« フランスGP決勝 | トップページ | ドイツGP感想 »

2008年7月 7日 (月)

イギリスGP感想

もうとにかく雨!
雨で荒れたレースをどう走るか、タイヤチョイスとタイミングが全てでした。

スタンダードでもタイヤを代えて走ったマクラーレンのハミルトン、
晴れると読んで代えなかったフェラーリ、
雨のタイミングと交換タイミングがあってエクストリームにしたホンダとウイリアムズ。
代えたチームが英国系チームというのはただの偶然でしょうか?

ハミルトンは富士同様に一人盤石の逃げ。
コバライネンにポールを奪われましたが、
マクラーレンは終始好調といって良いでしょう。

対するフェラーリはこの週末を通じてぴりっとしませんでした。
単にこのコースにあっていなかったのか?
戦力が低下したのか???
特にマッサは予選10番手やら、無数のスピンやら、
情けないレースでした。
ただねぇ、ランキングトップに立った次のレースでこれをやってしまうのが、
マッサらしいといえばマッサらしいんですが、
どうにももったいない。
やっぱりチャンピオンになるには、
こうしたレースでいかに「リカバリー」するかが重要なんじゃないかと思うんですが。
また、ライコネンについてもタイヤの変更タイミングが最悪。
あと数周でルーチン(の予定通り)のピットインがあったとはいえ、
もう少し決断が早くならなかったか。
以前のフェラーリはこうした判断が絶妙だっただけに残念です。

完全に「賭け」に出て成功したホンダにそのフェラーリから移籍した
ロス・ブラウンとバリチェロがいるというのは偶然ではないかもしれません。
しかし、荒れたレースでバリチェロが活躍し続けた結果、
ポイントではバトンを完全に上回りました。
バトンだって本来雨には強いはずなんですが。

雨と言えば「雨のナカジマ」を連呼した地上波ではありませんが、
混乱の中抜け出てきた中嶋一貴も良いレースをしました。
最後にトゥルーリに抜かれなければもっと良かったんですが。
荒れたレースでポイントを拾っているレースが多いのですが、
どうあれ前半戦終わってロズベルグと同ポイントは評価されていいでしょう。
何度も言われているようにあとは予選。
そして今回の終盤戦のような状況で「魅せる」ことができるか。
ポイントを失うようなリスクは負えないともいえますが、
ここでアロンソを抜ければそれこそぐっと評価が上がったはずです。
琢磨がそういうシーンを見せてくれていただけに、
なおさらそう思ってしまいますね。

もったいなかったのは、
クビサとピケ。
クビサは初のノーポイント。
残っていればランキングトップをキープだったんですが。
ピケも評価を取り戻しつつあったレースでの「コケ」で
せっかく上がった評価が落ちてしまいました。

ともあれランキング同ポイントで3人が並んでのシーズン折り返し、
後半戦も楽しみです。

・・・しかしここまで降ったレースはやっぱり家で見たいですね。
去年の富士もそうでしたが、
荒れて面白いことは面白いんですけどね。
ちなみに地デジの降る画面では雨もキレイでした。

|

« フランスGP決勝 | トップページ | ドイツGP感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/22133397

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスGP感想:

« フランスGP決勝 | トップページ | ドイツGP感想 »