« スーパーアグリのヨーロッパGP | トップページ | 井手、ライセンス剥奪! »

2006年5月 8日 (月)

ヨーロッパGP感想

明日は宿直で書けないので、
今日は2本立てで。

シューマッハはまさにお見事な勝利でした。
2回目のピットイン前のラッシュは
一昨年までを思い出させるような完璧な走り!
ゾクゾクするようなすばらしいラップでした。

決勝前に間に合えば書こうと思っていたのですが、
シューマッハはこれで
フェラーリと自分の「母国」2連勝。
次はアロンソの母国GP、
アロンソは母国で昨年の2位が最高で未勝利。
もちろん勝ちたいでしょうが、
アロンソは2戦目エンジンでのレースです。
ピットアウトした後回転数をセーブしたようですが、
「不安」材料とまでは言わないものの、
「万全」とも言えない。

シューマッハのリタイアが絡んで、
現在はシューマッハとアロンソのエンジンサイクルが
ずれているというのも非常に面白い要素になっています。
今回はアロンソがセーブして次戦に温存しましたが、
シューマッハは次戦がフレッシュエンジン。
お互いに2戦目エンジンでどう勝つかが鍵となります。

1位と2位のポイント差が2つだけというのは、
変更当初からあまり好きなレギュレーションではないのですが、
残り13戦で13ポイント差ならまだまだ逆転可能。
リタイアはもってのほかのタイトル争い、
面白い戦いになりそうです。

これに絡めていないのが、マクラーレンとホンダ。
マクラーレンは昨年までの圧倒的な速さがないのは、
サンマリノGPの後にも書きましたが、
明らかなこと。
昨年までならニューエイが何とかしたのかもしれませんが、
今年は技術の柱が不在。
現在のF1は全て一人が作るのではないですが、
やはり影響は大でしょう。
これからマシンを「進化」させることができるのかどうか。

ホンダはバリチェロが表彰台にあと2歩、
というと聞こえは良いのかもしれませんが、
フェラーリ、ルノー、マクラーレンとのタイム差はかなり大きかった。
ここから巻き返すだけの力があるかどうか?

トヨタは今回は(も?)影の薄いレースでした。
リタイア以外で画面に映ったかなぁ。

他で気になったのは、
相変わらず(?)同士討ち(?)打ちのつづく、
レッドブルとトロロッソとか(実際はラルフが最初に当たったみたいですが)、
フリー走行で一発のタイムを出せるようになってきた
ミッドランドとか・・・。

さて、次戦スペインは本来のマシンの力のでるところ。
先ほども書きましたがアロンソの母国GPでもあります。
今シーズンの方向性が大きく見えてくる可能性があると見ているのですが・・・

|

« スーパーアグリのヨーロッパGP | トップページ | 井手、ライセンス剥奪! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/1722392

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパGP感想:

» フェラーリ [フェラーリ]
フェラーリの系統やスペックなどの情報が満載。フェラーリ専門店やグッズなどの紹介もあります^^ 288GTO F40 F355 360 Modena F430 ENZO [続きを読む]

受信: 2006年7月18日 (火) 01時15分

« スーパーアグリのヨーロッパGP | トップページ | 井手、ライセンス剥奪! »