにスーパーアグリを買収する予定だとか、
ちょっと不安な噂も出てきてますが・・・。
先々の話なのでとりあえず様子を見てますけど。

次戦モナコについては、
実際のところ厳しいと思います。
コースがタイトな分、コントロールの難しいコースでは
不利なところばかりが増大しますし、
超スローコースなので、
ホンダエンジンのパワーで押していく訳にもいかないですし。

ただし琢磨が得意のスタートを見せた場合は
抜けないコースだけにちょっと面白いかも。

少し期待してます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

最近こんなのばっかりですけど

グランプリウィークなのに更新が少なくてゴメンナサイ。
私事ですが、いろいろあって引っ越ししたため、
今週末は最低限の更新しかできませんでした。
(それでもF1の放送だけはしっかり見ているんですが)

もともとあったものとは言え、
次から次へあちこちの箱から
よくもまあF1グッズばっかり出てきました。

94年から捨てていないF1速報やら、
F1特集やら、アズエフやら・・・。
本棚増やしたんですけど、
あっという間に埋まってしまいました。

まだまだ未開封の箱もあるんですけど、
まだ見つかっていないF1グッズもあり・・・。
何がでてくるやら・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

井手、ライセンス剥奪!

うーん、残念なニュースが飛び込んできました。
井手のスーパーライセンス剥奪・・・。

なんというか、
FIAがライセンス取り消しについての理由を
明らかにしていない現状では
非常に不公平感が残ります。

あくまで理由が明らかになっていないという前提で
話を進めますが、
かつて、ここまで特定のドライバー一人に
厳しい処分があったでしょうか?
過去の裁定やルールと比べると、
「不公平」だとしか思えないのです。

アルバースとの接触が理由というのであれば、
昔アーバインなどに下された、
「数戦の出走停止」などで良いはずです。
確かにあの接触自体とても危険なものでしたし、
あの時のコメントなどを考えても、
井手の姿勢は支持できないとは思います。
(前輪と後輪の位置関係なども分かっていたようですし)

ただし、出走停止などを課した上で、
その上で、そうしたことが繰り返されるのであれば、
ライセンスを停止するのが今までの筋ではなかったでしょうか。

実際、あの事故については「戒告」が
適切な処分として下されているのですから、
決定的な理由としては不十分だと思います。

琢磨と比べてパフォーマンスが低かったことなども
あげられていますが、
(経験不足という前提はとりあえず置いておくとしても)
タイム的に遅すぎると言うのであれば、
以前の107%ルールのような
「足切り」ルールを設定するという手もあったはずです。
もちろん、予選ルールが違うので、
107%ルールそのままとは行かないでしょうし、
現状のマシンでは琢磨も
それにひっかかってしまう可能性もあります。
しかし、よっぽど「不公平」ではないと思います。

さらに心配なのが、
今後において、
フォーミュラニッポンの成績は
スーパーライセンスの発給基準になるのかどうかと言う点。
もし、日本のトップカテゴリーだけが「例外」的に
その成績だけではライセンス獲得の
基準とされないような事態に陥った場合、
スーパーアグリは
日本のモータースポーツを発展させるどころか、
停滞させる原因にもなりかねないのです。

FIAには早い段階で
ライセンス取り消しの理由を明らかにして欲しいと思います。

うーん、苦労人で、
個人的に年齢も近いだけに井手には再起を目指して欲しいのですが、
現状ではチャンスも与えられない状況なので・・・。
うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 8日 (月)

ヨーロッパGP感想

明日は宿直で書けないので、
今日は2本立てで。

シューマッハはまさにお見事な勝利でした。
2回目のピットイン前のラッシュは
一昨年までを思い出させるような完璧な走り!
ゾクゾクするようなすばらしいラップでした。

決勝前に間に合えば書こうと思っていたのですが、
シューマッハはこれで
フェラーリと自分の「母国」2連勝。
次はアロンソの母国GP、
アロンソは母国で昨年の2位が最高で未勝利。
もちろん勝ちたいでしょうが、
アロンソは2戦目エンジンでのレースです。
ピットアウトした後回転数をセーブしたようですが、
「不安」材料とまでは言わないものの、
「万全」とも言えない。

シューマッハのリタイアが絡んで、
現在はシューマッハとアロンソのエンジンサイクルが
ずれているというのも非常に面白い要素になっています。
今回はアロンソがセーブして次戦に温存しましたが、
シューマッハは次戦がフレッシュエンジン。
お互いに2戦目エンジンでどう勝つかが鍵となります。

1位と2位のポイント差が2つだけというのは、
変更当初からあまり好きなレギュレーションではないのですが、
残り13戦で13ポイント差ならまだまだ逆転可能。
リタイアはもってのほかのタイトル争い、
面白い戦いになりそうです。

これに絡めていないのが、マクラーレンとホンダ。
マクラーレンは昨年までの圧倒的な速さがないのは、
サンマリノGPの後にも書きましたが、
明らかなこと。
昨年までならニューエイが何とかしたのかもしれませんが、
今年は技術の柱が不在。
現在のF1は全て一人が作るのではないですが、
やはり影響は大でしょう。
これからマシンを「進化」させることができるのかどうか。

ホンダはバリチェロが表彰台にあと2歩、
というと聞こえは良いのかもしれませんが、
フェラーリ、ルノー、マクラーレンとのタイム差はかなり大きかった。
ここから巻き返すだけの力があるかどうか?

トヨタは今回は(も?)影の薄いレースでした。
リタイア以外で画面に映ったかなぁ。

他で気になったのは、
相変わらず(?)同士討ち(?)打ちのつづく、
レッドブルとトロロッソとか(実際はラルフが最初に当たったみたいですが)、
フリー走行で一発のタイムを出せるようになってきた
ミッドランドとか・・・。

さて、次戦スペインは本来のマシンの力のでるところ。
先ほども書きましたがアロンソの母国GPでもあります。
今シーズンの方向性が大きく見えてくる可能性があると見ているのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スーパーアグリのヨーロッパGP

うーん、
なんとも言っていいのやら、
開幕3戦がうまく行きすぎていたと言う見方もありますが、
この2戦は苦戦が続きます。

今回はなんと言ってもサーキットでの外での「苦戦」。
井手は確かにスピードとしては物足りないと思いますが、
新チームでテストもほとんどなし、
こんな状況でのデビューは近年ほとんどない状況。
今年のデビュー「同期」はロズベルグもスピードも
テストやサードドライバーとしての経験を積ませてもらっていますし、
昨年まででもここまで新しいチームでデビューというのは
珍しい状況だと思います。

加えて、テストはどうしても開発の出来る琢磨中心。
井手の習熟走行にまわすはずの時間も
トラブルでテストプログラムが遅れると
琢磨の走行へまわさざるを得ない状況でした。

ライセンス問題については、
新聞以外ではまだ報じられていないので、
どこまでのものかまだ分かりません。
しかし、フォーミュラニッポンランク2位のドライバーが、
ライセンスを取り消されるというのは
なんだか釈然としない・・・

今後フォーミュラニッポンの上位ドライバーにも
ライセンス認定のために走行が必要になる可能性もあります。
そうなると日本のカテゴリーからちゃんとステップアップできるのか、
レースのピラミッドが崩れるとなると、
スーパーアグリの作るはずだった
日本のドライバーにF1への道を造るという役割も
果たせなくなってしまう・・・。




さて、レースそのものですが、
ミッドランドがマシンを改良してきたこともあって、
差は縮まっているものの、
まだ順位をひっくり返すのは難しそうです。

琢磨のマシンにはフリー走行3回目以降、
ブレーキやパワーステアリングにトラブルがでていたようで、
決勝もスタートを決めたのにスピードが伸びなかったみたいです。
しかし、スタートは混乱を回避して一時的には
12位を走っていたらしいです・・・
本当にもう少し良いマシンなら・・・。

新車投入まではひたすら我慢のレースになりそうです。

その新車に琢磨だけでなく井手も乗せてあげたいところですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 4日 (木)

井手、シートを失う

ヨーロッパGPの開幕前に、
ビックリするようなニュースが飛び込んできました。

携帯サイトで「スーパーアグリ緊急発表」とあったので、
スポンサーでも発表されたのかと思ったのですが・・・。

なんというか、経験不足は最初から分かっていたことなので、
ここへ来て、というのも釈然としないものがあります。
確かにアルバースの事故原因となってしまったのですが、
レース後の処分はあくまで「戒告」だったはずで、
それが理由にはならないはず。
なんと言っても本人が一番釈然としていないと思いますが。

モンタニーがどんな走りを見せるのか(琢磨と比較して)、
注目してはいたのですが、
セカンドになるとは思っていなかったので、
琢磨とモンタニーの差、モンタニーと井手の差が
どんなものになるのか、
さらに注目する必要があると思います。

う~~~~ん、
結果が全てとはいえ・・・。
とにかく今は耐えて経験を積むしかないですが・・・。
やっぱりなんとも釈然としない話ではありますねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 2日 (火)

5月1日

もう2日になろうとしていますが、
やっぱりあの当時からのF1ファンとしては
5月1日は特別な日です。

もはや多くを語るではないのですが、
今年はイモラであの時その真後ろを走っていた
シューマッハが記録をブレイクして「復活」したこともあって、
感情はさらに複雑です。

ホンダも彼を慕ってF1までたどり着きながらも
あの時クラッシュして決勝を走れなかった
バリチェロを迎え入れ、初勝利を目指していますし。

しかし、あれからもう12年。
干支で言えば一周してしまっているんですねぇ。
その間本当にいろんなドライバー達が、
いろんなドラマを見せてくれました。
彼の死が遺した「安全への取り組み」によって、
誰一人として犠牲となることなく・・・。
あの時からF1を欠かさず見ていて本当に良かったと思います。

悲しかっただけのあの日から、感謝へ。

サンキュー、アイルトン。


あ、2日になってしまった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

黄金な週間

ゴールデンなウイークに突入し、
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

このところ大きなニュースがないこともあって、
更新が進んでおりませんが、
毎日訪問していただいているみなさま、
ホントーにありがとうございます。

なにせ、観光業に身を置く身のおいらは、
ゴールデンな週間もへったくれもなくむしろ忙しい日々。
おまけに引っ越しを控えていて、
資料をしまってしまったこともあり、
ニュースがないことに輪をかけて
更新が進んでおりません。m(_ _)m

遅れているテストの情報は5月3日には更新の予定です。
ヨーロッパGPの頃には少し落ち着いているかな~、
落ち着いていると良いな~。

引っ越しは今月半ばの予定。
それが済んだらスカパーが復活するので、
ライブタイミングを見ながら更新できると思います。

いや、もちろん更新をさぼってFFなんてやってないですよ。
ホントに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »