2010年5月25日 (火)

capeta22

51oetcgs7l_sl500_aa300_ひさびさのコミック紹介。

やっぱりいいですね。


舞台はF3。

もてぎでのレース。

相変わらず(?)(貧乏な)プライベートチームでの参戦、

エンジンでも不利に立っている陣営で

ワークスをも上回る実績をあげてエースへと成長しつつある

主人公。

しかし、

目標はもっと上!

それを実現させるためのものは何か?

モータースポーツでの成功はやはりカネなのか???

否、カネで買えないものこそが、

成功の鍵。

しかし、カネがなければクルマは走ることが出来ないが・・・。

相変わらずの熱い展開ですが、

飽きるどころかぐっと引き込むパワーがあります。

本当に、

うるっと来てしまうぐらいのめり込んでしまう、

数少ないマンガです。

モータースポーツファンは是非。

capeta(22) (講談社コミックスデラックス) Book capeta(22) (講談社コミックスデラックス)

著者:曽田 正人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月30日 (金)

地震??

最近、うちの近所にある工場をマンションにするらしく、、
平日の朝8時30分から5時30分ぐらいまで、
取り壊し工事が行われているのですが・・・。

音はちょっと距離があるのでかすかにしか聞こえないのですが、
朝から晩まで数分おきに震度1ぐらいの振動が・・・。
職業柄平日休みになることも多いので、
朝8時からガタガタやられると結構ストレス。
一日部屋にいるとちょっと気が狂うので、
なるべく外出するようにする日々・・・。

今日も休みだったので、昼から外出して、
買い物やらジムやらで時間をつぶしてきました。
そんななか、週刊誌で最近気になっていたマンガを購入。
Anim
アニマート というと、
なんだか分からないタイトルなのですが、
都心で大地震が起こったらという、
「災害もの」とでも言う内容でしょうか。

災害の規模が半端でなかったり、
多少マンガだからと言う部分はあるのですが、
それも全く根拠のない要素ではないとのこと・・・。

そういうとき、人はどんな行動をとるのか・・・。
ちょっと恐ろしくもあるのですが、
目の離せないマンガです。

自宅で震度1ぐらいの振動で騒いでる場合ではないかも。

| | コメント (0)

2006年6月16日 (金)

capeta11

Capeta_11_1待望の!11巻です。
うーん、やっぱり熱いッス。

今回も前巻に続いてレーシングスクールのオーディション。
オーディションなのに何故こんなに熱い!?
まあ、内容は読んでのお楽しみとして・・・。

おいら的に今回最も「キタ」台詞はナオミのもの。

「レースのために本当にすべてをささげる覚悟があんなら
 こうして頼みに来るのは
 オマエでもよかったんとちゃうかっ」

「体制」とはなんなのか、
それを築くことはレーサーにとって「全て」なのか、
レースにおいて「体制」は純粋な「才能」をもしのいでしまうのか・・・

このマンガにおけるひとつの大きなテーマなんですが、
「それ」を作ろうとしない(ようにナオミからは見える)カペタを
「走っているときに」初めて意識したナオミ。
ナオミの感じる「ムカつき」の正体は???

うーん、熱いっ!

書き込みもソコソコに、
もう一回読むことにしますか・・・。

| | トラックバック (1)