« カナダGP感想 | トップページ | スーパーアグリのアメリカGP »

2007年6月17日 (日)

駆け込み乗車は・・・

今日の読売新聞の「編集手帳」に駆け込み乗車についてのコラムがあった。
要約すると電車のホームでの事故が多発しているが、それは駆け込み乗車をする側にも問題がある。ただし、鉄道会社側も統一の発車・ドア閉扉の合図など対応をとることも必要ではないかというもの。

確かに、このところベビーカーを引きずったとか、荷物が挟まったとか、手を挟んだまま発車したとか、一歩間違えば惨事になりかねない事故が目に付く。実際、以前アルバイトで駅務員をやったときに一番と言っていいほど悩まされたのが駆け込み乗車で、子供をのせたままとりあえずベビーカーで突っ込んでくる若い母親や、ひどいものではカバンだけをとりあえず突っ込んで駅員がドアを開くのを待って、開けさせたドアから乗車してしまう(それも「してやったり」な顔で!)サラリーマンなんかもいた。

事故の現場にいたわけではないので正確なことは分からないが、最近の事故もそういった駆け込み乗車から起こっているのではないかとどうしても疑ってしまう。もちろん、安全確認は鉄道会社の一番の義務ではある。しかし、駆け込み乗車が電車を遅らせる原因となるだけでなく、一歩間違えばそうした事故の原因となると言うことを乗客の側ももっと知るべきだと思う。引きずられた場合、一番の被害者は駆け込んだ本人だ。

ちなみに、電車のドアは左右必ず対称で動くので、万が一挟まれた場合片側だけを引くのではなく、左右のドアを同時に引っ張ると開きます。悪用は禁物だけど、万一の時は脱出に使ってね。

ちょっとまじめにコラムでした。

|

« カナダGP感想 | トップページ | スーパーアグリのアメリカGP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/6818134

この記事へのトラックバック一覧です: 駆け込み乗車は・・・:

« カナダGP感想 | トップページ | スーパーアグリのアメリカGP »