« 侮れないオマケ | トップページ | マレーシアGP感想 »

2007年4月10日 (火)

スーパーアグリのマレーシアGP

開幕戦が良かった(予選が)だけに、
大きな期待を受けてのマレーシアでしたが、
今現在の位置としてはこんなところなのかなぁというのが正直な感想。

昨年からとにかく前進だけはしていただけに、
こうした「停滞」にチーム(とファン)がどう対処していくか。
琢磨の言うように何でもOKなハネムーンは終わった状況で、
ここからが本当に厳しい戦いになって来るとも言えます。

他が開発を進めていくと、厳しくなってくるのは間違いないわけで、
本来は次のバーレーンぐらいまでに
なんとかポイントを得たいところではあるんですが。

ポジティブな見方をすれば、
琢磨は中団からのスタートで接触、
マシンにダメージを負っての走行の割にはペースも落ちずに(最速ラップは13位)、
グリッドよりも前のポジションでフィニッシュしたことでしょうか。

今回ピットでのミスが出てしまってタイムロスしていたりと、
修正可能なポイントはまだあるはず。
そうした細かいところでの見直しをして、
なんとかワークス勢に一泡吹かせて欲しいところ。

昨年からちょっと行き詰まったかなと思うと、
サプライズを起こして前進してきたチーム(と琢磨)だけに、
ちょっと次戦あたり期待したいところなのですが。

|

« 侮れないオマケ | トップページ | マレーシアGP感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/6045879

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーアグリのマレーシアGP:

« 侮れないオマケ | トップページ | マレーシアGP感想 »