« んなわけあるかい! | トップページ | 日本一! »

2008年11月 3日 (月)

ブラジルGP感想

いやはや、
大変なレースでした。

マンガやドラマだって、
あの雨は”どっちか”だけだよなぁ。

ラスト数十秒の出来事は大混乱だったわけですが、
実際のところ、
ベッテル-ハミルトンの位置関係しか見ていなかったので、
決まったスタンスでニュースやらリザルトを作ってしまい、
こちらも大変でした。

マッサは本当に出来る限りのことをして、
最高のレースだったのですが、
インテルラゴスの女神がやりすぎてしまい、
雨がちょっと降りすぎてしまいましたねぇ。
喜び爆発してしまった家族が・・・。

対するハミルトンは守りのレース。
最終戦での姿勢に批判的な声もありますが、
まぁ、ここまで「やりすぎ」を批判されてきただけに、
まぁ、妥当なスタンスだったと思います。
それでもタイヤロックとかさせてましたしね。

それにしてもアロンソとベッテル。
序盤から「空気を読まず」マッサをつつき回した上、
ベッテルはハミルトンをぶち抜くといった暴れっぷり。
今シーズン一勝は伊達ではないところをみせてくれました。
クビサが予選から振るわず、
決勝もギャンブル的な動きをするなど
「正攻法」でいけない辛さがあり、
(それでも終わってみれば同僚の真後ろまで来てましたが。)
少し残念ではありましたが、
ハミ、マッサにライコネンに加えて、
アロンソ、ベッテル、クビサといったクラスが
こうしたレースをしてくれると、
見ていても面白いですね。

この中になんとか食い込みたかったのがトゥルーリ。
もうベテランなのですから、
予選に劣らないレース運びをいい加減見せて欲しいところ。
グロックが成長して、決勝では前に出られているのも苦しい。
せっかくのフロントロウが泣きます。

残念ながらクルサードと当たってしまった一貴ですが、
シーズンを通してスタート位置の悪さが、
こうしたスタートでのトラブルに巻き込まれる原因でもあります。
来季はなんとか前からのスタートを!

そのクルサードですが、
「引退レース」というと
こうした結末になるドライバーが多いような気がします。
アレジもライコネンに当たられて終わってますしね。
そう考えるといかにシューマッハーが
すごかったかと言うことにもなるのですが。
クルサードがデビューしたウイリアムズと当たったというのも、
何かの因果でしょうか。
とにかくお疲れさまですね。

ホンダは悪夢のシーズンの終わり。
とにかく忘れましょう。

それにしても深夜4時ゴールは眠いですわ。
しばらくして今シーズンの感想もアップする予定です。

|

« んなわけあるかい! | トップページ | 日本一! »

コメント

終わってしまいましたねぇ~・・・
いやぁ、でもあの雨とかなんかは、
なんか今シーズンの全てを物語る?
全チームの力量をまた計られてる感じが
しました(^^;
すばやい判断、それに対応する適応力、
そう云ったものも全て勝利に関係すると
言うことを、ものすごく感じた1年でしたから、余計に・・・<何処のチームとかはあえて言いません(爆)

ハミルトンの優勝も、おめでとうですね。
アメリカ初の黒人大統領といい、
うまいなぁ(笑)
最後は5位でも優勝なんて、いかにも
秘蔵っ子らしい優勝の仕方のような。
メンタルな部分で結構繊細な人だけに
来季は、また違った意味で楽しめそうですね。
クルサードの引退レース・・・あまりに可哀想だった気も。
でも、中継で映りましたけど、すぐにピットに、報告をするあたり、さすがはプロといった感じでしたね(^^)

今年の総括も楽しみに待ってます(*゚▽゚)ノ

投稿: ciel | 2008年11月 7日 (金) 23時50分

>cielさん

もう、なにがなんやらの終盤でしたが、
新たな時代のターニングポイントになりそうな一年でした。

来年はどこが「出てくる」のか。
今から楽しみですね。

投稿: tomo@管理人 | 2008年11月10日 (月) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/24992880

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルGP感想:

« んなわけあるかい! | トップページ | 日本一! »