« 日本GP1987-2005 思い出は鈴鹿とともに | トップページ | 中国GP感想 »

2006年10月 2日 (月)

スーパーアグリの中国GP

うーん、
ニュースの方の解説には厳しめにコメントしたんですが、
今、琢磨のホームページでの自身のコメント(BBS)を読んで、
ちょっと評価を改めてます。

本文をそのままコピーすることはできないので、抜粋すると、
どうやら、
・最終ラップハイドフェルトがミスった
・青旗は最終周だされなかった(FIAの記録を確認中)
らしいのです。

FIAの裁定は「接触の原因を作った」からではなく、
「青旗の無視」である以上、それが提示されていたかどうかは
大きな問題となると思います。

ただし!
琢磨本人の評価が「危険なドライバー」になってしまっているのは、
その評価が不当であるかどうかはともかくとして、
良い傾向ではありません。
「大人しく走れ」ということではなく、
必要とされる場面であったかどうか。

「攻めの姿勢」が売りな琢磨だけに、
難しいところではあるのですが。

さて、裁定のことをともかくとすると、
今回のレースは完璧に近いものでした。
金曜、土曜はマシントラブルもあったようですが、
レースでの琢磨は展開も味方に付け
スパイカーやトロロッソのみならず、
一時はウイリアムズやトヨタの前を走る場面もありました。

左近もようやく初完走。
3ストップ作戦の失敗や、
こちらも青旗無視でドライブスルーペナルティーを食らったり、
4周遅れでのフィニッシュでしたが、
ともかく「形」になったのは良いことです。

さて、次はいよいよ亜久里代表がF1活動の
「99%」という日本GP。
Q1突破も夢じゃない(?)
さらなる空力の改良も予定されているようです。
本家ホンダやトヨタとの人気争いも気になるところですが、
最後の鈴鹿を舞台に暴れて(もちろん良い意味で!)欲しいですね。

|

« 日本GP1987-2005 思い出は鈴鹿とともに | トップページ | 中国GP感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/3666587

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーアグリの中国GP:

« 日本GP1987-2005 思い出は鈴鹿とともに | トップページ | 中国GP感想 »