« ブラジルGP感想 #F1JP | トップページ | F1ブログ的にあけましておめでとうございます。 »

2010年11月15日 (月)

アブダビGP感想 #F1jp

さて、今回は早めの感想です。

いやはや、
まさかの!
逆転チャンピオン誕生でした。

ベッテルにしてみれば、
常に「追う」立場のタイトル争いで、
初タイトルを決めるということに限れば、
こんなに楽な方法もなかったかなと思いますし、
よく4レースも0点を出してしまって取れたなぁというのも
あるんですが、
勝ったそれぞれのレースは速さを発揮していましたし、
まだまだ「伸びしろ」もあるドライバーなので、
この先も楽しみにしたいところですね。

敗れたアロンソは「完全な」作戦ミス。
攻めきる必要はなかったんですが、
だからといって守りに入りすぎてしまった。
シューマッハのスピン-セフティーカーという
イレギュラー要素ももちろんですが、
ウエバーもアロンソも
この時期シートが決まっていないドライバーの
必死さを甘く見たんじゃないかな、
という気がしています。

ペトロフにしてみれば
あそこで易々と順位を明け渡すか
守るかどうかは
アピールが違いますし、
さらに言えば、今回ペトロフにとってみれば、
予選でクビサの前にでられた最大のチャンス。
この機会を逃すわけがないのです。
・・・結果クビサが前に出ましたが。

意地を見せたと言えば、
マクラーレンは最大限の事をしました。
新しいパーツも持ってきましたし、
ハミルトンは必死の速さを、
バトンは作戦を生かした走りを見せてくれました。
バトンはここ数戦でぱっとしなかったのですが、
らしさを見せてくれたなという感じでした。

可夢偉は今回あまり良い結果は出なかったのですが、
予選では渾身のアタックでQ2突破に迫りましたし、
決勝ではクビサを抑えて見せました。
実際クビサは出遅れの理由を
可夢偉がなかなか抜けなかったとコメントしていますし、
認められてつつある証拠かなと思います。
今回は作戦の完全なミスで後方に沈んでしまいましたが、
やはりクビサに抜かれた後のスピードは
どうしても足りなかったかなと思います。
来シーズンはチームがどれだけ良いクルマをつくれるか、
相方は完全に新人なので、
エースとしてどこまでチームを引っ張れるかが鍵になります。

それから、
日本人としてはブリヂストンのラストレースだったことも
忘れてはいけないと思います。
まずはお疲れさまでしたということと、
地上波で言っていたように、
いつの日か戻ってくることを期待していたいと思います。

長いシーズンが終わって、
すぐに新人テストとピレリのタイヤテスト、
その後2ヶ月は完全にオフとなりますが、
2月にテスト解禁、
3月の2週目には11年シーズン開幕と、
あっという間に次のシーズンが始まります。
(今のところ)20戦も予定されていますが、
なんと6戦(日本、韓国、中国、マレーシア、シンガポール+インド)
がアジア開催、
サッカーで言うと中東(バーレーン、アブダビ)も西アジア、
おまけにオーストラリアもアジアのくくりですから、
なんと9戦とほぼ半分が「アジア枠」と言うことになります。
(ほぼ中東のトルコはヨーロッパ枠)
日本GPは16戦と「割と前の方」になってしまうのが残念ですが、
秋の3連休で休みはとりやすい(?)日程ですので、
是非来年も多くのお客さんに集まってもらいたいと思います。

|

« ブラジルGP感想 #F1JP | トップページ | F1ブログ的にあけましておめでとうございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/37683344

この記事へのトラックバック一覧です: アブダビGP感想 #F1jp:

« ブラジルGP感想 #F1JP | トップページ | F1ブログ的にあけましておめでとうございます。 »