« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月25日 (火)

capeta22

51oetcgs7l_sl500_aa300_ひさびさのコミック紹介。

やっぱりいいですね。


舞台はF3。

もてぎでのレース。

相変わらず(?)(貧乏な)プライベートチームでの参戦、

エンジンでも不利に立っている陣営で

ワークスをも上回る実績をあげてエースへと成長しつつある

主人公。

しかし、

目標はもっと上!

それを実現させるためのものは何か?

モータースポーツでの成功はやはりカネなのか???

否、カネで買えないものこそが、

成功の鍵。

しかし、カネがなければクルマは走ることが出来ないが・・・。

相変わらずの熱い展開ですが、

飽きるどころかぐっと引き込むパワーがあります。

本当に、

うるっと来てしまうぐらいのめり込んでしまう、

数少ないマンガです。

モータースポーツファンは是非。

capeta(22) (講談社コミックスデラックス) Book capeta(22) (講談社コミックスデラックス)

著者:曽田 正人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

らいにょ?

100524_003601
ライオンズファンクラブ会報より。

すでにあちこちで話題になっているようですが・・・
吹いた。


らいにょんって。

レオですらないし。

なぜかユニフォームも着ないで全裸って。

しかも17cmって、微妙にでかくね?


まぁ、女性ファンも増えてるしね。

この前うちのホテルに泊まった時の出待ちが
すごい多くなってて、
ワタクシ、
ちょっと感動したし。

・・・実際ちょっと欲しいし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

モナコGP感想

ちょっと間が空きましたが、
モナコGPです。

ちょっと地上波の放送時間が早かったんで、
どうやら視聴率も良かったようで。
適度に荒れて、飽きが来ない展開だったですしね。

で、
そんな中、
飽きるというか、
ほとんど盤石に決勝を圧勝で終えたウエバー。

強くなった!って感じですね。
来季ライコネンに替えられてしまうんじゃないかとか、
いろんな噂もありましたが、
これで一躍チャンピオン候補まで躍進です。
今のマシンへのマッチが、
ベッテルよりも良いみたいですね。
昨シーズンはほとんど相手にしてなかった
ウエバーに迫られて若いベッテルがどうするか?
ここからの注目点になるでしょうね。

決勝は3位で終えましたが、
天晴れなのはクビサ。
予選での「狙って」いく姿にはシビれました。
しかし、ルノーって、
アロンソと言い、
クビサと言い、
ここ数シーズン、
もう少しドライバーに応えられるレベルに
戻ってきて欲しいところです。

天晴れ、
と言っていいのか分かりませんが、
シューマッハの最後のオーバーテイクは、
賛否あるようですが、
私は支持したいと思います。
単純にレギュレーションの解釈、
というか、
良く読めば確かに書いてあるんですが、
あの時点でそこまで確信していた
チームやドライバーが果たしてどれだけいたか?
抜かれたアロンソは
「チームからの指示で確信していた」と
レース後に語っていますが、
あのシーンでは必死のブロックしているんで、
やっぱり半信半疑だったんじゃないでしょうか?
他のドライバーも思いきりアクセル開けてますし。

で、あれば、
シューマッハの姿勢はどう考えてもアリ。
史上最多勝は伊達じゃない、
だからこそのシューマッハが戻って来つつあることは
間違いないんじゃないでしょうか。

そして、
悲しみの小林可夢偉・・・。
いつになったらザウバーの信頼性は上がるのか。
今回、
マシンがあっていなかった事は
フリー、予選とも新興チームの目の前が精一杯だったので、
仕方がないと言えば仕方がなかったのですが、
決勝ではハードタイヤスタートでピットインを遅らせるなど、
面白い戦略だったので、
何とか、
というか、
せめて、
走りきるマシンの信頼性を確保して欲しいところ。
本来、
ザウバーは
荒れたレースで信頼性を武器に拾うというのが、
得意だったはずなんですが。
次のトルコに期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

vsベイスターズ 6-5

100516_161551

鈴鹿のチケットも無事に取れた今日この頃、
浜スタへライオンズ戦を見に行ってきました。

引っ越したんで30分強です。
年2戦しかないんで、
休みが取れるかどうかは運次第ですが。

さて、
昨日みたいな快勝でもなく、
今年一押しで、ブログがゆる面白い藤田太陽が抹消で欠場なのが、
ちょっと残念でしたが、
粘り強く勝ちました!

開幕第二戦も見に行ってるんですが、
負けちゃったんで、
今季1勝1敗です。

決勝タイムリーを打って交代の時の、
高山と片岡、中村、中島のじゃれあいが微笑ましかったんですが、
↑の写真はもっと早い段階で、
帆足vs村田。
携帯カメラですいません。

で、
勝っておいてなんなんですが、
一塁側、
ホームなのに空席多すぎじゃね?
こっち(三塁側)と大差ないよ?って感じで・・・。

チームがよわ、
あいや、
強くないってのはちょっと仕方ない部分だけど、
あんなに駅に近くて、
都市部にあって、
アクセスも良いのに、
このスタンドは寂しい限り。

思うに、
施設もちょっと古くなってるってのもあるけど、
演出が古くさくないかなぁと・・・。

バックスクリーンのビジョンは
まぁ、
西武ドームほどの物をつけろとは言わないけど、
今時電飾もないでしょって感じだし、
スピーカーも大音量で、
間の悪いタイミングで音が鳴るし、
なんと言っても選手の呼び出し曲が、
前のプレーの終了後すぐになっちゃうんで、
ベイ側のヒット後声援もかき消しちゃうし、
回と回の間もテレビカメラを使ったプリクラばっかりだし、
なんだかなって感じ。

キグルミもホッシーとかがいるのに、
TBSのキャラがいるおかげで
たくさんいるんだけどいまいち統一感がないし・・・。

横浜には職場もそうだし、
いまや家もそうなんで、
愛着あるんで、
頑張って欲しいけどねぇ。

ま、
ひいき球団は変えないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

スペインGP感想

では、
ひさびさのGP感想です。

「何事もなければ」、
やっぱりレッドブルは異次元に速いですね。
ただ、何事もなかったことが5戦して
何回もない。
これが今季の混戦状況を呼んでいるんですが、
今回もベッテルはリタイア寸前だったらしく、
まだまだ、この状況は続きそうです。
おまけにシーズン終盤のエンジン基数にも
不安はありますし・・・。

信頼性の不安、
で言うとハミルトン。
原因はまだ調査中のようですが、
突然フロントタイヤに訪れた「破綻」。
この前のブエミと言い、
ちょっと考えられないような「ぶっ壊れ」方が多く、
たまたまエスケープの大きなところだったから良いのですが、
バレンシアやシンガポールなどは・・・と少し不安です。

で、
ここで2位を拾ったアロンソは
やっぱり何か持ってるなと思います。
大歓声に迎えられる姿は、
2位ながら王者凱旋と言った感じ。
残念ながら、マッサは完全に喰われてしまいました。

王者、といえば復活の兆し?のシューマッハ。
バトンはぶつぶつ言っているらしいですが、
あの「えげつない」ブロックは
ちょっと「戻ってきた」印象。
まだまだ、全盛のシューマッハに比べると、
コーナーの曲がり方なんかには迫力がないかなとも思いますが。
次の「得意な」モナコで完全復活なるか、
期待したいですね。

7位以下、スーティル、クビサ、バリチェロ、アルグエルスアリは
望みうる最高の位置を争っての入賞でした。
スーティル、クビサはQ3の常連となりつつあり、
今回のようにハミルトン、ロズベルグらがこけた時に、
どこまで食い込んでくるかが今シーズンの注目ともいえます、

そして、
今回その壁を突き破ってきた可夢偉!
Q2のアタックラップはまさに「完璧」。
こうしたアタックで先ほどのスーティル、クビサに混ざって、
Q3常連となることが評価をあげるポイントになると思います。
果たしてザウバーの相対的な戦力が
今回ぐらいの位置に戻ってきているのか、
次のモナコはやや向いていないとも思いますが、
なんとか耐えて欲しいところ。

って、次のモナコはなんと中3日!
明後日フリー走行なんですね。
かつてないほどハードなスケジュールです。


モナコ、で思い出しましたが、
「マイスター」の甥っ子、ブルーノ。
悲しいほど遅いチームなんで何とも言えませんが、
やっぱりレースサマリーで「セナ」と書くのには抵抗があります。
次回から「ブルーノ」にしようかなぁ。

最後にもう一つ、遅いチームといえば、
新興チームの「避け方」もちょっと問題になり始めました。
抜けない、譲れないモナコで果たしてどうなるか。
こちらも注目すべきポイントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

近況です。

ええと、
またまた更新の間隔が空いてしまいました。

なんだかんだと、
嵐のような勢いで引っ越しを終え、
ようやく
落ち着きまして、
まぁ、
なんとかやっております。

大量のF1雑誌の収納に困りましたが、
本棚を増設し、
リビングだというのに
ミニカーが軒を連ねているという、
家主も冷静になってみると
引くぐらいのF1屋敷になってしまいましたが、

「暮らすって物いりねぇ」
という
キキの名言よろしく、
お金に羽根が生えたように飛んでいき、
あまりやったことのない
炊事洗濯に
いそしんでおりました。

この間、
F1は3戦を消化してしまいましたが、
可夢偉がリタイヤを繰り返し、
ミハエルが錆び付いた呼ばわりされ、
なんだかバトンが抜け出してしまった以外は、
まぁ、
予想通りな部分もあり。

次あたりからはそろそろ通常の更新に戻したいんで、
なんとか頑張ります。

あ、
もちろん
経済的に苦しいんですが、
スカパーだけは確保したんで、
生でアップ出来るところは頑張りますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »