« 日本GP感想1 | トップページ | 閉店してました »

2010年10月20日 (水)

セナ映画(涙)

日本GP中に気になっていた映画、
「アイルトン・セナ ~音速の彼方へ~」を見てきました。

ドキュメンタリー映画なので、
過剰な演出はありませんが、
セナというもはや「伝説」となった人物を
今、振り返り、
あの頃知り得なかった事と共に理解できる、
秀作だと思います。

あの頃F1を見ていた人は
自らの思い出も一緒によみがえるのではないでしょうか。

ワタクシ、
レースのシーンでは今だにのめり込み、
あの「サンマリノ」では涙しました。

あの後のヒステリックな騒ぎと、
急速に冷めていった日本のF1熱、
そして高まっていった安全性・・・
今のF1があるのもあの頃があったから、
あの事故があったから、
セナがいたからなんだなぁと、
今さらながら思いました。

拡大ロードショーも決まったようなので、
知っている世代の方はもちろん、
知らない世代の人にも是非見てもらいたい一作です。

|

« 日本GP感想1 | トップページ | 閉店してました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/37319312

この記事へのトラックバック一覧です: セナ映画(涙):

« 日本GP感想1 | トップページ | 閉店してました »