« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月23日 (土)

グランプリトクシュウ5月号-ラウダのコメントに感銘

F1雑誌、グランプリトクシュウに
オーストラリアGPでの
日本に対するエール特集がありました。

今考えても各チーム、ドライバーからの
メッセージには胸が熱くなるのですが、

今回、ドライバーや関係者からの
コメントがあり、
その中のニキ・ラウダのコメントに
驚きと感銘を受けました。

まず、
ラウダは(富士でのこともあるし)
あんまり日本のこと好きじゃないだろうと
思っていたので、
ちょっと驚いたのと、

ヨーロッパで起こっている原発論議、
原発についての考え方について
コメントの半分以上を費やしていること、
そしてその内容に感銘を受けました。

記事をそのまま転載するのはいけないと思うので、
ちょいちょいぐらいにしておきますが、

原発論議については、
「今回のような問題にぶつかったら、
世界的スケールで結論を得なければならない」
こと

「事故はなぜ起こったのかを見極め、
世界中のすべての原子炉はその弱点を改良すべき」
であること

ラウダ自身は
原子力発電に反対ではなく
「対策をしないことに反対」であること。
(「もはや原子力なしには生きていけない」とも)

「チェルノブイリの事故のあと各国は(中略)
 なにもしていない。」
ことが問題であり
「世界中の都市が同じレベルの安全を手に入れるまで
 改良の手を止めてはいけない。」
「安全に運用するには改良しつづけるしかない」
と結んでいます。

今、各地で起こっている論議、
様々な考え方はあると思いますが、
私は今回の
この意見が自分に一番近いのではないかと
思います。

今回、
政府とか、
企業とか、
一部組織についての批判が多いけれど、

原子力についてはそういうレベルを超えて、
世界レベルで考えることだったんじゃないか、

もちろん、そうしたところの対応に
問題がなかった訳ではなく
(同じ雑誌の別のコラムには
 レース界の常識としての
 「スペアのスペアのスペア」を挙げ、
 対策の甘さを指摘しています)
そこに組織としての問題もあると思います。
が、
そういうレベルを超越したところでの
対応が必要なのではないかと。

同じ特集で
ルノーのブイエ代表も
原発の問題について大部分を割いています。

こちらも
あんまり好きだなぁという人物ではなかったのですが、
今回のコメントには感心しています。

細かい部分は割愛しますが、
「我々にはエネルギーが必要」
であり、
化石燃料による発電に対しての限界を
指摘すると共に
「新しいエネルギー源として原子力を認めるべき」
であるとともに、
「もちろん、原子力がすべてではな」く
「原子力の危険もない、
石油や石炭のように空気汚染もしないという」
「新しいエネルギー源」
が見つかれば
それを使うことを勧めています。
その上で、
先延ばしをせず、
結論を出さなければならないとしています。

これについても
同意することの多い意見だと思います。

今回、
夏場の電力の補完に
ガスタービンの増設や、
火力の再稼働などが勧められていますが、
それは一時的にすべきであって、
原子力の危険と同等レベルの
環境破壊という危険が迫っていることを
あらためて認識すべきではないでしょうか。

F1雑誌を読んで
こんな事を考えようとは・・・。
ちょっとビックリした休日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

開幕3戦感想

初戦の日本応援キャンペーン以降、
一戦一戦書くことが出来なかったので、
今回はまとめて。

面白いですね。
今年のF1。
KERSとDRS、
そしてピレリタイヤの使いこなしのおもしろさ
という
昨年はなかった要素が演出しているので、
賛否はあるようですが、
これまでのところ、
面白いレースになっていると思います。

まぁ、
KERSとDRSについては
使用条件などが結構ややこしいので、
分かりにくいというのは一理ありますけど、
オーバーテイクは増えていますし、
タイヤに関しては、
性能劣化のしやすさと、
その劣化具合がいきなり「来る」というのが
最後まで緊張感を与えてくれます。



さて、
チームとドライバーの評価について。


レッドブルの性能と
ベッテルの速さは完璧と言っていいほど。
予選アタックの一発はシューマッハの全盛期を思い出します。
2戦目までは戦略も完璧。
ですが、
やっぱり、
どこかレッドブルにはいつもの「脆さ」がある。
連勝と3戦目のウエバーのリカバリーの影に隠れていますが、
KERSがまともに機能したレースがない。
でも勝っているんだから文句もないのですが、
ウエバーについてはそれで2戦目のスタートで
ポジションを失っている。
これからを考えるとその脆さと
ベッテルがはじめて体験する「追われる」チャンピオンとして、
シーズンをどう戦うかに注目です。


そのベッテルの牙城を中国で突き崩したハミルトンは見事。
今シーズンのタイヤの使い方の違いによる戦い方の
良い見本になるでしょう。
ベッテルのようにタイヤをもたせつつ前をキープするか、
ハミルトンのようにピットインが増えても
ガンガン行って最後にコース上で抜くか。
コースや天候によっても大きく左右されるでしょうが、
今回はハミルトンが当たり。
次も上手く行くか分かりませんが、
どちらかというとタイヤを酷使しがちなハミルトンだけに、
これからもこういった作戦を採ることは多いかもしれません。
タイヤにやさしいバトンが同じ作戦をとっていますが、
分けてみるのも面白いかなぁと思います。


はっきり言って期待はずれなのが
フェラーリとメルセデス。
開幕前はレースペースは良いと言われていたフェラーリですが、
そんなこともなく。
メルセデスは中国での戦い方に期待は持てますが、
マレーシアではトロロッソに抜かれる始末。
今後の開発に期待・・・したいところです。
アロンソが見せる「ミラクル」で
いくつかは勝てるかもしれませんが、
本来タイトルを争うチームだけに、
状況次第では来年を見据えて今シーズンを捨てる
なんてこともあるかもしれません。

その2チームに絡んできているのが、
ルノーとザウバー。
ルノーは革新的なマシン開発が、
ザウバーは反対に保守的な開発が効を奏しています。

ペトロフが一皮むけた感じはしていますし、
ルノーはさらに前を窺うポテンシャルを持っていますが、
ここから先の争いはまた別のレベル。
そうなるとやっぱりハイドフェルトとペトロフでは・・・
というのも正直なところです。

ザウバーについては可夢偉について掘り下げたいので
また別の機会にしようかと思います。
戦略的にもおもしろいですよ。

フォースインディアとトロロッソ、ウイリアムズは
コースによって大きな差が出がちで、
今後コース次第では
大きなサプライズをもたらすことが出来るかもしれません。

マシンの出来は良いはずのトロロッソは
ドライバーがそれを引き出せればもっと前を狙えるはず。

ウイリアムズは残念ながら、
期待されていたほどマシンの出来が良いわけではないようです。
マルドナドがマシンを壊す機会が多いのも気になります。
狙っているコンセプトは良いので、期待したいところなんですが。

安定感は一番フォースインディアがあるかなぁ。
ただ、一昨年のような大爆発があるようにも思えない。
中国は良かったので、
期待は残しておきたいんですが。


新興三チームは
ロータスが開発次第でその前に追いつけるかどうか。
トラブルがあったとはいえ、
中国では決勝でコバライネンがザウバーとウイリアムズに先行。
これはこのチームにとって大きな成果と言えるでしょう。
あとは名称問題をすっきりして欲しいですね。

ヴァージンはまだまだ。
HRTはまだまだまだ。
両チームとも走るシケインでしかないようです。
HRTは107%を突破出来るようになっただけでも
御の字ではないでしょうか。
ヴァージンは、個人的には昨年のカラーリングと
VRマークが好きだったので、
面白みがない感じがしています。
せめて「情熱」が伝わってくるような走りがみてみたいですね。

さて、インターバルが空いて
次はトルコ。
開発期間があるので
戦力分布が変わる可能性があります。
さて、どうなるのか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

最近思うこと

まだ終息を見ない原発問題ですが、

はたしてこの件、
悪いのは「政府」と「東電」と「原発」だけなのかなぁと思います。

もちろん、安全対策を100%にしなかった東電にも
その後の対策で後手を踏む
(最近は与党同士で足を引っ張りはじめた)
政府も悪い。
それは分かり切ったことです。

(また、避難地域になってしまった「当事者」も
 同じなのかというとそんなことはないと思ってます。)

かといって、我々「外野」は被害者面でいいのかどうか。
そもそも、原発が必要な程電気を使いまくったのは
「みんな」であって、
実際、原発がないと足りない程使っているのも確か。
今だって、稼働している原発がないと、
途端に足りなくなるわけだし。

クリーンエネルギー、
たとえば風力や地熱なんかに転換していれば、
という意見もあるけど、
技術的にまだまだ足りるだけの電力を
安定供給できないのはもう何年も言われていること。

あ、
だからといって私自身は
原発推進でも反対でもないですよ。
この人の意見に近いかな。
「原発は置換できるならそうしたい」
けど、
「危ないからやめれば良いという程話は単純じゃないでしょ?」
というスタンス。

推進か反対かというどちらかに立つと、
「事故は想定外の事象が原因(今回は大津波)だったからで、
 現に地震そのものには耐えた。
 遠くの地震で大火災を起こしたコスモよりまし」
とか
「建設地は 原発の誘致にあたって
 税金や交付金の優遇を受けている。
 (だから我慢しろ)」
とか
「じゃあ反対派は電気を使うな」
とか
「安全だと言うなら東京に原発を作れ」
とか
「技術的に手に余るものを使うべきではない」
とかいう極論が生まれるわけですが、
正直それでどちらかに解決できるとは思えません。
(根本の思想が違うのに極端な意見をぶつけても意味がないので)

なんだか壮大な話と議論になりそうなので、
話を戻すと、
要は「我々も反省しましょう」ということ。
「お上や大企業に責任をぶつけて
 被害者面をするのは
 (少なくとも避難地域でもない我々は)
 やめた方がいいんじゃないの?」
ということです。

おのおの「反省」しておかないと
今回の事を忘れて電力が戻ると
「それまで」のようになっちゃい兼ねないからね。
そうならないように。

その上で今は出来ることをしましょうよ。
というか
しなくちゃならない。
と思うんですけど、どうですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »