« ヨーロッパGP感想1 | トップページ | 期日前投票 »

2007年7月27日 (金)

ヨーロッパGP感想2

続きが遅れてすいません。
後半はその他のチーム、ドライバーについて。

今回のような波乱要素のあるレースは
結局2強が前を行った訳ですが、
本来その他のチームにはチャンスとなるはず。
それを生かしたのはウイリアムズとレッドブルでした。
ウエバー、ブルツ、クルサードはさすがだなぁと言う印象。
レッドブルは荒れなくてもここでは速かったですけど。

反対に天候とは関係なく荒れていたのはBMW。
同士討ちにはじまり、最後もチームメイトバトルで禍根を残しました。
ルノーはもともと金曜日から遅かったかなぁ。

さらにこれを生かすこともなく、
なんとな~く負けてしまったのは、トヨタとホンダ。
波乱を生かすこともなく、ギャンブルにでるでもなく、
もしかしたらギャンブルしたのかもしれないけど、
目立ちきれずに終わっています。
中途半端なグリッドの位置が、
スパイカーみたいな大ギャンブルは打ちにくいのでしょうけど、
例えばレース再開時にビンケルホックと同じ位置にいたとすれば、
あんなには抜かれなかったでしょうから、
面白かったんじゃないかなぁ。

天候のあおりを唯一モロに食らったのはトロロッソ。
レッドブルがあそこまで行ったので、
ひょっとしたらもうちょっとチャンスがあったと思うのですが、
勝負する前に2人とも早々にストップ。
ベルガーの嘆きも分かります。

最後にGP2。
日本人ダブル表彰台は天晴れ。
でも、期待するのは勝利-そしてタイトル。
F1に上がってこようというのなら、
GP2では最低限その位してくれなくちゃいけません。
中嶋も平手ももうちょっとの位置までは来てます。
あとは予選での上位グリッドを!

|

« ヨーロッパGP感想1 | トップページ | 期日前投票 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/7296246

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパGP感想2:

» トヨタ [セリカが欲しかった でもセリカが買えなった]
トヨタ自動車が自動車の販売台数、売上金額でも上昇しています。 今度は世界ブランドでもアップしましたね。 名実共に素晴らしい会社になっているところを、見習いたいものです。 [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 10時18分

« ヨーロッパGP感想1 | トップページ | 期日前投票 »