« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年7月14日 (木)

低迷のライオンズを考える。 #seibulions

久々のブログはF1ではなくライオンズ。

しかし、勝てない。

オリックスには大勝で4分の3つをものにしたが、
千葉に行ったら借りてきた猫、ならぬ借りてきた獅子状態。

ことごとく、
相手の方程式を相手に
追いつかない程度の反撃は見せるが、
(ハム・バンクならうち崩すのだろうが)
接戦をものに出来ず負けている。

2戦目の平野の初回失点は置いておくと、
3戦で5失点だから課題だった継投はなんとなく悪くない。
7連戦で考えても、江草・星野以外の中継ぎ以降は無失点だ。
両投手とも左と言うのが気にはなるが・・・。

翻って打線を見ると、
オリックス戦はよく打った。
不振・ブレーキと化していた片岡が怪我で休養し、
2番に座ったハラタクが渋い働きを見せたし、
なぜかおかわりのホームランダービー独走に協力してくれた。
ナカジもホセも復活かと思うぐらいよく打った。

しかし、
ロッテ戦では打線が沈黙。
2戦目は打つにはうったがつながりはどこへやら、
満塁の好機を何度も逃し、追いつけそうで追いつけない、
そんな試合を3試合とも見せられた感じだ。

追いつきそうで追いつけない、
というのは流れを変えられないということ。
攻撃の流れを変えるなら代打、ということになるが、
残念ながらそんな代打はこの3戦登場しなかったし、
今の一軍では平尾ぐらいしか浮かばない。
(2戦目で代打失敗から凡退を続けたが・・・。)
その平尾をスタメンで使ってしまっていると、
流れを変えるバッター不在のままずるずるといく
傾向は強くなってしまう。

後藤やブラウンが出てきても球場の雰囲気は変えられないし、
初球を空振りした時点で失望感すら漂ってくる。
上本は・・・期待感はあるが、
その後の守備を考えると捕手というポジション上難しい。
(特に競った試合では)

やはり平尾はここらで代打に戻してはどうか。
どうにも疲れが見えてきているし、
ベンチにいるだけで雰囲気を変えるといわれる平尾が
自分のバッティングに悩んでしまっては
今のベンチで声を出すメンバーがいなくなる。

で、ファーストだが、
そろそろ浅村をレフトから戻す。
ホセはDH。
シーズン当初は浅村のファーストが
オーダーの選択肢を狭めていた感じだが、
秋山・熊代など「守れる」若手が出てきた事を考えると、
無理して慣れない外野に回す必要は感じなくなってきた。

外野は栗山を中心に秋山・熊代。
場合によっては坂田やGG、高山なんかを下からあげてはどうか。
ゴトタケやブラウンも下で実績を出したから上げたのだろうが、
今のまま使うのは見ている方も辛い。
大島はもう少し様子を見ても良いが、
今日の守備はすでに中堅の域にある選手としては
ちょっとどうしようもないし、
打つ方も明らかに疲れてきた。
友亮は今の打率では守備固めとしてがんばってもらう。

ファーストを除く内野は今の布陣がベスト。
片岡が戻ったとしたら(怪我も調子も)
ハラタクはサード
(中島が退団するつもりで今シーズンを戦うのなら
 ハラタクショート、中島をサードでも可)
おかわりはファーストにして、ここで浅村をレフトでもいい。

キャッチャーだが、
走られまくっているのと、
このところの打つほうの元気のなさは気になるが、
この数戦あまり大崩れしない事を考えると、
銀仁朗で良いような気がする。
星との併用具合は今ぐらいで良い。

長々書いてみたが、
あくまで現有の戦力で考えてみた。
まぁ、こうした考えがファンの一人一人にあるのがプロ野球。
負け続けるとこんな考えばかりになってしまう。
なんでも良いから勝って、
こんな試案が乱立することのないよう、
がんばって欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »