« ipodナノなの3 | トップページ | F1な休日 »

2008年4月19日 (土)

スーパーアグリの・・・正念場!

うーーーーーーん、

厳しい!

とにかく厳しい状況に追い込まれてしまったスーパーアグリ。
ホームページのニュースにも書いたのですが、
とにかく祈って待つしかない状況です。

それにしても、本当に日本企業は支援してくれないのでしょうか。
90年代のバブルF1にはあんなに(無駄に)スポンサードしていたのに。
反省といえばそれまでなのですが、あの時期とは違う形で、
世界進出を狙うような企業はないのでしょうか。

先月発売のF1レーシング誌にスーパーアグリの現状を評している中に以下のような記載がありました。
「いずれにしても日本のレース業界が、伝統やしきたりを守ることに汲々とし、自国の成功を夢見るばかりで、一丸となってスーパーアグリを応援しようという気概が少しも感じられないことは、驚きを通り越して呆れるばかりだ。」

まさに言い得ていると思います。
確かに、資金繰りに対する見込みの甘さや昨年のSS~をはじめとする支援企業の選択など、チームや亜久里側にも責められる点はあるでしょう。
しかし、紛れもなく日本から、それもメーカー直営ではないチームが奮闘しているのを支える「気概」が感じられないと、
それもヨーロッパのメディアが感じているというのは本当に残念なことです。

同誌では反対に日本でのSAF1の人気についても触れていました。
ビジネスライクなF1ではこのまま消えてしまっても何とも思われないという事実も。

ネットの掲示板などでは、分析とあきらめのコメントがあふれている状況です。
ファンまでが気概を失ってしまうのはまだ早いのではないでしょうか。
もしかしたら、いや、かなりの確率でスーパーアグリは消えてしまう運命にあるのかもしれません。
でも、だからこそ、やっぱり最後まで応援したいと思うのです。

「みんなの想いが夢を叶える」
最後の逆転を信じて、夢の叶う時まで!

|

« ipodナノなの3 | トップページ | F1な休日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/20396233

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーアグリの・・・正念場!:

« ipodナノなの3 | トップページ | F1な休日 »