« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月30日 (月)

モナコGP感想

久々の感想です。

いやぁ、面白かった!
今もCSでF1マンデーの再放送を見てしまうぐらい。

可夢偉の件はあとでじっくり触れるとして、

全般に
タイヤ戦略に
モナコ特有の「抜けない」という要素
さらに、
クラッシュによるセーフティーカー(&赤旗中断)
という要素が絡んで非常に見応えのあるレースとなりました。

トップ争いは

タイヤ交換で失敗したが1ストップで逃げるベッテルを
2ストップのマッサと3ストップでスパートをかけるバトンが
追いつめた終盤、
抜けないコースとはいえベッテル絶体絶命!
のところで赤旗中断。
ベッテルにとって救いになった訳ですが、
あのまま続けていたとしてどうなっていたか?

それ以前にタイヤ交換直後のタイミングで
セーフティーカーが出てバトンが損してしまっていたり、
(おまけにタイヤチョイスでも損して1ストップ増)
スーパーソフトがとんでもないぐらい
「保って」しまって、1ストップが可能となることを
予想出来たチームがどれだけいたか
などなど、
昨年では考えられないほど様々な要素が絡み合った
レースとなりました。

その他のドライバーのことを触れようと思ったんですが、
ここはやっぱり
可夢偉のこと。

ここ数戦で飛び抜けていい仕事をして
連続ポイントを獲得している可夢偉ですが、
ちょっとモナコは辛いのかなというのが、
土曜日を終えた時点での感想でした。

それはスタート直後も変わらず、
プライム(ハード)タイヤでのスタートで
ディ・レスタに先行され、
さらに前を塞がれる訳でもなく、
ペースがあがらなかったときは、
「さすがにコレでは・・・」と
思っていました。

しかし、
タイヤが暖まると同時にペースが改善。
さらに、
このタイミングで先行していたクルマが
次々とピットインで後ろに下がります。

あとはこのタイヤをいつまで保たせるか?
という判断になりますが、
レース中盤までピットインするそぶりを見せず、
(ペースも悪くなかった)
そろそろ?と言うタイミングで
セーフティーカー導入。

同時にピットインしてタイヤを交換。
ここでピット作業で
スーティルに先行されたのが
(チームとして)唯一のミスでしょうか?

しかし、
このスーティルをコース上で苦労の後抜くと、
4位をキープ。

後は安泰、
とも思いましたが、
赤旗中断で「復活」したウエバーに交わされてしまいました。
それでも、
5位は立派ですし、
ハミルトンの先行は最後まで許しませんでした。
(どちらにしてもハミルトンはペナルティーで後退しましたが)

コース上の争いが上手いのはもちろんのこと、
クルマが向いていないとされている、
(事実予選までは合っていなかった)
低速コースで、
レース中にペースを改善しながら、
タイヤを上手くマネージメントして、
モナコで5位というのは言うまでもなく
素晴らしい結果。

欲を言えば、
ウエバーからも守りきりたかったというのが
本当のところかもしれませんが、
1位~6位まで、
可夢偉以外はモナコウィナーかワールドチャンピオンという
面子、
さらに
マシンの力からすると遙かに上の連中と争っての
5位はやはり賞賛されるべきでしょう。

ここ数戦を見ていて思うのは、
グリッドポジションが悪くても、
ザウバーのタイヤにやさしいクルマの特性を生かし、
かつ、
それでいて十分周囲と争えるペースで、
さらに、
抜くときはコース上で抜くことができるという
チーム力を上回る走りを見せているというのが本当に素晴らしい。

日本人最高獲得ポイントについては、
ポイント制度が異なる過去のドライバーと
全く同じ比較は出来ないとは思いますが、
反対に、
現在のように上位チームが固まった状況で、
さらにリタイアが少ない中で
きっちり入賞ラインに入って来るというのは
やはり評価すべきだと思います。

ただし!
ここ数戦で気になるのはやはり予選。
今回はトラフィックが原因ですが、
やはり結果を並べてしまうと
チームメイトに比べて2勝3敗(しかも3連敗中)
というのは気になります。
トルコ-スペインと
(その後のリカバリーは見事ですが)
接触によるパンクが続いたこと。
それぞれ理由があってのことですが、
残念ながら「結果」が全ての世界。
ケチがつきそうなことは徹底的に避けた方がいい。
特に予選に関しては相手が「新人」であるだけに、
ちゃんとしておきたいところです。


最後に、
ペレスとペトロフの事故について。
それぞれ単独と接触だし、
原因も違うので一概には出来ませんが、
本当にドライバーが無事で良かった。
とくに
ペレスについては
あの94年の事故の直後、
一連の流れとして忘れられない
ベンドリンガーの事故がよぎりました。
同じ場所(同じチーム)での高速クラッシュで、
結局、
ベンドリンガーはあの事故で
キャリアが断たれたと言っても過言ではない事故でした。

それだけに
あの場所のクラッシュバリアの性能の良さ、
そして
クルマの安全性の向上については、
本当に頭が下がります。

事故直後のツイッターで
「あのぐらいなら大したことはない」
的なものも散見されましたが、
とんでもない。
反対に、
最近の安全性のおかげで
そう思えるようになっていたとしたら、
やっぱり凄いことなんですが、
危なくもあるかなと思います。


さて、
次はカナダ。
ここでスーパーソフトがどう作動するのか?
モナコよりは「抜ける」サーキットで
DRSも効果がありそうですから、
今度はどういった作戦が最適なのか?
見どころはいっぱいです。

・・・ちなみに、
ここ数戦でのマルチストップっぷりと、
タイヤによるタイム差など、
見どころはたくさんなのですが、
どうもサーキットで観戦している時に、
ちゃんと理解しながら見られるのか、
ちょっと自信がありません・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »