« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

ドイツGP感想

夏なので?
デザインも一新してみました。
2行目にたくさん書きすぎると刃がこの辺↑にかかるので注意かも。

さて、恒例の感想ですが、
フェラーリが完全に別次元のレースを展開して、
シューマッハの自力王座への道が復活しました。
フェラーリはソフトタイヤで攻め込んだリスクを背負っていたようですが、
この展開ではコントロールして走ることができる展開でした。

マスダンパーの件が特にクローズアップされてしまったルノーですが、
今回の失速がマスダンパーだけによるものなのかは、
まだ分からないと見ています。
フェラーリだってマレーシア-オーストラリアとタイヤを大外しして、
失速していましたし、
今回はマクラーレンとホンダが速かったとはいえ、
トヨタも相当追い上げてきてましたから、
今回はミシュランとBSの性能差の可能性もある。
ただ、精神的にはこのタイミングは「効く」タイミング。
ひょっとしたらマスダンパーがないとダメかも・・・と
思ってしまったとしたら?

ともかく、アロンソは昨年のような逃げ切りパターンが崩れてしまったので、
ここからが正念場とも言えるでしょう。
マッサがしっかり2番手を守っていけるようになってきましたし、
マクラーレン・ホンダ・トヨタも(少なくとも今回は)復調気配。
また、間に入って来ないとも限りません。

このあたりのチームが力をつけてくると
存在感がなくなってくるのがレッドブル、BMW、ウイリアムズあたり。
そんななかでクリエンは来季のシートが危ないと言われている中で
よく頑張りました。
反対にオープニングラップで接触したとはいえ、
存在感のなかったジャックは、大丈夫か?

SAF1の新車投入で尻に火がついたMF1も、
反則ギリギリを狙って反則になってしまったわけですが、
反対に言えばそこまでしなければいけなくなってきたと言うこと。
下位チームとはいえ、戦う姿勢は評価したいところです。
反則はともかくとして。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スーパーアグリのドイツGP

新車SA06登場のドイツGPでしたが、
うーん、こんなものかなぁと言うのが正直な感想。

まぁ、いきなりミッドランドを軽く越えてトロロッソ越え、
なんて超ビックサプライズを期待していたわけではないですが。

現実的に考えればほとんどシェイクダウンもしていなかったわけだし、
ろくにテストしていないマシンでここまでこられたことは
それなりに評価して良い点だと思います。

ただ、やっぱりテスト不足→初期トラブル
→フリー走行での走り込み不足→レースでもトラブル
という、新車での負けスパイラルに入ってしまったのは気になるところ。

決勝でミッドランドにあおられてしまったのは、
タイヤがうまく使えてなかったためとのことで、
ここはやっぱりテストと金曜フリー走行での走り込み不足が、
影響したと言わざるを得ないところです。

おまけに今回は左近が攻めすぎてクラッシュ。
攻めの姿勢を批判するわけではないのですが、
今はなにより距離が欲しい。
昔と違って日曜の朝のプラクティスもないので、
ピットスタートの走り出しがぶっつけ本番になってしまって、
うまく走るかどうかもチェックできないまま、
1周リタイアは辛いデビュー戦となってしまいました。

来週もハンガリーで連戦だし、
その後はフロントの改良も行われますが、トルコまでテスト禁止。
すなわちトルコはまたぶっつけ本番になってしまうわけです。
やっぱりサードカーが欲しいところなんですが、
小規模チームでは2台完成させたところが限界か・・・。

鈴鹿までには何とかさせたいとことですが、
あまりこのマシンに力を注ぎすぎると、
来年のマシンにも影響してしまう可能性も大。
噂されているように1年前倒しでホンダのシャシーを
何とかして使うのかもしれませんが。

あと、個人的にもっとシンプルなカラーリングが好きなんですが・・・。
ノーズ周りはともかく、エンジンカバーのあたりとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

速報予定

今回はどうも仕事の予定がつかず、
予選速報のアップはちょっと遅くなりそうな感じです。
フリー走行も会社で携帯チェックしてましたし・・・。

ちなみにフリー走行2はウエットだったらしいですね。
セッション1で琢磨がそこそこミッドランドやトロロッソに絡むタイムを出していましたが、
もう少しスーパーアグリは走りたかったところでしょう。

トゥルーリが契約を更新したトヨタですが、
チームの本拠地近くとあってか(?)
独自のTVCMまで打っていたのにはびっくりしました。
こういうことは大いにやって欲しいですね~。

では!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

F1レジェンド スーパーパフォーマンス

と、いうわけで、買ってしまったDVDです。

060726a_2
いやあ、とにかく懐かしい。
セナ・プロスト・マンセル・ピケ、
中嶋や亜久里や右京、
おまけに古館節やまだ若い今宮さんなど、
本当に懐かしいシーンばっかり。

中嶋のラストランや、セナ・プロの和解シーンなんかも
あったりして、買って良かった一品です。

でもこれ、もともとはビデオやLD(懐かし!)で1マンエンぐらいしたやつ
だったと思ったんですが・・・。
手が出なくてビデオレンタルで済ませた記憶があるんですよねぇ。
それが2枚の内容を含んで4千円弱とは。
DVDってスゴイ。

ちなみに、今日は本ページの方にリンクを一件追加しました。
下の方、
昔のハンガリーのホロハーザ社の日本総代理店のリンクなんですが、
ホロハーザ社は過去のハンガリーGPのトロフィーを扱っていた会社で、
名器展覧→F1で見ることができます。
なかなかじっくり見ることができないF1のトロフィーなので、
是非見てみてくださいね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

チケット来た!

鈴鹿のチケットが到着しました!

と、いつもと違うのがチケットほかにいろいろ入ってる?
見ると席の見取り図やら、三重県の観光マップ、
あとは鈴鹿のモータースポーツカレンダー。

そういえば、いままではチケットだけで、
こういった案内ってなかったなぁ。
サービスとして考えればこのくらい入っていてもと思ったけど、
これも最後だからなのか、
それとも最後にならないように三重県が頑張っているのか?

パドックを新設した富士も
家からは近くなるので旅費が大幅に浮くという点では
個人的にうれしいんですが、
やっぱり、鈴鹿の雰囲気は捨てがたいし、
なにより名コースとして有名なだけに、
なくなって欲しくないなぁ。

誰か「鈴鹿を残して!」運動みたいなのをやってくれないかなぁ。
そろいのTシャツで
「バーニー!鈴鹿を残して!」みたいなの。
ねぇ?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

あああ、

買っちまいましたよ。
F1DVD。
今年も総集編は3枚に分けて発売、
さらにはオンボードやら、歴代映像やら、
次々リリースされてるし。

マンセル御大の特集があると聞いてしまっては
「F1レジェンドスーパーパフォーマンス」も買わずにはいられませんがな。
こっちは昔ビデオで出たやつのまとまったものらしいです。

AMAZONなので届くのは来週くらいかなぁ。

鈴鹿のチケット代も引き落とされていないので、
実は結構この先のやりくりが大変そうなんですが。

つい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランスGP感想

ええと、いつもよりさらに遅いのですが、感想を。

シーズンの流れの中、インディアナポリスが例外ではないのでは?
と思わせるようなフェラーリの快走でした。
土曜のフリー走行でのトラブルがなかったかのような予選・決勝の強さ。
もう一ついえばもちろんマッサにはもう一歩強さが欲しいのですが、
今回は柔軟な作戦力を見せたルノー・アロンソが一枚上手だったということでしょう。
さすがディフェンディングチャンピオン!

今回はアロンソ・シューのポイント差は2つしか縮まりませんでしたが、
これからの流れの中で、もしマッサが2位をキープできるようになれば、
4点縮めることもできます。
また、BSが大当たりを出した場合は復活機運のあるトヨタもかんでくるかもしれません。
残りは8戦。ポイント差は17。
8x2は16ですが、8x4は32。
さらにマッサやトヨタ勢は思い切ったアタック(接触という意味ではなくて)を
仕掛けることも可能ですが、アロンソは???

さぁ、面白くなってきました!
久々に鈴鹿で決着もアリか?

その後ろでは、やっぱりモントーヤの不在はどうなのかしら?
あれがデ・ラ・ロサじゃなかったら、もうちょっと早く抜けていたのか?
それとも焦って一人で回っていたのか??
ちょっとアクセントに欠けるのは事実。
琢磨のマシンをもうちょっと速くしてくれないと、
バトルのできるドライバーがいなくて寂しいですねぇ・・・。

あとは、最近は7~10位ぐらいの争いが面白いと思うのですが・・・
今回はデ・ラ・ロサ、ハイドフェルト、クルサード、スピード、
ね、渋面白いでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

スーパーアグリのフランスGP

遅くなってしまいましたが、SA05の最終戦、
琢磨には残念でしたが、モンタニーは何とか面目を保ったかなぁ、
というレースでした。

過渡期になってしまったので、
ちょっと目的意識的なものについては弱かったのかなぁという気もしましたが・・・。

次戦、ドイツは待ちに待った新車SA06登場です。
テストでの登場もまだなので、どんな姿をしているのかも分かりませんが、
期待をせずに入られないでしょう!
結果については周りもパワーアップしているので、
どこまでいけるかは未知数ですが。
とはいえ、1チーム、2チーム、
あわよくばもう少し上へと希望を抱いてしまうのは
もう仕方のないことですね。

さあ、あと2週間、待ちましょう!!

---追加---

なーんて書いている間にシルバーストンテストの画像が
出始めました!

ご覧になりたい方はこちらをどうぞ!
カラーリングはより派手(?)になってます。
歌舞伎の隈取りみたい???
ちなみにフロントサスペンションはまだ未完成とのことで、
正規版はハンガリーにルノーと同じVキールで登場とのことです。
いよいよ走りはじめました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

かきわり??

さて、誠に残念ながら、3連休も最終日。
初日に寝違えたのか首が異常に痛くて、
昨日は買い物を途中で切り上げて休んでましたが、
かえって首痛が悪化したので、今日は鎌倉まで出てきました。

何で鎌倉かというと鶴ヶ岡八幡宮にある
お札やお守りの返納所に行くため。

引っ越しの時に各地の縁起物の数々が
それはもう大量に出てきてしまったのです。
そういえば小中学生のときにおみやげに紛れて
なんだか買いまくっていたような・・・。

昔の、それもおみやげ屋に売っているようなものだから、
そんなに気にしなくても良いのかもしれないのですが、
なんとなく、捨てられない日本人気質・・・

というわけで、返納と相成ったのですが、
せっかくなので、
鎌倉駅前湘南カレーの「ゆうゆう庵」に寄って
ランチを食べたりしながら八幡宮へ

ちなみにゆうゆう庵はカレーミュージアムにもあるのですが、
カレミューのは以前食べたときには偶然なのか
ご飯がべちゃべちゃ、量も少なくて最悪の評価だったのですが、
本店はすごくうまかったです。
カレミューのも今は評価が高いので、偶然かな?

さて、八幡宮ですが、この暑さにもかかわらず、
結構な人出。
遠足やら、外国人のツアーやら
団体でにぎやかですな。

060714a




と、なにかおかしい?
真ん中の建物にさらに屋根?
見ると修理中の看板が。
なるほど、大きな屋根をかけて修理してるのね。

060714b

と思ったら、

060714c

って、全体を囲った上に巨大な写真が貼ってある!
横は壁をかけていないのかと思ったら、
全体を覆った上に書き割りとは!

天気がもやっているせいなのか、遠目には分からなかったよ。
そのまま工事しても文句は出ないと思うけど、
サービス精神なのかなぁ。
まあ、殺風景に工事の覆いがあるよりも良いかな。

もちろん突っ込みだけじゃなくちゃんとお参りもしてきましたよ~。
060714d
相変わらず長谷寺の植物たちはキレイでした。
そして、なぜおみやげ屋には木刀が売っているのか、
その謎は解けませんでした・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ipodナノなの

先日当たったipod、ようやく使いはじめてみました。

職場が近くなったので、
今までの20Gのgigabeatは実際のところ
毎日往復3時間→1時間になってしまった通勤には大きすぎ。
かといってnanoは2Gと大幅すぎる減なので、
かなり心配していたのですが・・・。

意外にも?iTunesって使い勝手が良い。
pcの中にためておいたままで転送するかどうか選べるのが
こんなに使いやすいとは・・・。

20Gなら入れっぱなしで大丈夫なのでそんな操作はいらないのですが、
荷物は極力少ない方が良いもんね。
家に帰る度にPCは起動するから、
明日入れておきたい曲を入れ替えても
さして面倒な作業が増えるわけでもないし。

あと、ポッドキャストも使ってみました。
聴く日経とか、朝はかなり重宝しそうです。
変わったところでは名作の朗読なんかもあって良い感じ。
ちょっとライフスタイル変わるかも??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

対楽天 @インボイス西武ドーム

不意に(?)3連休をもらってしまったので、
今季はいろいろあっていけなかったインボイスへ!
今年はまだ浜スタにしか行っていなかったのデス。

060712a 交通の便が悪かったり、
熱がこもって暑かったり、
トイレが遠かったり、
施設面が相変わらずだったり、
腰痛でお目当てのカブレラがでなかったりと、
ちょっと不満の残る滑り出しでしたが・・・。

060712c_1
西口快投!


060712b
江藤快打!


で快勝してきました。
去年は見に行くと負けるおかしなジンクスができてしまった上に、
浜スタも負けたのでヒヤヒヤしましたが、
良かった良かった。
ま、ファンには悪いけど楽天に負けているようでは、
優勝なんてできないのだよ。ふふ。

おまけに人生初!球場プレゼント
(入場者に抽選でスポンサーからのおみやげが当たる)で、
芳香剤冷蔵庫の脱臭剤(何故このチョイス??)
をもらってきました。
最近幸運すぎ。

帰りはカブレラ地蔵に復帰を願いつつ、
ファンクラブ特典のユニフォームにつける
背番号とアルファベットを買ってきました。

3中島か、5和田か、37炭谷か・・・と迷った末、
やっぱり42カブレラに。
どれだけ好きやっちゅうねん・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

モントーヤよ・・・

なんというか、
急すぎてちょっとびっくりしましたが、
モントーヤがF1を緊急離脱とは・・・。

暴れん坊キャラが最近は裏目に出てしまって、
アロンソのような安定したリザルトを残せるドライバーが
チャンピオンになったことで、
存在感がどんどん薄くなってしまってはいましたが・・・。

元F1ドライバーがハコ車に転向するのは最近では
DTMに行ったハッキネンやアレジ、フレンツェンや、
ル・マン転向したドライバーなんかは多いのですが、
いずれもF1でシートを失ったり、引退したドライバーが
一旦落ち着いたあとに参戦するのが普通で、
転向を先に宣言してF1を退くというのは珍しいパターンです。

しかし、まぁ、NASCARの方があっているんだろうなとは思います。

残念なのは去年鈴鹿でモントーヤがくる度に
「あばれんぼぉ~」と呼びかけていたちっちゃい子供みたいな
ファンが鈴鹿でモントーヤの走りを見られないこと。

やっぱり、せめて今シーズン中は全うして欲しかったかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

作業完了

060710ちょいちょい、このブログにも書いていましたが、
勤めていたホテルが先月末で閉館となったため、
今日まであと片づけでした。

当初は先月末で閉館して、
一部の人を除いて即、異動(あちこちバラバラに)だったのですが、
とりあえず、机みたいな事務スペースのものから、
客室、レストラン、ロビーに至るまで、
使えそうなものはほかのホテルへ移す作業があったりしたので、
全員で残って今日まで力仕事やら、ゴミ捨てやら。

で、作業完了と相成った訳なんですが、
すなわち、仕事仲間とも別れて異動しなくちゃならないってことで。
まあ、会社にいればそれなりに異動もあるものなのですが、
今の職場が長かったし、周りの人はみんないい人だったし、
働きやすかったこともあったのですが、
なによりバラバラってのはちょっと精神的にキツかったかなぁ・・・。
正直、自分はドライな方だと思っていたのですが、
思っていた以上にウエットな人間だったと思い知らされました。
ま、泣いてないけどね。

そんなわけで、ここまで、お別れ会ラッシュでした。
ちょっと太ったかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューPC

ちょっと迷ったんですが、結局買っちゃいました。
新しいパソコン!

自作にチャレンジしようかとも思ったのですが、
いかんせん時間がなく、
結局ゲートウェイの5036に。

先代が日本撤退前のゲートウェイだったので、
メーカーを変えようか迷ったのですが、
結局価格との比較でいくと性能的に一番おいしいのが、
ゲートウェイでした。

数年の時を経て再参入してきた牛柄ゲートウェイですが、
さすがに後付後付でだましだましやってきた先代とは
目に見えてパワーアップ!

ま、ソフトのインストールやなんかで多少手間取ったのはご愛敬。
先代もセカンドマシンとして生かしていくように接続したりしたので、
時間はかかりましたけど、セッティングはとりあえず完了。
さて、明日からはパワーアップしたパソコンで・・・、
書く内容は、変わらないか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

アメリカGP感想

遅くなりましたが、アメリカGPの感想を。

とりあえずみんなスタートして良かったねと、
思ったら大クラッシュ!
モントーヤだけの責任ではないと思いますが、
焦っているのかなぁ。
「暴れん坊」キャラは好きなんですが、こういうのはどうも・・・。
あと、巻き込まれた形のハイドフェルトは怪我がなくて何よりでした。
ただ、びっくりしたのかステアリングから手を離して
バンザイしながら回ってましたけど、
アレはかえって危険なのでは???

さて、レースの方ですが、
強いシューマッハ、フェラーリ久々!と言ったレースでした。
ミシュランは去年のこともあるので、
ちょっとコンサバにいかざるを得ないとは思ったのですが、
それを差し引いてもBSが良かったみたいですね。
ヨーロッパに帰って、ミシュラン・ルノーがこれまでのような
速さをとりもどすか、
はたまたBSの強さが帰ってきたのか、
フランスGPが楽しみになってきました。
ミシュランの地元でもありますしね。

BSが絶好調だったのなら、
もう一歩上に行って欲しかったのがトヨタ。
TF106Bは確かに速くはなったと見て間違いないでしょうし。
トヨタが強さをみせてBS優位のレースでルノーの前にでられると、
タイトル争いをもう一歩演出してくれるかもしれません。

まだまだ道が遠いホンダ。
劇渋の活躍再びクルサード。
最後尾のなかから一歩踏み出したトロロッソ。
そして、BSさえ噛み合えば2台揃って第2ピリオドに食い込んでこれる
可能性をみせたミッドランド・・・。
後半戦は少し勢力図が変わるのかも???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

10万ヒットありがとう!

メインページ、10万ヒット達成しました!
本当にありがとうございます。
当初、(F1ページの前のページ)はじめたころは、
100だ500だで大喜びしていたので、
まさかこんなところまで来るとは・・・
と、びっくりするやら、感激するやら・・・。

どこまで続くか分かりませんが、
わかりやすさをモットーにこれからも頑張りますので、
引き続きよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございます!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

スーパーアグリのアメリカGP

うーん、天国と地獄。
そんなグランプリでした。

予選までは本当に素晴らしい活躍でした。
マシンの力が上がったわけではないのですが、
コースの特性とチーム力、そしてもちろん琢磨のドライブで
他チームにアクシデントがあったとは言え、
18番手グリッドはお見事としかいいようがありません。

一方で決勝は残念でした。
モンタニーのクラッシュについてはどうにもよけようがなく、
仕方なかったと思います。

琢磨のアクシデントについてはVTRもないのでなんとも
いいようがないのですが、
ミッドランドはスーパーアグリを意識しすぎていることがあるので、
これからはスタートを決めたとしても抜くときには警戒しなければ
いけないのかもしれません。

どっちにしても「大チャンス」を失ったこと、
それだけが残ってしまったのは非常に残念です。

おまけにモンテイロは安定感で知られるドライバーだけに、
ぶつかったときには他のドライバーについて
強気のコメントをしがちですし・・・。
もっとも、ミッドランドも今回はトヨタエンジンで
ガーンと前にいっただけかもしれないので、
今後SA06の投入で位置関係がどう変わるかは微妙ですけど。

そのSA06はドイツで投入が決まりました。
風洞のベルトが切れるというとんでもない
アクシデントがあったみたいですが。
本当にそういった細かいアクシデントが多いのですが、
ひとつひとつ乗り越えていって欲しいものです。

フジテレビの応援特番での「チームの生い立ち」総集編、
どんどんエピソードが増えているので
年末までには6時間ぐらい作れるようになっちゃいそうですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引退とは

中田英寿、引退・・・。
W杯前の対談でカズが「あと2回は出られる」と語っていたので、ひょっとしたらと思っていたのですが、やはりあのブラジル戦のあとの「大の字」はそういうことだったんですね・・・。
色々な意見もありますが、今は見事な引き際だという他はないと思います。
お疲れさまでした。

さて、F1で引退というと何度も宣言しては撤回したマンセル卿がまず思い出されるところですが、印象度でいうと鈴木亜久里 現スーパーアグリ代表の方が心に残っています。

亜久里は先輩中嶋悟の引退に際して、こんな言葉を残しています。
「この世界、あんな風にちゃんと宣言してやめられるのは幸せなこと。」

つまりは契約するチームがなくなったり、あるいは怪我してしまったりと「やめさせられる・やめなければならない」状況に陥ることの方がよっぽど多い。自分で判断してキャリアを閉じられるドライバーははとんどいない。中嶋はそういった点で幸せだと語ったのです。

中嶋は最初の日本人フル参戦ドライバーなので、もちろん見ている側の我々も「引き際」を目の当たりするのは初めてで、当時は全くピンとこないコメントでした。

しかし、奇しくもそのコメントの意味を亜久里自身の引退の際に、我々は知ることになったのです。

亜久里の引退は95年。リジェとの契約のこじれからわずか5戦のみの出走となったこのシーズン、鈴鹿での第16戦日本GP、亜久里は決勝を前に引退宣言をする予定でした。しかし、予選アタック中にS字で大クラッシュ。肋骨を折ってしまい、もちろん決勝は出走できず。引退会見を開くことなくF1を去ったのです。

亜久里の場合引き際はわきまえており、「宣言」出来なかっただけという見方もあるでしょう。しかし、その後引退宣言をきちんと行えた日本人ドライバーは片山右京だけで、その他の3人はF1引退を宣言することなく去っています。

中田や亜久里に限らず、頂点を極めたスポーツ選手の見せてくれる引き際、そのドラマもスポーツを見る上での醍醐味なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »