« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日 (火)

第14戦感想

マッサの初PP、初優勝で終わったトルコGP。
ファンの方には悪いのですが、
正直なところあんまりマッサを評価していないので、
どうかなぁというのが正直なところ。
本人も現体制のフェラーリで勝てるとは思ってなかったようですし。

あの場面ではマッサ-シューマッハの順でピットに入れるしかない、
または、マッサをもう一周させるという極めて不自然な方法をとるしかなかったので、
どうしようもなかったのでしょうが・・・。

第2スティントでのミスと謎の失速で
シューマッハの失ったポイントは(シューマッハが優勝・アロンソ3位として)
アロンソとの相対でマイナス6。
ハンガリーでも5位にでもなればあと3ポイント取れていたはずなので、
3ポイント差ぐらいにはなっていたはずなのですが・・・。
タラレバは禁物のスポーツ界ですが、
原因がシューマッハ・フェラーリ陣営にあるとすれば、
過去には考え難いようなミスともいえるわけで・・・。

ルノーはマスダンパー禁止やフィジケラの自滅やら、
順調とは言えないまでもアロンソのチャンプを後押しすることに集中すれば、
なんとか戦いようが出てきたのかなという印象です。
ダンパーの方は対策を講じてくる予定のようですが、
予算が豊富とはいえない中どこまでやってくるか?

今回は全く光るところのなかったマクラーレン。
ライコネンのもらいクラッシュはまさに泣き面に蜂でした。

ホンダは残念ながら
フェラーリとルノーに追いついていないことを証明してしまいました。
ダブル入賞はしたものの、
バトンはともかく、バリチェロはまたおいて行かれはじめてしまったかなという感じもします。
トヨタは反対にまた少しずつ追いついてきたかなという感じ。
こちらもトゥルーリが調子を落としつつあるのが心配です。

あと気になったところではロズベルグ。
序盤は良かったのですが、抜かれるところしか映らなかった気が・・・。
原因はマシントラブルにあるようですが、
ウイリアムズはスペインからポイントなしの低迷、少し寂しい気がします。

|

スーパーアグリのトルコGP

うーん、我慢のレースになってしまいましたね。

予定されていた新フロントサスペンションは、
今週のテストを見越して1セットしか間に合わなかったとのこと。
計画的だったならまだ良いのですが・・・。

琢磨の予選でのトラブルは
おそらく計算よりもダウンフォースが増えてしまったからのようですが、
貴重な走行機会を失う事につながるのは避けたいところです。
だからこそ、決勝ではリタイアが決まっていても再度走行したのでしょう。
良くも悪くも「明日のために」「鈴鹿のために」レースをしている感じです。
眼前の敵、ミッドランドの開発ペースも上がってきていますし、
ミッドランドの今季最高位が9位まで上がってきたので、
ポイントを獲得するしかないのですが、
周りの完走率も上がってくるところ・・・。
もっと速さを、もっと開発を・・・そのためには走行機会を逃さないことでしょう。

走行機会といえば左近。
今回は完走が厳命されていたとのことですが、「攻めすぎて」スピン。
フリー走行での速さや、予選もいろいろ理由があるにせよ、
琢磨を上回るタイムが出せているのですが、
決勝での安定性のなさが痛すぎます。
決勝で完走すれば300km。それが前2戦では0km、
今回も半分以下とあっては役割を理解しているかと言われても仕方がないところです。
もっと落ち着いたレースをして欲しいのですが・・・。

今週は久々のまともなテスト。
なんとか頑張って機会を生かして欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

ブックオフ

夏休み期間中、
(といっても、あくまで「世間は」の話。
 職業上、書き入れ時で夏にまとまった休みは取れないのです)

短い休みを利用して
あちこちへ出かけるついでにF1ショップもあちこち見てみました。

関東で代表的なお店といえば
FORZA(東京店(といっても千歳船橋・・・)、東京駅店、横浜店)、
Mr.クラフト(恵比寿)、
レーシングギア池袋、 

あとは、まだ行ったことはないのですが、
蒲田や西麻布にもあるようですね。

それぞれSAF1グッズをはじめとして
今年バージョンのグッズも出始めていました。
今年はBMWザウバー、トロロッソ、MF1など、
新たな体制のチームが多いので、新しいグッズも多めでした。
トロロッソなんかは新しいチームなのに、
ビンテージ風に仕上げたキャップなんかもあって、
ちょっと面白かったです。

それにしても遠い!という人には
ブックオフなどの中古書籍・CD店がおすすめ。

「今」のものはさすがに少ないのですが、
80年代からの”F1ブーム”といわれた頃の本やCDがたくさんあります。
この間もセナについて(生前)かかれた本をゲット。
毎年発行されているF1ドライバー図鑑みたいなものも100円の棚に
並んでいます。

CDは中嶋さんの引退アルバムをはじめ、
サーキットノイズをとらえたようなものまで。
(今ならDVDになるのでしょうが)
追々、このブログでも紹介しようかと思ってますが、
結構面白いものもありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対ソフトバンク @インボイス西武ドーム

また、はるばる所沢まで行って参りました。

というか、先週も行ったんだけど、
また楽天戦で、おまけに楽勝だったので、
記事にしづらかった・・・。
お目当ての一つ、カブレラも体調不良で出てこなかったし。

で、今日はなんといっても
首位攻防戦!

いや、いや、1点差を争う好ゲーム!
ほぼ常にリードしながらの展開だったので、
そんなにキリキリはしませんでしたが、
双方、ピッチャーが万全ではなかったのに、
攻め手を欠きましたね~。

お目当てのカブレラはというと、
060820a
チャンスで凡退・・・。



そのかわり今日のヒーローは
060820c
高山!
何年か前に1試合で2本放ったのを
やっぱり球場で見ていたので、
注目していたんですが、
なかなか芽が出ず、
気がつけば背番号がやたらとでかくなってたのが、
ここ数試合はいい感じ。
今年はけが人も多いけど、
次々とニューヒーローが出てくる。
こういう年は行けるでしょう!

060820b
守護神の小野寺には
ヒヤヒヤさせられたけど・・・、
なんとか勝ったから、ま、いいか。

しかし、首位攻防戦の3つ目なのに、
日曜日とはいえ1万7千しか入らないとは・・・。
いい試合してるんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

ちょっと恐い…

ちょっと恐い…

割りと新しい居酒屋で飲みました。

店頭にディスプレイ兼食材が並んでいたのですが…

さすがにこれだけ並ぶとちょっとホラーかも。

ま、閉店まざわでこの状態ってのも、ある意味ホラーですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

観戦ツアー

今年も鈴鹿の事を考える時期になってきました。
もちろん私はチケットも観戦ツアーも手配済みなのですが、
今年は鈴鹿が最後になりそうとあって、
各旅行会社ともいろんなところとタイアップして売りに出ているみたいですね。
コースによってはまだまだ空きがありそうです。

その中で、前回ドイツGP号のF1速報を見てびっくり。
J○Tのツアーに女性専用バスツアーが登場とのこと。

なんでびっくりしたかというと、
去年あたりから女性一人でツアーに参加している人がいますかという、
質問が掲示板やメールで寄せられていたので、
掲示板の返信にそんなツアーがあったらどうかな~、
みたいなことを書いたのですが、
それが実現するとは!

まあ、まさかJ○Bの人がここを見ているわけもないのですが。

ツアーはバスツアーだけのようですが、
同じような希望を持っていた人は多いはず。
この機会に是非、生GPを体感して欲しいですね~。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年8月 8日 (火)

ハンガリーGP感想

いやあ、凄いレースでした。
昨日のこのページのアクセス数は今季最高。
去年のアメリカGP直後よりも凄かったです。

フリー走行-予選のペナルティ事件のことは、決勝で吹っ飛んでしまいましたねぇ。

ホンダ(第三期)&バトンの初優勝の感想は、
レース後にここに書いたので詳しくは書きませんが、
「前つぶれ」でもない状況でよくやった。
青山本社には久々に横断幕が出ているそうですし。
第二期のような強いホンダを見せて欲しい。
今シーズンの残りも開発を進めるようですが、
あと一段上の戦いを見せて欲しいものです。

チャンピオン争いの2人は、
ルノーにあるまじきピットのミス。
フェラーリにしては珍しいタイヤの読みはずしと、
らしからぬところを見せてしまいました。
終わってみれば、
ルノーはもうバトンのペースに負けていたんだから、
落ち着いてナットを締めれば良かったのにとか、
フェラーリは2位をあきらめてドライタイヤに履き替えれば、
悪くても4位にはなれたんじゃないかとか、
いろんな事が言えるわけですが、
その場その場の状況をチャンピオンチームでさえも読み誤ってしまった。
そういうレースだったのをホンダはものにしたとも言えるでしょう。

2位になったデ・ラ・ロサですが、
あと2戦は保証されたようです。
そのあとはハミルトン説有力ですが、
デ・ラ・ロサはフォーミュラ・ニッポン卒業生だけに、
鈴鹿で走らせても面白いと思うのですが。
ハミルトンは鈴鹿の走行経験ないし・・・。

クビサはデビュー戦で失格にはなりましたが、
「見せる」ことはできました。
ビルヌーブの更迭は寂しいですが、
開幕前を考えればシーズン2/3を越えたところで
チームがアクションを起こしてきたということでしょう。

この2週間はレースなし、テストなしですが、
早速大きなニュースも流れてきています。
ストーブリーグは「シューマッハ周り」以外が先に動き出していますし。
このページの更新の休みは取れなさそうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーアグリのハンガリーGP

Amazonで雑誌「F1特集」を評価したら
おすすめ商品がKinki-Kidsの商品ばかりになってしまいました・・・

さて、SAF1ですが、
まだまだ荒れるレースを味方につけられるだけの
マシンの力はないんですね・・・。

フロントサスがレインタイヤにあっていないとか、
ギアボックストラブルとか、
セーフティーカーが作り上げていたリードがあっという間になくなってしまったとか、
後で聞いてみるとペースが上がらない、
結果につながらない要因が結構あったのですが、
まだまだ足りない部分も多いなあと言うのも実際のところ。

ただ、そんな状況の中で新しい空力を加えてくるチームや
琢磨は与えられた状況でよく頑張っていると思います。
今回は完走が「何か」につながる可能性が大きかったのですから。

左近は2戦連続の0周リタイア・・・。
1コーナーは明らかに突っ込みすぎて、コースオフかなと思っていたら、
そのままエンジンストールしてリタイアしてしまったそうです。
前回も接触、リタイア、
今回も行きすぎてリタイア、
コース状況は確かに厳しい条件だったかも知れませんが、
初めてのグリッドスタート、
前回の0周リタイアという実績、
リタイアが続出するだろうと予想された状況
この後のテスト禁止期間、
足りていない走行距離・・・
もう少し慎重に行って欲しかった。

さて、次戦ですが、
新サスペンション投入ですが、またもやぶっつけ本番。
まぁ、もはやいつものこととして実戦で作り上げて行くしかないですね。
日本GPまであと4戦。
どこまでこられるか?

また、イギリスでは来季ホンダの今季型を使えるようになった、らしい、
ということがまことしやかに噂されているそうです。
また、デビットソン、モンテイロ、アルバースら、
外国人ドライバーの名前が挙がりはじめているとか。
そろそろ来季のことも気にしながらの戦いになります。

最後にフジの中継に一言、
浜ちゃんを読んでSAF1ではじめたのに、
終わりには全く触れないのはどうなんでしょう?
今回はホンダの優勝があったから、とも言えるかもしれませんが、
琢磨のペースダウンの説明もなし。
地上派でしか見ていないと不安になると思うのですが・・・。
いつも思うのですが、レース前のナビが長いだけに、
終わり方が尻切れトンボな感じがします。
最初の「ものすご 金集めろ」はウケましたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

ホンダ!

ネタばれ御免!

ホンダが第3期初優勝!
荒れたレースだから、とか、
アロンソ&シューマッハがいなくなったから、とか、
そんなことはどうでも良いのです!

日本人が乗ってないとか、
琢磨を切ったとか、
そんなこともどうでも良いのです!

表彰台に流れる君が代でうるっと来ました。
それが全て。

今日のバトンは凄かった!
ホンダも頑張った!

バトン初優勝おめでとう!
ホンダもおめでとう!!

バンザイ! 今日は乾杯だ!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

頑張れダ・マッタ!

うーん、不運としか言いようのない事故だったようですが、
とにかく回復して欲しいものです。
願いを込めて、メインページのタイトルはダ・マッタ版です。

F1はハンガリーGP。
予選結果はともかく、
今回のペナルティの「2秒」って、どこから出てきた?
過去にこんなことあったっけ??
だいたい、両方ともフリー走行中だから、
重くても警告ぐらいのハズ。
「チャンピオン争いの演出」的な
批判も出てきてしまっているようですが、
実際あまり釈然としない部分もあります。

ま、結果は結果として、明日の決勝での挽回を期待したいところ。
マッサは初優勝の大チャンス到来。
勝っても怒られないから、ガンガン行って欲しいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »