« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

シーズン総括1

親知らずを抜いたり、
風邪をひいたりして更新がままならなかったり、
シューマッハー周り以外のニュースが乏しかったりと、
ややスローペースのシーズンオフ突入ですが、
そろそろシーズン総括を・・・。

初回の今回はチャンピオン争いから。

昨シーズンはフェラーリが不調だったので、
最初で最後のシューvsアロンソのガチンコバトルとなりました。

シーズンを通じて、マシン開発とかタイヤとか、
おまけにマスダンパー問題などもからんだシーズンとなりましたが、
結果的に、とにかくミスをしなかった方に
軍配が上がる結果となったといえるでしょう。

もちろん、ルノー陣営にもマシントラブルやピットミスなども
あるにはあったのですが、
日本GPでのエンジントラブルでタイトルの可能性が最小限になる前に、
ドライバーのヒューマンエラーという点で、
シューマッハーは「絶対優位」のレースをいくつか落としてしまっています。
たとえばそれがハンガリーであり、
「あの」モナコもミハエルが余計なことを考えなければ
(あるいは(あのストップを善意でとらえて)ドライビングミスをしなければ)、
少なくとももう何ポイントか取れていたはずです。

もちろん、これまでのシーズンも、もちろん今シーズンも
ミハエルでなければ果たせなかった勝利や、
ミハエルだからこそ失点を最小限にとどめていた事も
それこそ数え切れないほどあって、
だからこそ「皇帝」の地位があるのですが。

今年のアロンソは勝てるレースを勝ち、
勝てないレースを最小失点に抑えるという点で、
一切ミスしなかった。
それだけに今季侵してしまったミハエルのミスは、
シーズンを通じて痛い失点となって跳ね返ってしまいました。

最強の「皇帝」vs完璧な「次代の王者」。
だからこその「世代交代」象徴のバトルだったのでしょう。

アロンソはまだ若く、ミハエルの仕掛けてきた心理戦に
思わず失言をしてしまう事もありましたが、
今季の戦いぶりはタイトルにふさわしいものだったと言えるでしょう。

これからアロンソが挑もうとしているのは、
奇しくもミハエルと同じ「名門にタイトルを再びとりもどす」事。
「シューマッハーほど長くF1を続けることはない」と言うアロンソですが、
ミハエルの率いるフェラーリと戦うという意味と、
歩んだ道をなぞるという意味で、
まだまだ、ミハエルとのバトルは続いていくと言えるのかもしれません。

| | コメント (0)

2006年10月23日 (月)

ブラジルGP感想

最後に良いものを見せてくれたなぁというのが正直な感想です。

本人はあまり喜んでいないみたいですが、
シューマッハがあらゆる意味で全てを持っていった感じですが、
公式インタビューで質問責めにされることもなく去るというのも、
まあ悪くはないのでしょう。
見ている側としてはアロンソとの直接バトルも見てみたかった気はしますが。
それにしても、最後の最後にしてあの走り。
(そして、結果に物足りなさを感じる「しつこさ」)
本当にモチベーションがつきることはないのでしょうか?
復帰の話が出てしまうのも分かる気がします。

あまりアロンソが攻めて来なかったとはいえ、
マッサはプレッシャーのかかる場面でよく頑張りました。
なにせ、バリチェロは一度も果たせていないんですから。
来季ライコネンとの位置取りでは、
やっぱりセカンド扱いになると目されているだけに、
こうした強さを見せておくことは大切でしょう。

アロンソはまあ、必要十分。
今年は歌わなかったのは、
去年が不評だったからでしょうか???
残るフィジケラには、やはりまだまだ物足りなさを感じてしまうのですが・・・。

ホンダも強さを見せられるようになってきました。
良くも悪くもこのレースでは2強の後ろ。
マクラーレンは実力で下しましたが、
その上はなかなか。

トヨタは2台とも同じトラブルで序盤に姿を消しました。
BMWもこけてしまった事を考えると、
維持できていればランキング逆転だったのですが・・・。


その他、細かいことはシーズン全体を振り返って
また後日書こうかと思ってます。
んでは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーアグリのブラジルGP

完全燃焼の日本GPが終わって、
あれが頂点かなぁと思っていたのですが、
ビックリするようなレースをしてくれました!

琢磨10位、左近16位という結果もさることながら、
レース中のベストラップは9位と7位!
レース中のタイミングモニターでの琢磨のコンスタントなラップ、
前との差を詰めていく様子には久々の快感を覚えました。

なにせ、FIAのF1公式ページでも
「ミハエルと佐藤は別としてブラジルGPでもっとも印象に残ったのは?」
というアンケートができるほど!!

突然速くなった原因は亜久里代表が
「こっちが教えて欲しい」なんて言ってたので、
ここまでの進化は予想外だったのかもしれません。
シーズン中なら訳の分からない進化はかえって良くなかったり
(シミュレーションと大きく数値が違うのも良くないので)
するのですが、
シーズン最終戦なら話は別。
なにせ「良い気分」で来シーズンまでいられるのですから。

最後に前2台ぐらいつぶれないかな~と
ポイントを期待して不謹慎な事も考えてしまいましたが。
(ハイドフェルトが止まったときも「クビサか?」と期待しましたし)

もちろん、来シーズンのスタート地点が
この位置(3チームの前)になった訳ではないですし、
やることはたくさんあって、
今季不在のまま終わったメインスポンサーも探さなくてはいけないし、
ホンダのシャシーが使えなくなってしまったので、
開発もしなくてはいけない。
でも、今季の「成長度」と最終戦で見せてくれたことに期待しつつ、
来シーズンを待つというのは悪いことではないと思います。

いろいろなスケジュールが重なってしまったので、
今季はいけませんが、
オフシーズンのイベントも(チーム、琢磨とも)控えていますし、
まだまだ楽しませてくれそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

ちょっと後悔・・・

日本GPでいつものように?
グッズを買いあさってしまった訳なんですが、
買えずに後悔している物が一つ・・・。

それはフェラーリのトラックジャケット。
フロントにSFってでかくプリントしてあってなかなか良いのですが、
なにせ鈴鹿の混雑でフェラーリグッズ売場には入れない状態で・・・。

戻ってから探せばいいかな~と思ったのですが、
なかなか人気の様子でどこも品切れ。

むう。
金曜日に突撃していれば良かったかな~。

そういう訳で、
「鈴鹿では気に入ったものは即買い」
の教訓を今年も生かしきれませんでした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

日本GP感想

あれこれと書き尽くした感じもあるんですが、
あと少しだけ。

シューマッハに関しては、本人も言っているとおり
「これがF1」なんだと思います。
ある意味でマシンスポーツの宿命でもあるわけですが。
予選では文句なく速かったですし、
とにかくとんでもない気迫を感じました。
レース後のコメントは、潔くもあるのですが、
個人的には少し寂しいかな。

思っても見なかった優勝を手にしたアロンソ。
ウイニングランのウエービングにはちょっとビックリしました。
決勝前のドラパレまでは本当にぶすっとしてたんですが。

両チームとも、ちょっと不安になってしまったのが
ナンバー2と言われる人たち。
マッサはパンクがあったそうなのですが、
ハイドフェルトを抜きにいけなかったのは事実ですし、
フィジケラは存在感を示せませんでした。

トヨタは、うーん。
予選重視じゃないと言われても誰も信じないですよね。
実際軽いタンクでの予選でしたし、
決勝ではホンダにあっさりかわされましたし。

ビックリしたのはライコネン。
いつの間にあそこまで上がっていたのか・・・。
サーキットにいて唯一展開が読めなくなってしまいました。
あの予選でも結局トヨタの前というのも地力を見せつけてくれました。

反対にサーキットで見ていて面白かったのが、
ロズベルグとクビサ。
新人バトルだったので期待してしまいました。
結局直接の接近戦とはならなかったのですが。

中団以降のバトルはどうしてもアグリを中心に見てしまうのですが、
レッドブル兄弟はお互いのバトルに終始してしまいましたし、
スパイカーは進化し続けてはいるのですが、
あぶなっかしいアクシデントが多すぎます。
・・・アルバースは何故かファンが多いのか、キャップを多く見かけました。何故?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

スーパーアグリの日本GP

帰ってきて、ようやく決勝の映像を見ました。
と、いうわけで感想ですが、

厳しい言い方をしてしまえば、
これが現実、現状といったところでしょうか。

でも、現在の位置でできる限りのことを全てやって、
出し尽くしている様子が全て伝わってきました。

琢磨のフリー走行からの周回数は、
2戦目エンジンを考えると不安でいっぱいだったのですが、
とにかくやれるだけやろうと、
少しだけでもセッティングを詰めていく様子が伝わってきました。

悔しい予選、耐えてはい上がった決勝。
観客席の支持率の高さには関係者も感動したことでしょう。

写真館にも書きましたが、
何年かあと、「あんな時代もあった」と振り返ることができるよう
一歩ずつ前へ進んで欲しいと思います。

「F1は結果が全て。」
「最後尾付近でなにがおもしろいんだ。」

そういう意見もあるかもしれません。
でも、私は理屈抜きにその姿勢に感動しました。

ホンダやトヨタ、ブリヂストン、
レイトンハウスをはじめとする「バブルF1」参戦、
それらを礎に、そのどの型とも違うF1。
鈴鹿20年の節目にその姿を見ることができて、
本当に良かったと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 9日 (月)

鈴鹿の女神

日本GPも終わりました。
まだ、現地(名古屋)なので、
詳細ニュースとブログの細かいものは
明日帰宅後ということで、ご勘弁ください。

さて、シューマッハのリタイアという思いもしなかった結果に終わりましたが、
昨日まで忘れていたことをひとつ思い出しました。

それは、
「鈴鹿の女神は「去り行く」人を好まない」ということ。

歴代、「引退宣言」をした人はあまり良い結果を得ることなく、
鈴鹿を去っているのです。

中嶋悟 91年-リタイア
マンセル 90年、92年-リタイア(2回とも)
鈴木亜久里 95年-怪我のため決勝不出走
片山右京 97年-リタイア
ヒル 99年-リタイア
アレジ 01年-リタイア

ほとんどリタイア・・・。
亜久里さんは正式には宣言してませんが・・・。
例外としては、
プロスト 93年-2位 … 勝ったのは「ライバル」セナ
ハッキネン 01年-4位 … 宣言したのは「休養」

まあ、消化試合だったり、
鈴鹿に来るころにはモチベーションが落ちてたり
という理由はあるんでしょうが…。

なにせ5年もレースで壊れなかったフェラーリエンジンがブローしたんですから、
このぐらいの理由がないとねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

そんなわけで

そんなわけで

日本グランプリ終了です。

毎年のことながらいろんな事があって、あっというまでした。

いつもと違うのはいろんな意味で来年はナイこと。

SEE YOU AGAIN SUZUKA!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大逆転

大逆転

まさに意外な結果でした。場内騒然。

誰も予想し得ないこともおこるのがF1。

分かっていても、ビックリはするものですね。

詳報は後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタート直前!

スタート直前!

さあ、各車コースイン。ボルテージがあがってきました!

いろんな意味での集大成、刻んだ歴史のターニングポイント、スタートまであと30分!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サポートレース

サポートレース

今年はFDがないのでインテグラのみ。

なんだかんだで結構熱いバトルあり、アクシデントありで結構おもしろかったりします。

迫力もあるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日から…

昨日から…

風の事ばかり書いてますが、本当に強いんだってば。
フラッグも常にこんな感じ。

陽が出てないので肌寒いぐらい。路面温度はあまり上がらないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風強し!!

風強し!!

午前中とはいえ、昨日よりも風強いです。

個人的にはカメラのメモリカードを忘れるという大失敗。
幸い予備の小さめのメモリがあったので最悪の事態は避けられましたが。

保険のCMじゃないけど、2つあると良いデス。

写真はコースマーシャルのミーティングです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

異例?

異例?

前日の混雑をうけてか、8時すぎなのにこの混雑!

まだスタートまで6時間あるんですけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もいい天気

おはようございます。

今日も天気は晴れ。風は依然として強めかなあ。

昨日は、土曜日としては史上最高の観客動員だったようです。やっぱりネェ。

ちなみに、東名阪道路は混んではいますが、順調に流れてますよ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

まさかの電池切れで

まさかの携帯の充電池切れで、
途中から更新できなくなってしまいました。
ごめんなさい。

予選は、意外に?トヨタが大健闘。
1年ぶり?のトゥルーリ・トレインなるか?
それともルノー勢が巻き返すのか?
シューマッハ兄弟表彰台も最後に見てみたい気もするし・・・。

いよいよ明日は決勝。
午後に飛ばされてきた厚い雲が気になりますが、
明日もとりあえず晴れるとのことなので、
バトルを期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予選前

予選前

相変わらず風強いです。

ちょっと厚めの雲を連れてきていて、たま〜に極小粒の雨が降ってきます。(路面には影響なし)

午前トップはシューマッハ。さてさて、予選はどうなるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天気晴朗なれど

天気晴朗なれど

風強し。

走りに多少影響でるかも。

帽子飛びそう(*_*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり…

やっぱり…

サーキット到着です。

土曜日なのに、9時なのに、この状況。

予選日だけどここまでのは史上最高では?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋滞情報

名古屋方面から向かわれる方、長島の手前から事故渋滞してます。

抜けると順調に流れてます。

運転にはくれぐれも気を付けて!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

おはようございます

晴れた、晴れたよ〜

予想気温は24度と完璧な天気です。
宿には温泉もついていてしっかりリフレッシュ(^-^)

新しいカメラのおかげで腕が筋肉痛ですが、今日もあれこれ撮っていきたいと思いマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

携帯の限界

携帯の限界

に、挑戦してみました。

さて、フリー走行2はルノーとフェラーリのガチンコで終了。

どっちもたいして走ってないのに…。
天候はすっかり回復したので、明日はドライでのパフォーマンスが見られそうです。
アグリも調子は良さそうですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

午後はダンプ

午後はダンプ

雨はあがったようです!

これからマシンが走れば路面も乾いてくるでしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着、フリー走行1

到着、フリー走行1

さて、到着してあわただしくフリー走行。

ホンダのデビットソンがトップでした。

レギュラー勢はあまり走らないなかアグリは割りと積極           周回。琢磨のエンジンは大丈夫かな?

雨はセッション終了後また降ってます( -_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鈴鹿」到着!

「鈴鹿」到着!

ちらほら看板に鈴鹿の文字が見えるようになってきました。

雨はかなり弱まってきてます。 午後は止む?予報も。

午後のセッションはダンプ(ちょい濡れ)ぐらいまで回復するかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋も雨

結構降ってます( -_-)

写真撮るには独特の写真が撮れるのでいいんですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超!ビックリ!

超!ビックリ!

ええと、無事に新幹線に乗り込んで、ツアコンの方の説明があったりして、徐々に近づいてます。

今年はツアー用のパンフなんかもあって、気合い入ってますなJ○B

と、中身を見るとコース紹介やらドライバーの見分け方やら、わりと初心者フレンドリー(^-^)

って、見分け方、イラストから文からうちのサイトそのままじゃん!ビックリ!!

まぁ、いいんですが…(;^_^A

向こうも参加してると思ってないだろな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発!

出発!

…なのですが、関東地方は大雨です(>_<)
風も結構あって、傘さしても袖はびしょびしょ…

鈴鹿も昨日は雨のようでしたが、今日はどうかな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ明日!

さて!さて!!さて!!!

いよいよ明日、鈴鹿入りします!
仕事も(たぶん)片づいたし、風邪も(たぶん)大丈夫!

明日の雨がちょっと心配ですが、
明後日以降は晴れる予報だし、
最後(しばらくは)になりそうな鈴鹿、見どころに迷うぐらい盛りだくさんです。

シューマッハvsアロンソのバトル
ホンダ、トヨタ、BSの戦いぶり
最後となるミシュラン
そして頑張れスーパーアグリ!

現地からはできるだけブログも更新できたらいいなぁ。
写真もちゃんと取れたらいいなぁ。

そんなわけで、明日の更新をお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

中国GP感想

いやはやもう、なにがなんだか。
予選ではもう終わったと思われたシューマッハ&フェラーリ&BSでしたが、
決勝では微妙なコンディションを完璧に味方に付けました。

勢いのあったライコネンがマシントラブルでとまったとか、
アロンソの中途半端なタイヤ交換が第2スティントの展開を呼びこんだとか、
最後の雨があと数分早かったらとか、
いろいろな「要素」が全て味方しての勝利。
これはもう「執念」としか言いようがないのでしょうか。

コンストラクターズでは反対にルノーが再逆転。
鈴鹿でルノー1-2ならフェラーリの成績如何に関わらず
タイトルが確定しますが、点差はわずか1。
点数計算なんてものはただの数字遊びに過ぎないのかもしれません。

その下のグループにはマクラーレン、
それを追ってホンダ、BMWといったところでしょうか。
ホンダはここへ来てようやく連続ダブルポイントで安定感を見せ始めました。
オールホンダとして最初で最後の鈴鹿、
期待しないわけには行かないでしょう。

トヨタは鈴鹿はどうでしょうか?
ポイントで先を行くBMWの方が勢いはあります。
ラルフとトゥルーリが中国の惨敗で腐ってないことを願いますが・・・。
トヨタにとっての好材料は両者ともフレッシュエンジンで挑めることぐらいでしょうか。

ウイリアムズとレッドブルがその後ろのグループ。
最後にトロロッソ、ミッドランド、スーパーアグリですが、
スーパーアグリにはとりあえず夢を託してQ1突破を目指して欲しいですね。

最後の鈴鹿にふさわしく、
チャンピオン争いから最後尾(失礼!)まで、
話題満載の状態でやってきました。
インターバルなく連続開催というのも熱い展開です。

更新が間に合うか非常に不安でもありますが(苦笑)
現地からのレポートもお送りしますので、乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スーパーアグリの中国GP

うーん、
ニュースの方の解説には厳しめにコメントしたんですが、
今、琢磨のホームページでの自身のコメント(BBS)を読んで、
ちょっと評価を改めてます。

本文をそのままコピーすることはできないので、抜粋すると、
どうやら、
・最終ラップハイドフェルトがミスった
・青旗は最終周だされなかった(FIAの記録を確認中)
らしいのです。

FIAの裁定は「接触の原因を作った」からではなく、
「青旗の無視」である以上、それが提示されていたかどうかは
大きな問題となると思います。

ただし!
琢磨本人の評価が「危険なドライバー」になってしまっているのは、
その評価が不当であるかどうかはともかくとして、
良い傾向ではありません。
「大人しく走れ」ということではなく、
必要とされる場面であったかどうか。

「攻めの姿勢」が売りな琢磨だけに、
難しいところではあるのですが。

さて、裁定のことをともかくとすると、
今回のレースは完璧に近いものでした。
金曜、土曜はマシントラブルもあったようですが、
レースでの琢磨は展開も味方に付け
スパイカーやトロロッソのみならず、
一時はウイリアムズやトヨタの前を走る場面もありました。

左近もようやく初完走。
3ストップ作戦の失敗や、
こちらも青旗無視でドライブスルーペナルティーを食らったり、
4周遅れでのフィニッシュでしたが、
ともかく「形」になったのは良いことです。

さて、次はいよいよ亜久里代表がF1活動の
「99%」という日本GP。
Q1突破も夢じゃない(?)
さらなる空力の改良も予定されているようです。
本家ホンダやトヨタとの人気争いも気になるところですが、
最後の鈴鹿を舞台に暴れて(もちろん良い意味で!)欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »