« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年11月15日 (月)

アブダビGP感想 #F1jp

さて、今回は早めの感想です。

いやはや、
まさかの!
逆転チャンピオン誕生でした。

ベッテルにしてみれば、
常に「追う」立場のタイトル争いで、
初タイトルを決めるということに限れば、
こんなに楽な方法もなかったかなと思いますし、
よく4レースも0点を出してしまって取れたなぁというのも
あるんですが、
勝ったそれぞれのレースは速さを発揮していましたし、
まだまだ「伸びしろ」もあるドライバーなので、
この先も楽しみにしたいところですね。

敗れたアロンソは「完全な」作戦ミス。
攻めきる必要はなかったんですが、
だからといって守りに入りすぎてしまった。
シューマッハのスピン-セフティーカーという
イレギュラー要素ももちろんですが、
ウエバーもアロンソも
この時期シートが決まっていないドライバーの
必死さを甘く見たんじゃないかな、
という気がしています。

ペトロフにしてみれば
あそこで易々と順位を明け渡すか
守るかどうかは
アピールが違いますし、
さらに言えば、今回ペトロフにとってみれば、
予選でクビサの前にでられた最大のチャンス。
この機会を逃すわけがないのです。
・・・結果クビサが前に出ましたが。

意地を見せたと言えば、
マクラーレンは最大限の事をしました。
新しいパーツも持ってきましたし、
ハミルトンは必死の速さを、
バトンは作戦を生かした走りを見せてくれました。
バトンはここ数戦でぱっとしなかったのですが、
らしさを見せてくれたなという感じでした。

可夢偉は今回あまり良い結果は出なかったのですが、
予選では渾身のアタックでQ2突破に迫りましたし、
決勝ではクビサを抑えて見せました。
実際クビサは出遅れの理由を
可夢偉がなかなか抜けなかったとコメントしていますし、
認められてつつある証拠かなと思います。
今回は作戦の完全なミスで後方に沈んでしまいましたが、
やはりクビサに抜かれた後のスピードは
どうしても足りなかったかなと思います。
来シーズンはチームがどれだけ良いクルマをつくれるか、
相方は完全に新人なので、
エースとしてどこまでチームを引っ張れるかが鍵になります。

それから、
日本人としてはブリヂストンのラストレースだったことも
忘れてはいけないと思います。
まずはお疲れさまでしたということと、
地上波で言っていたように、
いつの日か戻ってくることを期待していたいと思います。

長いシーズンが終わって、
すぐに新人テストとピレリのタイヤテスト、
その後2ヶ月は完全にオフとなりますが、
2月にテスト解禁、
3月の2週目には11年シーズン開幕と、
あっという間に次のシーズンが始まります。
(今のところ)20戦も予定されていますが、
なんと6戦(日本、韓国、中国、マレーシア、シンガポール+インド)
がアジア開催、
サッカーで言うと中東(バーレーン、アブダビ)も西アジア、
おまけにオーストラリアもアジアのくくりですから、
なんと9戦とほぼ半分が「アジア枠」と言うことになります。
(ほぼ中東のトルコはヨーロッパ枠)
日本GPは16戦と「割と前の方」になってしまうのが残念ですが、
秋の3連休で休みはとりやすい(?)日程ですので、
是非来年も多くのお客さんに集まってもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

ブラジルGP感想 #F1JP

あっという間に次のレースが来てしまって、
連戦の時はあまりアップしないのですが、
もう最終戦なのでここで書いておかないと、
シーズンが終わってしまうので、
ここはやや無理矢理ながら。

いや、
レッドブルが快勝!したんですが、
やっぱり一番おいしいのはアロンソには変わりないですねぇ。
アロンソにとっては100点のレースで、
それ以上は120点みたいな世界でした。

とはいえ、
ベッテルにとってみれば「これしかない」状況を
なんとか守ったわけで、
土俵に立っているからこそ勝負できる。
ウエバーは、勝っておきたかったでしょうけど、
まだチームメイトに対する優位は保っているわけで、
方針次第では・・・と思うこともできる。

とりあえず、先にタイトルのことを言っておくと、
どう見てもアロンソ優位は間違いない。
アロンソには二度のタイトル経験があります。
ここへ来ての戦い方は心得ている。
不安材料はエンジンがまともな耐久性を持っているかどうか。
走り終えられなければポイントもあり得ない。
また、
できれば2位には7ポイント
(すなわちマッサに譲ってもらったポイント分の)
差をつけて終わりたいと、
本人が思うかどうか。

本来大差は必要ありませんし、
アロンソなら分かっているはずなのですが、
差がつけられなければケチがつくというのも事実。
周りはプレッシャーを掛けるべくいろいろコメントしますが、
それに動じるかどうかに注目、
と言ったところでしょうか。

ウエバー・ベッテルは追う立場ながら、
マシンは優位にあるはず。
あとは、
ベッテル・ウエバーの順に1-2でなった場合、
誰がどう判断を下すのか。
そして、
その判断で
タイトルを取った場合、
取れなかった場合、
来シーズンをどう迎えるのか・・・
こちらも注目です。

ハミルトンの状況はこれに比べると単純で、
とにかく勝って周りの状況がどうなるかを見るしかない。
過去のタイトル争いを見る限り、
追われるプレッシャーには強いとは言えませんが、
こうした状況であれば話は別。
思いきりの良い本来のスタイルで行ける分、
ひょっとしたらを招けるかもしれません。

さて、
レースに話をもどすと、
今回のサプライズはなんといっても
ヒュルケンベルグでした。
クビ寸前とまで言われましたが、
乾坤一擲、
ウエットからの回復状況でのドライタイヤアタックを決め、
(セッティングはギャンブルに出ていたかもしれませんが。)
ポールポジションを奪い取りました。

確かに、
タイトル争い勢にはついていけませんでしたが、
クビサを押さえ込み、4ポイントを獲得したことで、
ウイリアムズはフォースインディアとのポイントを逆転しました。
これは終盤戦において、
しかもフォースインディアがぱっとしない状況に置いては大きい。
本人の残留に向けても大きなポイントになりました。

今回の可夢偉は、
マシンなりの精一杯。
ハードタイヤでのスタートで駆け出しが悪く、
思うようにラップタイムが上がらない中でも
自己ベストを出し続け、
終盤はソフトタイヤでなんとかポイントをもぎ取りました。
セーフティーカーのタイミング次第では・・・と言う欲も出ますが、
十分な働きをみせたと言って良いでしょう。
2戦我慢のレースが続きましたが、
評価を落とすものではありません。
次にも期待して良いのでは無いでしょうか。

しかし、
南米-中東なんて無茶な連戦は
誰が考えたのでしょうか?
テレビで見ていてこれだけきついのですから、
チームも報道もみんなきついと思うのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

遅ればせながら韓国GP 感想

ええと、ちょっと体調が悪く、
なかなか書けないんですが、
次のブラジルが始まっちゃうので簡潔に。

何とか、出来て良かったなぁと言う感じで、
まぁ、
天候はどうにもならないと言えばならないし、
そうはいっても、
水はけ悪すぎるだろうと言う気もするし、
実際の評価は
翌年を見てみたいなと思います。

かといって、
鈴鹿でやる限り、
日本GPの代わりに韓国GPを見に行こう、
とは思っていないですが。

レースの方は、
いやはや、
分かんないなぁ、と言うのが正直なところ。

安定が売りのウエバーに何があったのか?
まだ持つはずのベッテルのエンジン、
雨の中で何故ブローしてしまったのか?
謎、と言うのか、何かの必然なのか?

そして、その間隙を縫うが如くトップに躍り出たのが、
アロンソと言うのも、
やっぱり来たか!という気になります。

引き替えてしまうと、
バトンはちょっと不運もありましたが、
何とも情けない「終わり」。
雨の中で扱いづらいマシンというのも
感じられましたが、
一方のハミルトンがアロンソに続いたのと比べると・・・。
この先のキャリアを考えても辛い気がします。

さて、
我らが可夢偉ですが、
今回は我慢のレースでした。
このレース、コースで
クルマはウイリアムズ、トロロッソ、
フォースインディアの下でした、
そこでセーフティーカーと同時に
ギャンブルを打ったわけですが、
これは早すぎてしまいました。

ピットアウト後はグリップせずにコースオフ、
おまけにピットアウトのタイミングが悪く、
明らかに「遅い車」の後ろに出てしまい、
レース終盤はタイヤを「使い果たして」しまいました。

そこで可夢偉が(とハイドフェルトも)
良かったのは、
タイヤを持たせることが出来たこと。
ヒュルケンベルグが
最後の最後にピットインしてしまったのと比べると
これは大きな差を生み出しました。
鈴鹿のような派手なレースもできるし、
今回のような守りのレースもできる。
やっぱり良いドライバーだなと思います。

さて、
大混戦になったチャンピオン争い、
残りはわずか2レース!
どんな戦いになるのか、
次のブラジルも楽しみです。
・・・深夜の開催は辛いですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »