« 亜久里氏に16億支払命令 | トップページ | vsマリーンズ ●7-9 »

2010年7月 4日 (日)

ヨーロッパGP感想

やっぱり間が空いてしまいましたが、
ヨーロッパGPです。

まぁ、今回、
なんと言っても可夢偉ですね。

予選で連続Q1落ちでやばいかと思ったんですが、
作戦があたったのと、
アクシデントが好作用したのと、
何でか分からないけど、決勝のペースが良かったので、
快走!してくれました。

最後のピットインはちょっと早かったかなと思います。
もっと苦労せず7位は取れたんじゃないかと。
とはいえ、
ぶっちゃけ、
今のF1で、
タイヤの差はあったとはいえ、
さらに今回みたいな抜きにくいコースで、
短期間に2台もブチ抜いて見せるのは
見ている方にはたまりません。

印象に残る走りが出来ると言うのも、
今風に言うと「持ってる」感じがして良いですね。

さて、
レースの方はベッテル快勝で、
今後のコース特性を考えても有利になりました。
あとは、トラブルやアクシデントだけが気になるところ。

アクシデントといえば、今回のウエバー。
コバライネンとどっちが悪かったとか、悪くなかったとか、
言い合っているようですが、
要は性能の違いがありすぎる
両者の走り方の違いだったような気がします。

事故自体で言えばマシンがあの方向に落ちて、
大事に至らず良かったと思います。

ライバルとなりうるマクラーレンですが、
今回はハミルトンのペナルティーと
そのリカバリーで順位を落とさなかったのが、
さすがです。
その辺のしたたかさがレッドブルには欠けている部分でもあるので、
その状況次第では争いはまだまだ続くんじゃないかと思います。

ちなみに、
今回ぐだぐだに終わったシューマッハですが、
ぶっちゃけあのセーフティーカーで
ピットインすべきじゃなかったのでは?
と思います。
可夢偉と同じ作戦で正解。
ピットアウトで待たされたことをあれこれ言ってますが、
メルセデス元ブラウン元ホンダは、
2年前に同じ事をやった記憶が・・・。


さて、
今回都合があって生でアップできなかったんですが、
時を同じくしてipodを新調(padではなく)して、
タッチにしたので、
FIA公式アプリを入れてみました。
ライブタイミングの擬似版というか、
コース図上に現在の走行順を落とし込むという、
ビジュアル化された物なんですが、
タイム差も出るしいい感じ。
そしてこのアプリ、
何よりすごいのがレーススタート時間を選んで、
録画に合わせてスタートする事も出来るということ。
今回、
早速やってみましたが、
後方もしっかりカバーできるし、
今回の可夢偉みたいな戦術に注目してみるとかなり面白い!

欠点は1シーズン¥3,800もすること、
(それでも1戦目からなら1戦¥200なんですが、
 今シーズンは半分消化してるんで・・・。)
説明が全て英語と言うことぐらいでしょうか。

ちょっとおすすめなので、ipod/iphone/ipadのいずれかを持っている人は是非!

|

« 亜久里氏に16億支払命令 | トップページ | vsマリーンズ ●7-9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/35637044

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパGP感想:

« 亜久里氏に16億支払命令 | トップページ | vsマリーンズ ●7-9 »