« スーパーアグリのスペインGP! | トップページ | らぁらぽーと »

2007年5月14日 (月)

スペインGP感想

スーパーアグリの快挙はそれとして、
全体としてはマッサの成長を感じたレース、
そして、今季の「接戦」状況が今後もレースを面白くしてくれると
感じられるレースでした。

マッサは、今回マクラーレンが完全に優位という
レース前、そしてフリー走行の結果からの下馬評を
完全に覆しました。
予選でのポールポジションを獲得した走り、
そして先行逃げ切りという得意パターンを序盤から作り出し、
他を寄せ付けずに圧勝して見せました。

去年、それ以前から、正直あまりマッサを評価していなかったのですが、
パターンにはまったときのマッサは本当に強い。
このパターンにいかに持って行かせないようにするか、
マクラーレンは次戦以降の作戦を練らなければいけないでしょう。

そして、今季の「4強」の状況が、
さらにこのレースを面白くしました。
アロンソのスタートでの「仕掛け」は昨シーズンまでなら、
そして、母国GPでなければしなかったような行動だったように思います。
昨シーズンまでのようにマークする相手が一人なら、
ここはマッサに優勝を渡しても、8ポイントを確実に取りに行った、
そして、少しぐらい順位を落としても挽回できた。
(フィジケラであれば、そして昨年までのマッサであれば、
 逆転は可能だったでしょう・・・)

しかし、今回のようにワンミスで4位まで後退する状況、
そして逆転が難しいライバル達が相手では、
本来あのような仕掛けはしないはず。
しかし、母国GP、そしてマクラーレン優位という下馬評が、
スタートでの仕掛けを呼んだ、
そして、マッサの側にしてみれば、
マレーシアでの失敗を繰り返せない状況、
そして勝つにはこれしかないという状況で、
「絶対に」譲れない位置にあり、
接触も辞さないというラインキープに走ったのでしょう。

その後ろのグループは依然としてBMWがすこし抜けでてますが、
さらにその後ろはさらに混戦です。
フリー走行3回目のタイムを見る限り、
3強以外(3強に食い込んだクルサードは除く)のトップ、
デビットソンから1秒以内で、
なんと18番手のウエバーまでカバー出来てしまうのです。
つまりスパイカー以外のチームはこの中に全ている、超接戦です。

うまくいけば7番手、しくじれば20番手というこの状況、
ちょっとの差がQ1落ちを呼ぶ状況が、
今回のサバイバルレースを呼んだとは言えないでしょうか。
普段であれば、バルセロナのコースはテスト十分、
波乱要素は少なく、完走率も高いはず。
しかし、今回はリタイアが多かった。
それもアクシデントが直接の原因になったものは8分の3台のみ。
これは接戦状況で少しでも有利になりたいがために、
シミュレーションはしているものの、
走行は十分でない装置を投入するチームが多くあったためではないでしょうか?

いずれにしても今回に限らず、
レース終盤は入賞圏内争いが実は熱い。
特に地上波ではカットされがちですが、
7位以下の争い、これからも面白そうですよ。


・・・それにしても前回はホンダ初優勝、今回はアグリ初入賞。
ハマちゃん効果、すごいな。

|

« スーパーアグリのスペインGP! | トップページ | らぁらぽーと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/6420098

この記事へのトラックバック一覧です: スペインGP感想:

» ホンダ クロスロード [ホンダ クロスロード]
ホンダ クロスロードは使い場面を選ばない新しいタイプのSUV車です。 [続きを読む]

受信: 2007年5月15日 (火) 14時47分

» ニューエンジン [bmw x5について]
bmw x5、SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)という名のBMW オンロードに、オフロードに、シーンを選ばない [続きを読む]

受信: 2007年5月15日 (火) 18時34分

« スーパーアグリのスペインGP! | トップページ | らぁらぽーと »