« 地震、仕事、F1、プロ野球・・・ | トップページ | 最近思うこと »

2011年3月28日 (月)

オーストラリアGP感想1

ホームページの速報更新をやめたので、
せめて感想ぐらいは早めに書きたい今シーズン。

まず、
レース内容よりも先に、
ツイッターではかなりコメントしたのですが、
今回の日本へのメッセージに感動しました。

なにかをやるという予告はあったものの、
まさか
全チーム、全ドライバーがなにかしらのメッセージを
込めてくれるとは・・・。

ツイッターのタイムラインでリツイートされたコメントに、

「今まで日本ってずっとF1に片思いだと思ってた。
でも日本はとっくにF1の家族だったんだな。
そんなF1の皆に僕たちにできることは鈴鹿で元気に彼らを迎えることだ。
日本グランプリ史上最高の盛り上がりでね。
今年は開幕からいきなり鈴鹿カウントダウンでいこう!」

というのがあったけど、
まさに言い得ていると思います。

「鈴鹿は特別」というコメントは良く聞かれますが、
それは鈴鹿のコースと以前はアジアで唯一の開催だったという、
特異性から生まれたコメントなんじゃないか、
すばらしい雰囲気というのも、
F1と「一体」ではなく、
「ちょっと違う」から評価されていたのではないか、
そう思っていたのですが、
今回の反応を見て、
本当に「家族」になっていたのが分かりました。

被災地の方々は
見られる環境にないのかもしれませんが、
どうにかして届けたい。
ブログのログを見ると少ないながら、
最近でも被災地からのアクセスがあるようですので、
一部を紹介しておきます。

ザウバーは可夢偉がいるので、
いち早くメッセージを発表してくれました。
車体には日の丸とスイス国旗に
「我々の祈り、日本に届きますように」

ウイリアムズも日本人白幡メカニックと
フランク翁が共に動画でメッセージを発表、
折り鶴とともに「助け愛、支え愛 未来を信じ 共に走りましょう」
「我々は日本を応援しています」のメッセージ。

ペトロフも表彰台のインタビューで
小松エンジニアを気遣うコメント。

フェラーリはフロントウィングのステーに
大きな日の丸を掲げ、

レッドブルはリアウイングに
日本赤十字のアドレスを「宣伝」

バトンは日本語を頭頂部に入れたヘルメット、

トゥルーリは完璧な「日本仕様」の
ヘルメットでメッセージをくれました。

その他、ワールドチャンピオンをはじめとする達も
日の丸と「PRAY FOR JAPAN」ステッカーを
ヘルメットに貼ってメッセージをくれていました。

レース前には一分間の黙祷。

そして
極めつけは日本語でのリレーメッセージ
http://www.youtube.com/watch?v=XEj-g0-ExXI&feature=youtu.be
(ドライバー達のコメント後の笑顔に癒されます。)

こんなことがかつてあったでしょうか?
日本ではさほどメジャーではないF1ですが、
ヨーロッパでは今だに絶大な人気があるといいます。
応援メッセージはヨーロッパから世界に広がり、
さらなる支援につながるかもしれません。
それよりも何よりも、
被災地をはじめとする日本のファンに
沢山の勇気を与えてくれました。

私たちF1ファンには
こんなことをしてくれていると言うことを
広めて行く「仕事」が出来たんじゃないかと思います。

そして、
秋までに少しでも日本を元気にして、
最大限の敬意をもって
鈴鹿で彼らを迎えられるようにしたいですね。

レースの感想はまた後日。

|

« 地震、仕事、F1、プロ野球・・・ | トップページ | 最近思うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61569/39401887

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアGP感想1:

« 地震、仕事、F1、プロ野球・・・ | トップページ | 最近思うこと »