« スーパーアグリのアメリカGP | トップページ | 「その彼」と例の「彼」 »

2007年6月20日 (水)

アメリカGP感想

”第7戦では2強チームの4名が4位までを独占”
という見出しを見て、
開幕戦前に今回の順位を予想出来た人は誰もいなかったでしょう。
さらに、”その勝者は2戦連続のポールトゥウイン”
で、”チャンピオンシップをリード”
していると聞いたとき、
ハミルトンの名前をあげることが出来た人は
少なくとも開幕戦前にはいなかったでしょうし、
3戦目を終えた時点でもいなかったでしょう。

開幕前ならそれぐらいの大番狂わせ。
しかし、現状では「驚くべき事」ではあっても、
「あり得ないこと」ではない、
それぐらい素晴らしいドライバーです。

さらに、今回は驚異の新人がもうひとり。
BMWのベッテルは噂通りの逸材でした。
とはいえ、今回出場の機会を与える元になったクビツァとて、
一年前にはデビューすらしていなかった「驚異の新人」なのだから、
ベテラン勢にとっては嫌になるところ。

今回ベテラン勢にとっては大受難のレースで、
バリチェロ、ラルフ、クルサードは1コーナーで接触、
早々に姿を消しました。

その接触が生んだ混乱で活躍を見せたのは
リウッツィとスーティルといった伏兵達でした。
いかにトロロッソとスパイカーといえど、
集団になってしまえば抜くのは一苦労。
その集団に埋もれたフィジケラ、ブルツやバトン、
バトルでの追い抜きは良かったが、
自滅してしまった琢磨。
結局ピットインでリウッツィ、スーティルとも後退しますが、
見せ場としては十分でしょう。

今回はこの集団ではポイント獲得までは届きませんでしたが、
前を行くチームに何かあれば、
その先頭あたりが入賞圏内にギリギリ入るという、
やっぱり8位争いのおもしろさにも注目したいところ。

さて、次戦からはヨーロッパに帰るF1。
母国ドライバー不在で寂しいフランスはたぶん
マニクールでの最後の開催、
そしてその次はハミルトンの「凱旋」GPです。
それでもまだ折り返しという今年のF1シーズン、
まだまだ見逃せないレースが続きそうです。

|

« スーパーアグリのアメリカGP | トップページ | 「その彼」と例の「彼」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/6846343

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカGP感想:

« スーパーアグリのアメリカGP | トップページ | 「その彼」と例の「彼」 »