« カナダGP感想 | トップページ | ヨーロッパGP感想 »

2010年6月25日 (金)

亜久里氏に16億支払命令

あちこちに報じられていますが、
何とも言い難いニュースですね。

亜久里さん側の言い分、
経緯は本などを見て知ってはいるんですが、
あくまで物事の片側でしかないんですよねぇ。

SSユナイテッドがペーパーカンパニーであることを知りながら、
ばんせい証券のある人物がSAF1側に紹介、
スポンサー料が入るまでとして15億円を「貸し付けてきた」。

あくまで、SAF1が貸して欲しいと望んだのではなく、
SS社にスポンサー料の支払を求めたところ、
不足分として「貸してきた」

というような内容だったと思います。

真相ははっきり言って分かりませんが、
こうした経緯は支払を免除する理由とならず、
全額を支払うよう判決が下ったと言うのが今回。

亜久里さんに現在支払能力があるのかどうかは分かりません。
が、
簡単な額ではないですから、
今後の活動にも制限が出てくるかもしれない。

これはSAF1に「夢」を見た個人的には非常に残念、
夢の終わりにさらにケチが付いた感じで、少し悲しいです。

どうにか、ならないものかなぁ。
来季のレギュレーションの話そっちのけで、
気になってしまいました。
うーん。

|

« カナダGP感想 | トップページ | ヨーロッパGP感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/35479826

この記事へのトラックバック一覧です: 亜久里氏に16億支払命令:

« カナダGP感想 | トップページ | ヨーロッパGP感想 »