« 休みも明けて | トップページ | ハッピーハロウィン »

2008年10月22日 (水)

中国GP感想

今回仕事のシフトの関係で生放送を見られず、
若干、疲れ気味なのでかなり眠い感じで見たんで、
薄めの感想です。

ハミルトン完勝ですが、
マクラーレンのマシンの完成度が高かったとはいえ、
ここまで易々と勝ちパターンに持って行かせてしまっては・・・。
マッサは予選後のインタビューまで心理戦を仕掛けてましたが、
決勝スタートであっという間に置いて行かれ、
ライコネンに譲ってもらっての2位が精一杯。
譲ってもらうにしても、
もうちょっとペースをあげないと。
プレッシャーを与えれば何かが起こる可能性は残るのに。

「去年と同じ」7ポイント差での最終戦ですが、
ハミルトンの「矢印」の方向が去年とは全く違います。
今年はupで去年はdown
フォーメーションラップの時の無線でも分かるように、
チームはダメな子でも自信がつくように全力でサポート。
去年のチーム内に敵がいる状態とはやっぱり違います。

その他のチームですが、
2強チームに食い込んだアロンソ、
4強チームに食い込んだグロックが大健闘。
アロンソは3連勝こそ逃しましたが、
さすがの一言。
コバライネンには罪はないんですが、
相手が因縁のマクラーレンとあっては意地もあります。
抜かれた後ついていけなかったコバライネンは、
もう少し頑張って欲しかった。
アロンソはレース前から
マッサよりも心理的プレッシャーを
よっぽどハミルトンに与えてましたし、
気持ちが何年後かにフェラーリに移る前提でそっちなのか、
よほどマクラーレンへの恨みが深いのか。
・・・恨みの方か。

グロックもそうですが、1ストップ作戦を成功させたもう一人、
中嶋も良いレースでした。
両者ともルーキーと言うこともあって
予選ではチームメイトには敵わないんですが、
どうやらレース運びはチームメイトより上手いのかも。

さて、泣いても笑っても今シーズンもあと一戦。
地球の裏側で眠いブラジルGPですが、
マッサの地元でのあり得ないぐらいの強さが勝つか、
ハミルトンが逃げ切るか。
さて???

|

« 休みも明けて | トップページ | ハッピーハロウィン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/24660629

この記事へのトラックバック一覧です: 中国GP感想:

« 休みも明けて | トップページ | ハッピーハロウィン »