« スーパーアグリのドイツGP | トップページ | 頑張れダ・マッタ! »

2006年7月31日 (月)

ドイツGP感想

夏なので?
デザインも一新してみました。
2行目にたくさん書きすぎると刃がこの辺↑にかかるので注意かも。

さて、恒例の感想ですが、
フェラーリが完全に別次元のレースを展開して、
シューマッハの自力王座への道が復活しました。
フェラーリはソフトタイヤで攻め込んだリスクを背負っていたようですが、
この展開ではコントロールして走ることができる展開でした。

マスダンパーの件が特にクローズアップされてしまったルノーですが、
今回の失速がマスダンパーだけによるものなのかは、
まだ分からないと見ています。
フェラーリだってマレーシア-オーストラリアとタイヤを大外しして、
失速していましたし、
今回はマクラーレンとホンダが速かったとはいえ、
トヨタも相当追い上げてきてましたから、
今回はミシュランとBSの性能差の可能性もある。
ただ、精神的にはこのタイミングは「効く」タイミング。
ひょっとしたらマスダンパーがないとダメかも・・・と
思ってしまったとしたら?

ともかく、アロンソは昨年のような逃げ切りパターンが崩れてしまったので、
ここからが正念場とも言えるでしょう。
マッサがしっかり2番手を守っていけるようになってきましたし、
マクラーレン・ホンダ・トヨタも(少なくとも今回は)復調気配。
また、間に入って来ないとも限りません。

このあたりのチームが力をつけてくると
存在感がなくなってくるのがレッドブル、BMW、ウイリアムズあたり。
そんななかでクリエンは来季のシートが危ないと言われている中で
よく頑張りました。
反対にオープニングラップで接触したとはいえ、
存在感のなかったジャックは、大丈夫か?

SAF1の新車投入で尻に火がついたMF1も、
反則ギリギリを狙って反則になってしまったわけですが、
反対に言えばそこまでしなければいけなくなってきたと言うこと。
下位チームとはいえ、戦う姿勢は評価したいところです。
反則はともかくとして。

|

« スーパーアグリのドイツGP | トップページ | 頑張れダ・マッタ! »

コメント

ガラッと雰囲気が変わりましたね。
一瞬、どこへ飛んじゃったのかとビックリしました。
クールでカッコイイ感じ!(*'-^)b

またまた、フェラーリがやってくれましたね。
ルノーとのポイント差が縮まってきたので、面白くなってきました。
アロンソの様子が、いつもと違うのは
焦ってるのか?マシン、タイヤの調子が悪いのか???

SA06は、2台ともリタイアになったけど
SA05より、早くなっているのが見れたので
まぁ~、今回はこんなもんかなと言う感じでしょうか。
早く、琢磨くんのオーバーテイクが見たいです(≧▽≦)

投稿: sora_2626 | 2006年8月 1日 (火) 00時34分

フェラーリの勢いか、
ルノーの失速か、ちょっと1戦では分かりませんが、
自力優勝の可能性が復帰したので面白くなってきましたね。

SA06は確実に速くなってます。
一発どーんとかましてくれるようになるまで、
もう少し待ちましょう!!

投稿: tomo@管理人 | 2006年8月 4日 (金) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/2880887

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツGP感想:

« スーパーアグリのドイツGP | トップページ | 頑張れダ・マッタ! »