« RING RING RING! | トップページ | ときめき? »

2006年11月26日 (日)

ここにありき

さて、続けて行きます。

昨日は万代橋をアップしましたが、
万代橋のかかっている信濃川は、実際はもっと太い川で、
護岸工事やなんかのおかげで、
いまの川幅になったとのこと。

万代橋の欄干の近くにはそういった碑や、観光者向けの案内があったり、
P1010001_1
「万代クロッシング」という近くの地下道には、
出土した古い橋の杭なんかが展示されていたりする。




と、その万代橋のクロッシングとは反対側の
欄干の近くに地味ーな碑が。
Imgp2013











鏡橋というおそらくその橋についていたであろう銘板と、
写真では見づらいけど
「ここに鏡橋ありき」という一文の書かれた碑。

それ以外にはなにも説明はなし。
万代橋とはえらい扱いの差・・・。

しかし、反対にそれだけの碑文なので、
「説明なんかいらないぜ」的な
かっこよささえも感じるかも。

うむ。 あったのだな。みたいな。

|

« RING RING RING! | トップページ | ときめき? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/4323914

この記事へのトラックバック一覧です: ここにありき:

« RING RING RING! | トップページ | ときめき? »