« スーパーアグリのカナダGP! | トップページ | 駆け込み乗車は・・・ »

2007年6月13日 (水)

カナダGP感想

なんだかもう、盛りだくさんで、
何がなんやら整理しきらないのですが・・・。

とにかくハミルトンが時間の問題だった初優勝を達成、
荒れに荒れたレースの中、
ハミルトンの周りだけが無風だった、
というか、セーフティーカーのおかげで周回遅れの処理に
紛らわされたりといったアクシデント要因が減ったというのも、
ハミルトンにとってはプラスだったのかもしれません。
オマケにモナコでチームオーダーを疑われる元になった、
早めのピットインが、SCが出る状況下ではリスク回避になることを
証明するというオマケまでつきました。

あとは大事に至らなくて何よりだったクビツァ。
ロン・デニスがレース後「死んだかと思った」と語ってますが、
実際、最悪の事態もよぎるような大クラッシュでした。

ハミルトンが大活躍する一方で、
らしくなかったのがアロンソ。
琢磨に抜かれたのはタイヤの状況の差があったためではありますが、
それまでにミスをしすぎです。
コースオフを繰り返し、順位を落としてしまったうえ、
タイヤの劣化を呼んだ最後のSC明けの猛アタック。
その時琢磨は眼中になかったと言ってしまえばそれまでですが・・・。

また、らしくなかったと言う点ではマッサとフィジケラもあげられます。
信号無視って!
他のチームのドライバーは気づいて守っているのですから、
マッサの言うような「見てなかった」というのはあまりにもお粗末。
チーム側も指示を出すべきです。

さらに全く精彩を欠いていたのはライコネン。
今シーズンに入って思ったのですが、
良いときと悪いときのムラがありすぎです。
ヨーロッパでは「キミ・アレジ」と呼ばれているとか。
アメリカGP次第では明らかにタイトル候補から脱落してしまいます。

荒れたレースで崖っぷちから救われたのは
ブルツ、コバライネン、ラルフ。
いずれも更迭説のあった3名です。
とにかく表彰台、ポイント獲得というのは、
そうした状況下では何よりもよい首脳陣へのアピールになります。

ここまで荒れたレースというのはあまりあるものではありませんが、
シーズンを通してみればターニングポイントになることは良くあることです。

レースとは関係ないのですが、モナコGPを早めに放送したことで、
興味を持った人がこのレースをみればもっと面白かったと思うのですが・・・。
いかんせん深夜の放送ではコアなファン以外は見てなかっただろうと言うのが、
ちょっと惜しい。
午前4時でも全く眠くならなかったレースというのは、
やっぱりすごかったです。

|

« スーパーアグリのカナダGP! | トップページ | 駆け込み乗車は・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/6766753

この記事へのトラックバック一覧です: カナダGP感想:

» [カナダ情報館]カナダの果物☆いちご摘み [カナダ情報館[カナダからコンニチハ!]]
カナダの7月は「Berry」の季節です。日本を始めいろんな国に輸出されています。Berryにはいろんな種類があります。Strawberry(ストロベリー)。。。わら(Straw)の床に由来する名前なんですよね!Rasberry(ラズベリー)。。。木苺。腰の高さくらいの低木か...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 6日 (金) 10時13分

« スーパーアグリのカナダGP! | トップページ | 駆け込み乗車は・・・ »