« スーパーアグリの開幕戦 | トップページ | 地元にも! »

2007年3月18日 (日)

開幕戦感想

ええと、CSで見ていたので地上波のオープニングの事はよく分かりませんが、
とりあえず恒例の感想です。

開幕戦にしては全くと言っていいほど荒れず、
サプライズといえばスーパアグリが全てだったでしょうか。

レース的には激しいバトルや追い抜きが見られなかったのはちょっと残念。
マッサが後方からの追い上げになってしまったため、
ちょっと紛れた感じはしましたが、フェラーリがかなり優位なのは間違いないかも。
今季はタイヤがワンメイクだから、
次は劇的にミシュラン優位みたいな展開は期待できないんですよねぇ。
そういう意味でもう少しハミルトンには序盤頑張って欲しかったかも。
ルノー勢もね。

アグリの感想でも書きましたが、
トップドライバーともう一人のドライバーの差が出たなあというのも感じました。
ライコネンとマッサ、アロンソとコバライネン、琢磨とデビットソン
それぞれ結果の差よりも大きな「何か」の差はあるかと。
特にマッサは出来ればポイントでは優位でシーズン序盤を送りたかっただけに、
マシントラブルとはいえ、残念でした。

ハミルトンに比べてちょっと物足りなかったのはコバライネン。
シーズンを通じての成長に期待したいところ。

BMWは下馬評通りの速さ。
予選ではちょっと軽めにして一発狙った感じがしましたが、
そういう戦略もこの位置のチームならアリ。
クビツァのトラブルがなければダブル入賞は間違いなしでしょう。

昨年の開幕戦番長、ロズベルグは今年も開幕が良かったなぁ。
ウイリアムズは中嶋に注目しがちですが、良いスタートを切れました。

日本勢ではトヨタはとりあえず
2台ともQ3に進んだし、ポイントを挙げて最低目標クリア。
ホンダは・・・。
バリチェロが巻き返したものの
スマートドライブのはずのバトンがドライブスルーペナルティーなんて、
「らしからぬ」ものを食らう始末。
マシンのセッティングがとにかく決まらないらしく、
その方向性もはっきりしないとか。・・・深刻です。

8位までを見るとフェラーリ2 マクラーレン2 
あとはBMW、ルノー、ウイリアムズ、トヨタが各1。
入賞圏内まではかなり狭き門となりそう。
予選番長ウエバーもずるずると後退してましたし、
ブルツとクルサードの接触は琢磨の後ろでしたから、
レッドブルやウイリアムズでもポイントまでは展開も味方しないと・・・。
とはいえ、12位琢磨でも8位までのタイム差は最終的に10数秒。
展開次第では・・・とも言えます。

次はテストを経てマレーシアGP。
荒れる、かな?

|

« スーパーアグリの開幕戦 | トップページ | 地元にも! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/5736284

この記事へのトラックバック一覧です: 開幕戦感想:

« スーパーアグリの開幕戦 | トップページ | 地元にも! »