« 速報予定 | トップページ | ドイツGP感想 »

2006年7月31日 (月)

スーパーアグリのドイツGP

新車SA06登場のドイツGPでしたが、
うーん、こんなものかなぁと言うのが正直な感想。

まぁ、いきなりミッドランドを軽く越えてトロロッソ越え、
なんて超ビックサプライズを期待していたわけではないですが。

現実的に考えればほとんどシェイクダウンもしていなかったわけだし、
ろくにテストしていないマシンでここまでこられたことは
それなりに評価して良い点だと思います。

ただ、やっぱりテスト不足→初期トラブル
→フリー走行での走り込み不足→レースでもトラブル
という、新車での負けスパイラルに入ってしまったのは気になるところ。

決勝でミッドランドにあおられてしまったのは、
タイヤがうまく使えてなかったためとのことで、
ここはやっぱりテストと金曜フリー走行での走り込み不足が、
影響したと言わざるを得ないところです。

おまけに今回は左近が攻めすぎてクラッシュ。
攻めの姿勢を批判するわけではないのですが、
今はなにより距離が欲しい。
昔と違って日曜の朝のプラクティスもないので、
ピットスタートの走り出しがぶっつけ本番になってしまって、
うまく走るかどうかもチェックできないまま、
1周リタイアは辛いデビュー戦となってしまいました。

来週もハンガリーで連戦だし、
その後はフロントの改良も行われますが、トルコまでテスト禁止。
すなわちトルコはまたぶっつけ本番になってしまうわけです。
やっぱりサードカーが欲しいところなんですが、
小規模チームでは2台完成させたところが限界か・・・。

鈴鹿までには何とかさせたいとことですが、
あまりこのマシンに力を注ぎすぎると、
来年のマシンにも影響してしまう可能性も大。
噂されているように1年前倒しでホンダのシャシーを
何とかして使うのかもしれませんが。

あと、個人的にもっとシンプルなカラーリングが好きなんですが・・・。
ノーズ周りはともかく、エンジンカバーのあたりとか。

|

« 速報予定 | トップページ | ドイツGP感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/2880504

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーアグリのドイツGP:

« 速報予定 | トップページ | ドイツGP感想 »