« vsタイガース 4-8 (6/10) | トップページ | 亜久里氏に16億支払命令 »

2010年6月18日 (金)

カナダGP感想

すいません、
生放送だったのですが、寝過ごしました。
いや、
正確には1時間間違えてしまい、
一回仮眠をとってスタート前に起きようと思っていたんですが、
起きてテレビをつけたらレース中盤、

おまけにウエバーがリードしてるんだけど、
明らかにハミルトン有利になっていて、
それまでの展開を知らない状態では全く・・・
ということでゴール前に一度落ちてしまいました。


後日改めて見直したので、
気を取り直して。

今回のコースは完全に現在ではF1でのイレギュラーなので、
今までの流れと違うことが期待できたわけですが、
その期待に応えてくれる内容でした。

とにかく今回はタイヤが鍵。
ソフトじゃ保たない、
ハードは暖まりにくいし、
しかも1セットでは保たない、
とあって2ストップ以上がマストという状況の中、

使いにくいはずのソフトを先に使った
(もちろん予選も)
ハミルトンがオーソドックスとも言える戦法になり、
予選をある程度捨てたハードスタートで逆転を狙った
レッドブル勢が今回はっきりと敗戦となってしまいました。

今年のハミルトンは2年前以上に強さを感じるようになりました。
バトンもしっかり2位に入ってきていますし、
ランキングでのレッドブル逆転は決して一過性の物でもないでしょう。
安定感を考えるとひょっとしてこのまま行くかも。

そのマクラーレンに今回ひけをとっていなかったアロンソも、
勝利のチャンスを感じられる内容でしたし、
次戦以降のレッドブルの動向を含めて
勢力図がどう変わるのか楽しみです。

さて、今回の可夢偉ですが、
明らかなワーストレースでした。
勢力図的には完璧に既存チームの最下位で、
予選のあの位置は仕方ない部分も
(もちろんデ・ラ・ロサはリードして欲しかったんですが)
あるにしても、
ロータスに自信を持たせてはいけない。

スーパーアグリ応援の経験からすると、
新興チームにとって既存チームを喰うことは、
理由はどうあれ意気の上がること、
チームの歴史にとっての新たな一歩となってしまうので、
その対象になることはいかにもまずい。

決勝もまずくて、
スタートは最高だったんですが、
あそこはみんなが危ないと自重していた場所だけに、
あのリタイアは評価を落とす事になってしまいます。

ザウバー代表も明らかに怒ってましたし、
コメントも辛かった。
評価をあげたレースの後だけにもったいないですし、
この後、
ザウバーが状況を打開できるかは微妙、
おまけにスポンサー不足は相変わらず、
運営権の売却も噂される状況で、
何とか来季以降シートを確保したいということもあり、
こうしたミスはもう起こしてはならないと思います。

まぁ、本人もそういうコメントしてますし、
頭の良いドライバーなので、大丈夫だと思いますが。

サッカーの話題全盛ですが、
なんとかそのぐらいの盛り上がりができるぐらいの
活躍を見せて欲しいところですね。

|

« vsタイガース 4-8 (6/10) | トップページ | 亜久里氏に16億支払命令 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/35338692

この記事へのトラックバック一覧です: カナダGP感想:

« vsタイガース 4-8 (6/10) | トップページ | 亜久里氏に16億支払命令 »