« カナダGP感想 | トップページ | イギリスGP感想 »

2008年6月24日 (火)

フランスGP決勝

ライコネン、不幸病再発?
何故か信頼性の問題がライコネンのマシンにばかり出る「病」が、
戻ってきてしまったような気がしますねぇ。

ファステストラップは5戦連続で取っているんで、
速さは相変わらずなんですけどね。

・・・っていうか、普通あんな所壊れるか?


マッサはタナボタ的な勝利でしたが、
それを拾える位置に着けられるようになったのも成長でしょう。
今後、ライコネンとの位置関係がどうなるのか、
そろそろ注目していくのも面白いかもしれません。

マクラーレン勢、
ハミルトンは戦前から敗北のレース。
それをどう戦うかが注目だったんですが、
見せ場はないし、ショートカットするは、
どうにもとっ散らかったレースでした。
ハミルトンはどうにもこういうレースのリカバリーがまだまだですね。
まだデビュー2年目なのでしょうがないんでしょうけど、
普段はそれを忘れてしまうぐらい良いレースも見せるだけに、
ちょっと残念でした。

コバライネンは良いレース。
予選はともかく、「リカバリー」は完璧でした。
こちらは2年目とはいえ成長途上。
こういうレースの積み重ねでハミルトンに近づいていって欲しいと思います。


その後ろは今回大シャッフルでした。
コースの特性によってBMWザウバーさえも集団に埋もれることもある。
ウイリアムズが後方に下がる。
BMWはカナダで一歩抜け出たかと思ったのですが、
今回を見る限りやっぱりまだかな?という印象でした。

そのシャッフルによって、
「弔いレース」で久々の表彰台を獲得したトヨタのトゥルーリは見事でした。
トゥルーリはこういう「何か」あるレースは本当に強い。
この強さが一年持続すればきっとチャンピオンなんですけど、
そのムラがトゥルーリという気もしないでもないし・・・。

そのシャッフルの中で大崩れもブレイクもせず、
安定してきたのはレッドブル。
ニューウェイ効果発揮でしょうか?

中嶋一貴は今回のウイリアムズの状況では仕方なし。
・・・なんですが、やっぱりQ1脱落は印象が悪いよなぁ。

ホンダは今季はもう仕方なし。
もはや来季に期待するほかないでしょう。
やる気出せよ、バトン。

もう一人、今回の注目だった
ピケジュニことネルソン・ピケJr.。
バトルになりにくく、他車との距離が開きやすいコース特性はあったのでしょうが、
初めてと言っていいほど何事もなかったレースでした。
なんとか「結果」をつけてやろうと
テストを全部やらせたり、フリー走行でアタックさせたり、
チーム一丸でサポートしたそのレースでなんとか「結果」を手にするあたり、
ギリギリとはいえ、やっぱり何か持っているのかもしれません。
この後の何戦かまだまだ勝負どころがつづきますが、
乗り越えたら・・・強いかもしれません。

|

« カナダGP感想 | トップページ | イギリスGP感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/21848691

この記事へのトラックバック一覧です: フランスGP決勝:

« カナダGP感想 | トップページ | イギリスGP感想 »