« 黄昏れのフジ | トップページ | 日本GP感想2 »

2008年10月13日 (月)

日本GP感想1

昨日までの富士歩きで脚中痛くて、
カメラを支えていた左腕とシャッターを押していた右手も・・・
満身創痍ですが、最初の感想はまず、レース内容から。

アロンソ、強い!
先頭の若いチャンピオン候補二人が自滅して、
前を行くクビサは戦略で抜き去る。
まさにこれこそ王者の戦い。
とにかく完璧でした。
お見事。

それに引き替え、
自滅した二人は・・・。
タイトルへのプレッシャーと一言で言ってしまえば簡単ですが、
ハミルトンは1コーナーをあり得ないスピードで飛び込み、
マッサは予選と抜かれた直後にぶつけに行く。
CSの解説の今宮さんと川井さんも若干キレ気味でしたが、
本当にタイトルを争うドライバーなのでしょうか?
結果論ですが、
マッサはハミルトンにあそこで抜かれていたとしても、
後でハミルトンにペナルティーが出たのですから、
あそこまでする必要はまったくなし。
結果的に2ポイント差が縮まって、
マッサ優勝-ハミ2位と変わらないポイント差となりましたが、
「それだけはやっちゃダメ」をやってしまっている限り、
あと2戦はどちらかプレッシャーに負けた方が
タイトルを失うことになりそうです。
大穴ですが意外と無欲のクビサにチャンスもあるかも。

そのクビサもライコネンを相手に素晴らしいバトル。
一歩も引くことなく戦いました。
ライコネンはちょっと惜しい結果。
でも復調の気配はあるのかも。

惜しかったのはトヨタ勢。
トゥルーリはピケに対しては勝たなければいけなかった。
予選はグロックの前に出るスピードキングぶりを見せてくれましたが。
Q1まで魅せてくれたグロックにも拍手。
確実にファンが増えてましたよ。

もう一人惜しかった中嶋。
予選までロズベルグを上回り続けたのは立派。
来季はこうやってプレッシャーをかけ、
何戦かで上回っていけるようにしていきたいですね。
決勝は少し仕方のない部分はあるんですが、
結局は予選グリッドが
混乱に巻き込まれやすい場所というのはあるでしょう。
それもこれもウイリアムズの戦闘力という
どうしようもない部分もあるでしょうが、
できればQ2のラストアタックで何とか自己ベストタイムで行きたかった。
まぁ、来季も決まってますし、これからに期待も込めて。

ホンダは・・・。
来季に照準を合わせているのでしょうが・・・。
地元の走りも情けないの一言。
PRブースでも歴史を語るばっかりでは。
鈴鹿だったら天国の宗一郎さんから雷の一つも落ちてきそう。

あと良かったのはトロロッソ勢。
レッドブルとの差はやっぱりエンジンかな。
ベッテルの来季に不安?かも
ブルデーは良いところも見せたんですが、
どこかもう一歩。来季はあるかな?

レッドブルといえば引退前最後の日本だったクルサードは残念。
実は13コーナーにはかなり横断幕が出ていました。
そこまで来られなかったのは少しかわいそうでした。

|

« 黄昏れのフジ | トップページ | 日本GP感想2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/24475654

この記事へのトラックバック一覧です: 日本GP感想1:

« 黄昏れのフジ | トップページ | 日本GP感想2 »