« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月28日 (月)

モナコGP感想

ちょっと、オーバーテイク少なすぎ・・・
な、モナコでしたが、

なんと言ってもマクラーレンコンビのタイムバトル、
まあ、地上波があおるほど接戦でもなかったんですが、
王者 対 超新星 、
これからも楽しみなバトルです。
ちょっと、ピット戦略にはチームの思惑を感じずにいられない部分があったので、
出来ればしがらみを感じない別のチームで戦っているところを見てみたいというのは、
この上ない贅沢かもしれないですが・・・。

今回は大きく引き離されたフェラーリは、
ライコネンが予選のミスで大きく後退。
8位1ポイントは単にラッキーだったとしか言いようがないです。
それにしてもなぜQ2であんなに攻め込んだのか。
前戦でのリタイアで焦っていたのか・・・。
それにしても2戦で1ポイントはあまりにも厳しい。
トップから15ポイントの差となってしまいました。

反対にマッサには連勝で落ち着きを取り戻したのか、
焦らず出来ることをやりました。
「完敗だ」というコメントも
「ここはマクラーレンにやってもいい」ぐらいの余裕もあったように感じました。

予選ではやや遅れをとったBMWも終わってみればしっかり5位6位。
フィジケラの4位はルノーの復調か、それともドライバーの実力か。
ウイリアムズとレッドブルは実力的にはその次をキープしていますが、
混戦の中にあり、速さにはそう差はないはずなのですが、
入賞はブルツの7位のみ。
実力が似通ったところにあるからこそ、
Q2のクルサードの「通せんぼ爺」は影響が大きく、
さらに、ペナルティで失うものも大きかったんだと思います。

同じく復調気配にあるホンダですが、
終わってみれば2ストップなのにQ3であのタイムしかでなかったという、
物足りなさも残ります。
ただし、レースペースはバトンが9位と、
ちょっと兆しが見え始めた、と判断するのは時期尚早でしょうか。

反対に調子を落とした感じのトヨタ。
モナコとソフトに合わなかっただけ、と信じたいところでしょうが、
序盤、スパイカーにも押さえつけられてしまったのは屈辱でした。

とはいえ、スーパーアグリの欄でも書いたように、
ここは特殊中の特殊。
あとには引かないで済む場所でもあります。
まぁ、それでも勝ちたいのがモナコなんでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

スーパーアグリのモナコGP

うーん、モナコの難しさにハマったというか、
好事、魔多しとでも言おうか、
天国のようなスペインから、苦しんだモナコ。

結局全ては予選だったわけですが、
決勝中のペースも下にはスパイカーとトヨタしかおらず、
決して良いものではなかったかな、と。

予選は早め早めに仕掛けたのかと思ったら、3アタック。
でも結局作業が遅かったり、
タイミングが悪かったりと琢磨がギリギリ「アウト」のタイミングで
コースインするのが精一杯。
・・・この辺はもう未熟としか言いようがないかも。

決勝は琢磨が
ちょっとずるいところもあったものの、
好スタートを決めて前に出たのですが、
最後尾近くのスタートではソフト-ハード-ハードと言う
変則の「賭け」に出るしかなく、
せっかく軽くても前に詰まる繰り返しで、
結局ピットインの回数で遅れをとり、17位。

とはいえ、レース中ほとんど唯一のオーバーテイクを
仕掛けるあたりはさすが。
(その前にトゥルーリに抜かれたのはスタートでの動きが 
 アンフェアだったとしてスチュワードからの指示だったそうです)

デビットソンは1ストップ作戦だったのに青旗無視のペナルティで
後退して18位と、いろんな意味でかみ合わないレースでした。

悪いながらも良く捉えれば、
モナコは特殊すぎてあとを引かないで済むということでしょうか。
歓喜のスペインの後の惨敗で、兜の緒を締め直して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

ここ数日のデキゴト

ええと、ららぽーとの翌日も連休だったのですが、
書く機会が全くなかったので後付ですが。

19日(土)のコト。

職場の都合で半日出勤になるかもしれなかったのを回避。
学生時代の後輩の結婚式二次会が表参道で夕方からなので、
せっかく都内に出るならと
あれこれ行き先を探していると東京ドームはLvsBsと言うことが判明し、
何年ぶりかの東京ドーム。

意外と?バファローズファンよりもどう見ても
ライオンズファンの方が多い。
オリックスは社員を動員しているはずなのだが???
ひょっとしてライオンズの観客数減はやはり本拠地の立地か?
と疑ってみる。

試合は・・・ボロ負け。

昨年から続いていた生観戦の連勝も5でストップ。
さらにカメラの方も(二次会のために持っていっていた)
不調。

Imgp2461









どうやら全体的にグッドウィルドームと比べて暗い?ようで、
シャッタースピードがあげられず、
さらにスピードを落とすとぶれる・・・。
なんだかな。

その足で二次会へ。
の前に、
いまはなき 元勤め先
といっても転職はしてないのですが、
建物を売ってしまった跡地を覗いてみてビックリ
Imgp2473










あとかたなし。

そして二次会は新郎新婦の人柄で、
明るく、楽しい二次会でした。
本当にみんな楽しんで、
そのまま学生のノリでカラオケ三次会。
久々に会った人も多かったんですが、
本当にその頃に戻ったような感覚でした。
懐かしくて楽しくて。
もちろん祝福も忘れずに。
お世辞ではなく、いままでで一番良い二次会だったかも。

バシャバシャ写真撮ったんですが、
一眼レフの難しさを痛感。

新郎新婦に加工して送るのがいつもの楽しみで、
当日、本人達が見ることができなかったところを
残る形で渡してあげたいと思ってはじめて、
割と好評なので続けてるんですが、
出来ればもっと上手い写真を渡せるようになりたいなぁ。

↓は会場からみた外の風景。
Imgp2585
























すいません、イメージカットでした。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007年5月19日 (土)

らぁらぽーと

遅ればせながら、ららぽーと横浜に初めて行って来ました。

一言、いやぁ、でかい。

海外でショッピングモールを初めて見たときもビックリしたけど、
同じぐらいでっかいのね。
ショップも割と好みなものが多くて通勤定期の間にあるので、
わりと買い物の定番に加わりそう。

フードコートも充実してるし。
でも、仮にも横浜にあるんだから、
中華街「梅蘭」の焼きそばをあんなにみんなで食べなくても・・・。
ま、おいしいことは確かにおいしいんだけどね。

ただ、大きすぎてちょっと目を付けたものを覚えるのが大変だし、
ちょっと比べたいなぁと思っても簡単に行かない感じ。
ちょっとカメラを持ち歩きたいとき用の小カバンが欲しかったんですが、
ぐるぐる回ってるだけであっという間に過ぎてしまって、
でも結局買ったのは中に入っている東急ハンズ・・・。

・・・ハンズで買うなら
ららぽーとの中じゃなくても良かったような。

それにしても、テレビで流れているジングルが館内にも流れていて、
耳に残りまくり。
「らぁらぽーと」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

スペインGP感想

スーパーアグリの快挙はそれとして、
全体としてはマッサの成長を感じたレース、
そして、今季の「接戦」状況が今後もレースを面白くしてくれると
感じられるレースでした。

マッサは、今回マクラーレンが完全に優位という
レース前、そしてフリー走行の結果からの下馬評を
完全に覆しました。
予選でのポールポジションを獲得した走り、
そして先行逃げ切りという得意パターンを序盤から作り出し、
他を寄せ付けずに圧勝して見せました。

去年、それ以前から、正直あまりマッサを評価していなかったのですが、
パターンにはまったときのマッサは本当に強い。
このパターンにいかに持って行かせないようにするか、
マクラーレンは次戦以降の作戦を練らなければいけないでしょう。

そして、今季の「4強」の状況が、
さらにこのレースを面白くしました。
アロンソのスタートでの「仕掛け」は昨シーズンまでなら、
そして、母国GPでなければしなかったような行動だったように思います。
昨シーズンまでのようにマークする相手が一人なら、
ここはマッサに優勝を渡しても、8ポイントを確実に取りに行った、
そして、少しぐらい順位を落としても挽回できた。
(フィジケラであれば、そして昨年までのマッサであれば、
 逆転は可能だったでしょう・・・)

しかし、今回のようにワンミスで4位まで後退する状況、
そして逆転が難しいライバル達が相手では、
本来あのような仕掛けはしないはず。
しかし、母国GP、そしてマクラーレン優位という下馬評が、
スタートでの仕掛けを呼んだ、
そして、マッサの側にしてみれば、
マレーシアでの失敗を繰り返せない状況、
そして勝つにはこれしかないという状況で、
「絶対に」譲れない位置にあり、
接触も辞さないというラインキープに走ったのでしょう。

その後ろのグループは依然としてBMWがすこし抜けでてますが、
さらにその後ろはさらに混戦です。
フリー走行3回目のタイムを見る限り、
3強以外(3強に食い込んだクルサードは除く)のトップ、
デビットソンから1秒以内で、
なんと18番手のウエバーまでカバー出来てしまうのです。
つまりスパイカー以外のチームはこの中に全ている、超接戦です。

うまくいけば7番手、しくじれば20番手というこの状況、
ちょっとの差がQ1落ちを呼ぶ状況が、
今回のサバイバルレースを呼んだとは言えないでしょうか。
普段であれば、バルセロナのコースはテスト十分、
波乱要素は少なく、完走率も高いはず。
しかし、今回はリタイアが多かった。
それもアクシデントが直接の原因になったものは8分の3台のみ。
これは接戦状況で少しでも有利になりたいがために、
シミュレーションはしているものの、
走行は十分でない装置を投入するチームが多くあったためではないでしょうか?

いずれにしても今回に限らず、
レース終盤は入賞圏内争いが実は熱い。
特に地上波ではカットされがちですが、
7位以下の争い、これからも面白そうですよ。


・・・それにしても前回はホンダ初優勝、今回はアグリ初入賞。
ハマちゃん効果、すごいな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

スーパーアグリのスペインGP!

いやぁ、「やりました」

素晴らしいレース、素晴らしい結果です。
たかが1ポイント、しかし、値千金以上の素晴らしい1ポイント。
CSのあと地上波、スポルトまで見てしまいましたよ。

このグランプリ前に開発を進めたとはいえ、
相対的に見てアグリの戦力がアップしているとは言い難い状況にもかかわらず、
フリー走行から安定した走り、
しかも、タイムを出すだけのパフォーマンスは一切なし。
期待された予選でトラブルがあったものの、
一発目のアタックで13番手を獲得できた琢磨のドライビング。
そして決勝で見せた渾身のアタックと
それをサポートしたアグリのピットクルー。
ルノーの3ストップは戦略ではなく、給油機のトラブルだったようですが、
そうしたトラブルがここで出なかったというのは
チーム全体としての成長の証です。

最初にも書いたように、
アグリの戦力は相対的には現状維持が精一杯のはず。
さらにフライアウェイの3戦でポイント獲得を目指して、
それが達成できなかった(あとわずかという状況でもなかった)。
その後のグランプリで開発を進めた証としてのポイントは
何よりもチームのモチベーションをあげるのに十分なプレゼントとなったことでしょう。

個人的な好みも混ざっての意見ですが、
それを琢磨が成し遂げたと言うことはさらに良いことでした。
デビットソンと言う強力なライバルを迎え、
チームとしての戦力は確実にアップしましたが、
琢磨にとっては「負けられない」状況が続いています。
その状況下で琢磨はチーム初のQ3進出、初入賞と
重要な「実績」を琢磨がうち立てることは
チームの立ち上げ時から関わっている琢磨にとって
非常に大切なことといえます。

この先も状況は簡単なものではないでしょう。
しかし、今回のような「成果」をあげることで、
チームとしての力は確実に上がっていっていると、
そしてスポンサーなどへのアピールとしても、
確実に今後への力になることは間違いないでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

2画面2画面・・・

さて、琢磨の初入賞に大歓喜な状況ですが、
完走などなどは後日アップするとして、
今日からパソコン2台、2画面体制になりました!
ま、古いパソコンをモニターとキーボード、マウスまで共有で使っていたのを、
ブック○フで中古モニターが1万前後で手にはいることを知ってしまったので、
せっかくだからつないでみた次第。

実はモニターを固定するアームの方がモニターよりも高くつきましたが、
これがF1ページの更新に超強力に役に立ちました。
070513













左がFIAのオフィシャルサイトのライブモニター。
右が更新中のF1サイト。
そしてさらに左にはCS放送とピットウォール並(←言い過ぎ)の充実度。
(ま、モニターの下におつまみとか写っているのはご愛敬・・・。)

実際ここまで来ると会社よりも充実しているんだよなぁ。
会社のも改良してアーム付けちゃおうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

ライオンズvsバファローズ 8回戦

いやぁ、大勝でした!

ゴールデンウィークの観戦なんて混むことが分かっているので、
普段だったら避けたいところなんですが、
これを逃すと仕事のスケジュールとかの関係で
相当先まで行けそうにないので、
ちょっと無理矢理行って来ました。

Imgp2240











さすがに混みあっていて席が狭苦しかったのと、
(カメラの交換レンズを持っていってしまったのと、
 ファンクラブ特典を先にもらってしまったので、
 荷物も多かったし)、
試合の方も先発ルーキーの岸の立ち上がりが悪くて、
5点も取られたときはどうなるかと思いましたが、
Imgp2277










カブ様をはじめ、

Imgp2319










GGや、

Imgp2344










リーファーや、

Imgp2335










そしてナカジが大活躍して終わってみれば
15-6の大勝!

終盤ちょっと点を取りすぎてバファローズにやる気が感じられず、
ダラダラしてしまったのと、
応援用のビクトリーフラッグを席に忘れて帰ってしまったのが
やや残念ではありましたが、
去年から観戦した試合は5連勝!と近年にない勝率!
今年は5回ぐらいは行きたいので幸先の良いスタートとなりました!

ちなみに和田や福地、細川、石井ももちろん良かったんですが、
写真の方が狭苦しい席もあってあまり良くなかったので・・・
次回頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »