« ありがとう スーパーアグリ | トップページ | F1速報トルコ号 »

2008年5月13日 (火)

トルコGP感想

さて、SAF1のいないグランプリ。
レースは面白かったんですが、
やっぱりちょっと寂しいですね。
地上波の最初のVTRで、もう涙涙。
さらにニコ動やYOUTUBEの熱の入った
「さよなら動画」をみてもうボロボロでした。
動画は作れないんで、
せめてホームページの方のタイトルバナーを作ってみました。
琢磨のファンミーティングで当たったサイン入り”P6”写真は
ホントに一生の宝物です。



さて!
気を取り直すわけではありませんが、
レースの方は!!

磐石と見られたフェラーリの隙を突いて、
ハミルトンが2位ではありますが、会心の走り。
3ストップはタイヤに不安があるための消極的な作戦ではありましたが、
これがハマッてフェラーリを焦らせるに十分な快走でした。
コバライネンは後遺症がなくて良かったね!のフロントロウ。
決勝は接触で後退と残念でしたが、中盤の中では圧倒的な速さを見せ、
オーバーテイクショーを展開してくれました。

フェラーリはライコネンが接触の影響があって万全とはいえない中での
3位とファステストラップ。
果たして接触のダメージがなければどうなっていたか?
そしてもちろんトルコで圧倒的な強さをみせたマッサ!
ホント、この人は得意サーキットは圧倒的に強い。
あと2つも増えたらチャンピオンでしょうが・・・。

この2チームの後ろはここ2戦で大きく様変わりしたようです。
BMWはトルコでは相対的に一歩後退。とはいえ、
「独立」3番手グループはがっちりキープ。

その後ろにはルノーとレッドブルが来たような気がします。
反対にウイリアムズとトヨタは後退・・・。
中嶋一貴はアクシデントに巻き込まれた形でしたが、
やっぱり予選で順位が稼げない結果が、あのグリッド位置なわけで、
さらに最後尾のフィジケラに追突されたということは、
やっぱりスタートも良くなかったということ。
予選順位のアップは無用な混戦から抜け出す鍵です。

とはいえ、前述の通り、ウイリアムズは相対的に後退、
さらにQ1ノックアウト組みの顔ぶれを見てもわかるように、
(フォースインディア以外は全部「新人」)
ルーキーには難しい予選システムが壁となります。
一気に、とは言わないまでも少しずつ乗り越えていってほしいところです。
フランク翁のコメントを見るまでもなく、
ロズベルグは少なからず焦っているようです。
もっとプレッシャーをかけて切磋琢磨してほしいところ。

もっと不甲斐なきはホンダ。
1ストップ作戦は苦肉の奇襲策。
それも重いマシンで思うように走れず埋もれてしまいました。
それにしてもバリチェロの走りの情けないこと。
最多出走というのは走っていれば良いのでしょうか?
少なくとも鉄人パトレーゼは最晩年、シューマッハに押されながらも、
戦っている感じはしたのですが。

また、トロロッソ勢はドライバーの実力はあるはずなんですが・・・
早くレッドブルと同等のマシンがほしいところでしょうか。
フォースインディアも戦力の底上げがほしい。
わずかな差がQ1突破を分けている現状、
次のモナコは予選が全てといっていい一戦。
面白い順位が見られるかもしれません・・・。

富士のチケットも販売開始になりましたし、
まだまだシーズンは、F1は続きます!
このページもブログもしばらくは止めませんよ!

|

« ありがとう スーパーアグリ | トップページ | F1速報トルコ号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/20921800

この記事へのトラックバック一覧です: トルコGP感想:

» f1 トルコgp [気になる商品・気になる話題の情報は]
終わった恋を忘れたい! ⇒ 失恋から立ち直る【気になる商品・気になる話題の情報は】にようこそ!2005 MotoGP DVD Round16 トルコGP商品価格:1,980円レビュー平均:0.0悪魔の角~敵を追落すための謀略の才ブラックオニキス ペンダントチャージ内容:神紋 ⇒ 詳細ページへ 【..... [続きを読む]

受信: 2008年5月14日 (水) 05時52分

« ありがとう スーパーアグリ | トップページ | F1速報トルコ号 »