« ZZZ・・・ | トップページ | バーレーンGP感想 »

2007年4月16日 (月)

スーパーアグリのバーレーンGP

う~ん、苦しい戦いでしたねぇ。
とにかく三戦終わったワケですが、
予想以上に中団グループの戦力が接近している中で、
今回は悪い方に悪い方に転がってしまった感じがしますねぇ。

デビットソンのフリー走行-予選はすごく良かったのですが、
今回は琢磨がQ3を意識しすぎて
Q1の最初でハードタイヤでアタック。
結局ソフト換えてアタックした2回目には、
風の影響でタイムを失ってQ1落ち。
その差がわずかだったからこそ、こういった「読み違い」は痛い。

決勝では軽い琢磨はデビットソンに詰まってしまい、
デビットソンは重いタンクで頑張ったんですが、
結局ピットインが終わってみればスパイカーとホンダの前が精一杯。
(まあ、本家ホンダがこの位置なので仕方ないんですが・・・。)
琢磨が前に出たとして、その前のグループについていけたかどうかは
分かりませんが、そうできなかったとするとちょっと辛い。

本来であれば開幕3戦の遠征は中小チームには
多少のチャンスが出てくるものなのですが、
やはり、フライアウェイ中にテストがあったことで、
体力のないチームにとっては辛い方向に転がってしまいました。
結局オフシーズンテストで確保できているはずの
信頼性さえも確保しきれず2台ともリタイアというのも痛かったです。

この先3週間(!)のインターバルでテストも行われるので、
他のチームはどんどん開発してくるはず。
スペインで投入予定の新空力デバイスがどの程度のものか。
今回を見る限りレッドブルが前進してきたのは間違いなく、
全体での位置が苦しくなってくるのは間違いないでしょう。
なんとか踏ん張ってほしいところ。
ついでに言えばカスタマーシャシー問題もすっきりして、
スポンサーもついて欲しいですね。

|

« ZZZ・・・ | トップページ | バーレーンGP感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/6108205

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーアグリのバーレーンGP:

« ZZZ・・・ | トップページ | バーレーンGP感想 »