2011年3月28日 (月)

オーストラリアGP感想1

ホームページの速報更新をやめたので、
せめて感想ぐらいは早めに書きたい今シーズン。

まず、
レース内容よりも先に、
ツイッターではかなりコメントしたのですが、
今回の日本へのメッセージに感動しました。

なにかをやるという予告はあったものの、
まさか
全チーム、全ドライバーがなにかしらのメッセージを
込めてくれるとは・・・。

ツイッターのタイムラインでリツイートされたコメントに、

「今まで日本ってずっとF1に片思いだと思ってた。
でも日本はとっくにF1の家族だったんだな。
そんなF1の皆に僕たちにできることは鈴鹿で元気に彼らを迎えることだ。
日本グランプリ史上最高の盛り上がりでね。
今年は開幕からいきなり鈴鹿カウントダウンでいこう!」

というのがあったけど、
まさに言い得ていると思います。

「鈴鹿は特別」というコメントは良く聞かれますが、
それは鈴鹿のコースと以前はアジアで唯一の開催だったという、
特異性から生まれたコメントなんじゃないか、
すばらしい雰囲気というのも、
F1と「一体」ではなく、
「ちょっと違う」から評価されていたのではないか、
そう思っていたのですが、
今回の反応を見て、
本当に「家族」になっていたのが分かりました。

被災地の方々は
見られる環境にないのかもしれませんが、
どうにかして届けたい。
ブログのログを見ると少ないながら、
最近でも被災地からのアクセスがあるようですので、
一部を紹介しておきます。

ザウバーは可夢偉がいるので、
いち早くメッセージを発表してくれました。
車体には日の丸とスイス国旗に
「我々の祈り、日本に届きますように」

ウイリアムズも日本人白幡メカニックと
フランク翁が共に動画でメッセージを発表、
折り鶴とともに「助け愛、支え愛 未来を信じ 共に走りましょう」
「我々は日本を応援しています」のメッセージ。

ペトロフも表彰台のインタビューで
小松エンジニアを気遣うコメント。

フェラーリはフロントウィングのステーに
大きな日の丸を掲げ、

レッドブルはリアウイングに
日本赤十字のアドレスを「宣伝」

バトンは日本語を頭頂部に入れたヘルメット、

トゥルーリは完璧な「日本仕様」の
ヘルメットでメッセージをくれました。

その他、ワールドチャンピオンをはじめとする達も
日の丸と「PRAY FOR JAPAN」ステッカーを
ヘルメットに貼ってメッセージをくれていました。

レース前には一分間の黙祷。

そして
極めつけは日本語でのリレーメッセージ
http://www.youtube.com/watch?v=XEj-g0-ExXI&feature=youtu.be
(ドライバー達のコメント後の笑顔に癒されます。)

こんなことがかつてあったでしょうか?
日本ではさほどメジャーではないF1ですが、
ヨーロッパでは今だに絶大な人気があるといいます。
応援メッセージはヨーロッパから世界に広がり、
さらなる支援につながるかもしれません。
それよりも何よりも、
被災地をはじめとする日本のファンに
沢山の勇気を与えてくれました。

私たちF1ファンには
こんなことをしてくれていると言うことを
広めて行く「仕事」が出来たんじゃないかと思います。

そして、
秋までに少しでも日本を元気にして、
最大限の敬意をもって
鈴鹿で彼らを迎えられるようにしたいですね。

レースの感想はまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

クビサ、ルノー残留

まぁ、それ以外ないかなぁと言うニュースですね。
これより上位のチームのシートは決まっちゃってますし、
苦しいながらもチームはちゃんと開発してますし、
クビサ自身もチームの中心になっているんで、
居心地も良いらしいし。

ただねぇ、
個人的にはドライバーとして好きなタイプで、
チャンピオン候補だと思っていたんで、
ルノーに居座っちゃう状態だと将来的にねぇ。

結果を出し続けて
上位チームに引っ張ってもらう機会を待つしかないんでしょうが、
だとすると今回の2年契約はちょっとおいしくない気もしますし。

実力はあるのに花咲ききれないその他大勢に
ならないようにチャンスがあると良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

ヨーロッパGP感想

やっぱり間が空いてしまいましたが、
ヨーロッパGPです。

まぁ、今回、
なんと言っても可夢偉ですね。

予選で連続Q1落ちでやばいかと思ったんですが、
作戦があたったのと、
アクシデントが好作用したのと、
何でか分からないけど、決勝のペースが良かったので、
快走!してくれました。

最後のピットインはちょっと早かったかなと思います。
もっと苦労せず7位は取れたんじゃないかと。
とはいえ、
ぶっちゃけ、
今のF1で、
タイヤの差はあったとはいえ、
さらに今回みたいな抜きにくいコースで、
短期間に2台もブチ抜いて見せるのは
見ている方にはたまりません。

印象に残る走りが出来ると言うのも、
今風に言うと「持ってる」感じがして良いですね。

さて、
レースの方はベッテル快勝で、
今後のコース特性を考えても有利になりました。
あとは、トラブルやアクシデントだけが気になるところ。

アクシデントといえば、今回のウエバー。
コバライネンとどっちが悪かったとか、悪くなかったとか、
言い合っているようですが、
要は性能の違いがありすぎる
両者の走り方の違いだったような気がします。

事故自体で言えばマシンがあの方向に落ちて、
大事に至らず良かったと思います。

ライバルとなりうるマクラーレンですが、
今回はハミルトンのペナルティーと
そのリカバリーで順位を落とさなかったのが、
さすがです。
その辺のしたたかさがレッドブルには欠けている部分でもあるので、
その状況次第では争いはまだまだ続くんじゃないかと思います。

ちなみに、
今回ぐだぐだに終わったシューマッハですが、
ぶっちゃけあのセーフティーカーで
ピットインすべきじゃなかったのでは?
と思います。
可夢偉と同じ作戦で正解。
ピットアウトで待たされたことをあれこれ言ってますが、
メルセデス元ブラウン元ホンダは、
2年前に同じ事をやった記憶が・・・。


さて、
今回都合があって生でアップできなかったんですが、
時を同じくしてipodを新調(padではなく)して、
タッチにしたので、
FIA公式アプリを入れてみました。
ライブタイミングの擬似版というか、
コース図上に現在の走行順を落とし込むという、
ビジュアル化された物なんですが、
タイム差も出るしいい感じ。
そしてこのアプリ、
何よりすごいのがレーススタート時間を選んで、
録画に合わせてスタートする事も出来るということ。
今回、
早速やってみましたが、
後方もしっかりカバーできるし、
今回の可夢偉みたいな戦術に注目してみるとかなり面白い!

欠点は1シーズン¥3,800もすること、
(それでも1戦目からなら1戦¥200なんですが、
 今シーズンは半分消化してるんで・・・。)
説明が全て英語と言うことぐらいでしょうか。

ちょっとおすすめなので、ipod/iphone/ipadのいずれかを持っている人は是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

亜久里氏に16億支払命令

あちこちに報じられていますが、
何とも言い難いニュースですね。

亜久里さん側の言い分、
経緯は本などを見て知ってはいるんですが、
あくまで物事の片側でしかないんですよねぇ。

SSユナイテッドがペーパーカンパニーであることを知りながら、
ばんせい証券のある人物がSAF1側に紹介、
スポンサー料が入るまでとして15億円を「貸し付けてきた」。

あくまで、SAF1が貸して欲しいと望んだのではなく、
SS社にスポンサー料の支払を求めたところ、
不足分として「貸してきた」

というような内容だったと思います。

真相ははっきり言って分かりませんが、
こうした経緯は支払を免除する理由とならず、
全額を支払うよう判決が下ったと言うのが今回。

亜久里さんに現在支払能力があるのかどうかは分かりません。
が、
簡単な額ではないですから、
今後の活動にも制限が出てくるかもしれない。

これはSAF1に「夢」を見た個人的には非常に残念、
夢の終わりにさらにケチが付いた感じで、少し悲しいです。

どうにか、ならないものかなぁ。
来季のレギュレーションの話そっちのけで、
気になってしまいました。
うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

カナダGP感想

すいません、
生放送だったのですが、寝過ごしました。
いや、
正確には1時間間違えてしまい、
一回仮眠をとってスタート前に起きようと思っていたんですが、
起きてテレビをつけたらレース中盤、

おまけにウエバーがリードしてるんだけど、
明らかにハミルトン有利になっていて、
それまでの展開を知らない状態では全く・・・
ということでゴール前に一度落ちてしまいました。


後日改めて見直したので、
気を取り直して。

今回のコースは完全に現在ではF1でのイレギュラーなので、
今までの流れと違うことが期待できたわけですが、
その期待に応えてくれる内容でした。

とにかく今回はタイヤが鍵。
ソフトじゃ保たない、
ハードは暖まりにくいし、
しかも1セットでは保たない、
とあって2ストップ以上がマストという状況の中、

使いにくいはずのソフトを先に使った
(もちろん予選も)
ハミルトンがオーソドックスとも言える戦法になり、
予選をある程度捨てたハードスタートで逆転を狙った
レッドブル勢が今回はっきりと敗戦となってしまいました。

今年のハミルトンは2年前以上に強さを感じるようになりました。
バトンもしっかり2位に入ってきていますし、
ランキングでのレッドブル逆転は決して一過性の物でもないでしょう。
安定感を考えるとひょっとしてこのまま行くかも。

そのマクラーレンに今回ひけをとっていなかったアロンソも、
勝利のチャンスを感じられる内容でしたし、
次戦以降のレッドブルの動向を含めて
勢力図がどう変わるのか楽しみです。

さて、今回の可夢偉ですが、
明らかなワーストレースでした。
勢力図的には完璧に既存チームの最下位で、
予選のあの位置は仕方ない部分も
(もちろんデ・ラ・ロサはリードして欲しかったんですが)
あるにしても、
ロータスに自信を持たせてはいけない。

スーパーアグリ応援の経験からすると、
新興チームにとって既存チームを喰うことは、
理由はどうあれ意気の上がること、
チームの歴史にとっての新たな一歩となってしまうので、
その対象になることはいかにもまずい。

決勝もまずくて、
スタートは最高だったんですが、
あそこはみんなが危ないと自重していた場所だけに、
あのリタイアは評価を落とす事になってしまいます。

ザウバー代表も明らかに怒ってましたし、
コメントも辛かった。
評価をあげたレースの後だけにもったいないですし、
この後、
ザウバーが状況を打開できるかは微妙、
おまけにスポンサー不足は相変わらず、
運営権の売却も噂される状況で、
何とか来季以降シートを確保したいということもあり、
こうしたミスはもう起こしてはならないと思います。

まぁ、本人もそういうコメントしてますし、
頭の良いドライバーなので、大丈夫だと思いますが。

サッカーの話題全盛ですが、
なんとかそのぐらいの盛り上がりができるぐらいの
活躍を見せて欲しいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

今さらトルコGP感想

いや、
もう
今さら感が漂う時期ですが。

誰が優勝したとかよりもインパクトのある同士討ち。
あちこち報道されきった感もありますし、
勘ぐりもひととおり出そろってますが、

ここまでのレッドブルの独走、
連勝で“エース”ベッテルにならんだ“ベテラン”ウエバーの立場、
ガス欠の怖れのあったウエバーのペースダウンと、
あと数周燃費走行する必要のなかったベッテル、
ハイペースで追い上げてきたハミルトンの影、

などなど、
いろんな条件の重なった結果、
チームにとっては最悪
(プレスにとっては最高?)の
接触となってしまいました。

レース後しらじらしく笑顔の2ショット写真やら、
ウエバーの残留やら発表して
ノーサイドを強調していますが、
果たしてどうなんでしょうか。

本来、レッドブルのシートは
トロロッソのドライバー達のモチベーションを守るためにも、
一つはギリギリまで空いていた方が良いはず、
親会社、レッドブルのスポーティーなイメージは、
抗争などの暗いイメージがあってはならないので、
ネガティブな噂の元を裁とうとしているような
気がしてならないんですが。

個人的には
どちらの運転が悪い、というのではなく、
結果的に
どちらにも恩恵をもたらさなかったという点に置いて、
あそこでウエバーが取ったラインは、
どうにも自滅、もしくは相打ちを招くしかないラインだと思うんですけど。
まぁ、シーズン終盤とかなら分からなくもないですし、
ここで譲ったらチームメイトとの「立ち位置」において、
ずっと不利に立たされる可能性があるんで、
「その意気やよし」なところはあるんですが。


さて、
優勝したハミルトンですが、
派手な事件に隠れてしまった感があるんですが、
間違いなく今回レッドブルを追いかけるだけの
勢いと力がありました。
フェラーリが失速、
メルセデスが追いつけない現状を見ると、
唯一「戦いうる」立場にあるチームは
マクラーレンなのかもしれません。

それから、
忘れてはならない可夢偉!
Q2の「バンザイアタック」は相変わらず見事。
Q2の全ての空気を変えたという点において、
突破を決めた最終アタックともども、
1回目のアタックを評価したいです。

フリー走行を見る限り、
Q3は4強+ルノーが順当。
ひょっとするとスーティルが食い込めるかな
という予想が大方だったと思うのですが、
あれでサーキット全体が「おっ」となった。

中団の「面白い」存在だなと思わせる、
そういう「注目」を集めることが
現状のザウバーでは大切だと思います。

さらに、決勝での粘り強い走りは見事。
(もちろんデ・ラ・ロサのサポートも)
まぁ、タイヤがギリギリまで行ってしまって、
そのまま走ったというのは危ないとは思いますが、
そのリスクを採っても、
チームと自分に今何が必要なのかを
十分に分かった上でのポイント獲得は見事でした。

さて、次は意外性のカナダ。
クビサ初優勝の地であることはもちろんですが、
実はザウバー初優勝の地である・・・
ちょっと期待してしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

モナコGP感想

ちょっと間が空きましたが、
モナコGPです。

ちょっと地上波の放送時間が早かったんで、
どうやら視聴率も良かったようで。
適度に荒れて、飽きが来ない展開だったですしね。

で、
そんな中、
飽きるというか、
ほとんど盤石に決勝を圧勝で終えたウエバー。

強くなった!って感じですね。
来季ライコネンに替えられてしまうんじゃないかとか、
いろんな噂もありましたが、
これで一躍チャンピオン候補まで躍進です。
今のマシンへのマッチが、
ベッテルよりも良いみたいですね。
昨シーズンはほとんど相手にしてなかった
ウエバーに迫られて若いベッテルがどうするか?
ここからの注目点になるでしょうね。

決勝は3位で終えましたが、
天晴れなのはクビサ。
予選での「狙って」いく姿にはシビれました。
しかし、ルノーって、
アロンソと言い、
クビサと言い、
ここ数シーズン、
もう少しドライバーに応えられるレベルに
戻ってきて欲しいところです。

天晴れ、
と言っていいのか分かりませんが、
シューマッハの最後のオーバーテイクは、
賛否あるようですが、
私は支持したいと思います。
単純にレギュレーションの解釈、
というか、
良く読めば確かに書いてあるんですが、
あの時点でそこまで確信していた
チームやドライバーが果たしてどれだけいたか?
抜かれたアロンソは
「チームからの指示で確信していた」と
レース後に語っていますが、
あのシーンでは必死のブロックしているんで、
やっぱり半信半疑だったんじゃないでしょうか?
他のドライバーも思いきりアクセル開けてますし。

で、あれば、
シューマッハの姿勢はどう考えてもアリ。
史上最多勝は伊達じゃない、
だからこそのシューマッハが戻って来つつあることは
間違いないんじゃないでしょうか。

そして、
悲しみの小林可夢偉・・・。
いつになったらザウバーの信頼性は上がるのか。
今回、
マシンがあっていなかった事は
フリー、予選とも新興チームの目の前が精一杯だったので、
仕方がないと言えば仕方がなかったのですが、
決勝ではハードタイヤスタートでピットインを遅らせるなど、
面白い戦略だったので、
何とか、
というか、
せめて、
走りきるマシンの信頼性を確保して欲しいところ。
本来、
ザウバーは
荒れたレースで信頼性を武器に拾うというのが、
得意だったはずなんですが。
次のトルコに期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

スペインGP感想

では、
ひさびさのGP感想です。

「何事もなければ」、
やっぱりレッドブルは異次元に速いですね。
ただ、何事もなかったことが5戦して
何回もない。
これが今季の混戦状況を呼んでいるんですが、
今回もベッテルはリタイア寸前だったらしく、
まだまだ、この状況は続きそうです。
おまけにシーズン終盤のエンジン基数にも
不安はありますし・・・。

信頼性の不安、
で言うとハミルトン。
原因はまだ調査中のようですが、
突然フロントタイヤに訪れた「破綻」。
この前のブエミと言い、
ちょっと考えられないような「ぶっ壊れ」方が多く、
たまたまエスケープの大きなところだったから良いのですが、
バレンシアやシンガポールなどは・・・と少し不安です。

で、
ここで2位を拾ったアロンソは
やっぱり何か持ってるなと思います。
大歓声に迎えられる姿は、
2位ながら王者凱旋と言った感じ。
残念ながら、マッサは完全に喰われてしまいました。

王者、といえば復活の兆し?のシューマッハ。
バトンはぶつぶつ言っているらしいですが、
あの「えげつない」ブロックは
ちょっと「戻ってきた」印象。
まだまだ、全盛のシューマッハに比べると、
コーナーの曲がり方なんかには迫力がないかなとも思いますが。
次の「得意な」モナコで完全復活なるか、
期待したいですね。

7位以下、スーティル、クビサ、バリチェロ、アルグエルスアリは
望みうる最高の位置を争っての入賞でした。
スーティル、クビサはQ3の常連となりつつあり、
今回のようにハミルトン、ロズベルグらがこけた時に、
どこまで食い込んでくるかが今シーズンの注目ともいえます、

そして、
今回その壁を突き破ってきた可夢偉!
Q2のアタックラップはまさに「完璧」。
こうしたアタックで先ほどのスーティル、クビサに混ざって、
Q3常連となることが評価をあげるポイントになると思います。
果たしてザウバーの相対的な戦力が
今回ぐらいの位置に戻ってきているのか、
次のモナコはやや向いていないとも思いますが、
なんとか耐えて欲しいところ。

って、次のモナコはなんと中3日!
明後日フリー走行なんですね。
かつてないほどハードなスケジュールです。


モナコ、で思い出しましたが、
「マイスター」の甥っ子、ブルーノ。
悲しいほど遅いチームなんで何とも言えませんが、
やっぱりレースサマリーで「セナ」と書くのには抵抗があります。
次回から「ブルーノ」にしようかなぁ。

最後にもう一つ、遅いチームといえば、
新興チームの「避け方」もちょっと問題になり始めました。
抜けない、譲れないモナコで果たしてどうなるか。
こちらも注目すべきポイントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

バーレーンGP感想その2

では、
一日空いてしまいましたが、
中団以下の感想。

まずは、気になる可夢偉ですが、
良かったテストの結果を当てにしていたわけではないですが、
ちょっと厳しい状況にあるようです。
まだ他のサーキットを見てみたいとは思いますが、
バンプがどうのと言うよりも、単純に遅いらしい。
おまけに新興チーム以外では唯一の2台全滅・・・。

チーム力の部分は「しょうがない」部分もあるのですが、
ちょっと情けなかったのはデ・ラ・ロサに先行されたこと。
決勝で抜かれたうんぬんではなく、
予選で先行を許したのはちょっと・・・。
「今までと違うレベルの新人(日本人)」としてデビューしているんで、
申し訳ないけれどデ・ラ・ロサレベルには負けてられない。
一年かけて追いついた、というのでは
ちょっと遅い気がします。
期待度が高いだけに、ね。

その他の中団チームはこのグループ内で拮抗してますね。
ルノー、ウイリアムズ、トロロッソ、フォースインディア、ザウバーの
セカンドクラス選手権。
Q2を誰が抜けてくるかが今後の鍵になりそう。
コンスタントに抜けてこられるようになってくれば、
そこで「挑戦権」が得られると見て良いでしょう。
ひょっとしたらフォースインディアかも、というぐらい
スーティルは良さそうですが。

その後ろの新興チーム勢は、
ちょっと今のレベルではお話にならない。
まずはQ1突破を目標にというところですが、
ロータスあたりは発表から短期間でここまで来ましたし、
進化スピードもありそうなので、シーズン終盤には?
と言う感じもしました。
コース上でピットインのタイミングもありましたが、
既存チームを押さえる姿はスーパーアグリを思い出しました。

ヴァージンとヒスパニアあたりはもう、どうしようもない感じではあるんですが、
だからといって現行のテスト規制を残して
107%ルールを復活させるのは個人的にはかわいそうな気がします。
まぁ、ヒスパニアはフリー走行も走れないんで、
どっちにしろ、と言う気もしますけど・・・。
で、この3チームはサードクラス選手権ですかね。
スーパーGTの500と300ぐらい突き放されている気もします。

余談ですが、ブルーノのヘルメット姿はドキッとしますね。
叔父さんそっくりです。

とにかく見どころの多い今年のF1。
次戦以降も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

バーレーンGP感想

依然として新生活に向け奔走しておりまして、
今日はIKEAに行って参りました。

そんな中の開幕戦だったので、
リピートして見たりとか出来ていないんですが、
とりあえず感想を。

全体的に新レギュレーション、
移籍(復活)ドライバー、新チームなど、
焦点がたくさんあって、
しかしテストが少なかったりしてたんで、
様子見の「お試し」感が強いレースでしたが、
それでも、
今季こうなるのでは?という
傾向は垣間見えたんじゃないかと思います。

ので、
「ひょっとしたら」「かもしれない」で
この後の文章を囲んでもらえると、
今シーズン全体の予測にもなるんじゃないかと思います。

とりあえず、
やっぱり4強がとび抜けていますね。
その中でベッテルの速さと
フェラーリの安定感の勝負となりましたが、
今回はフェラーリに軍配。

レギュレーション変更でピットストップ戦略という
「ヤマ」がなくなってしまったため、
トラブルがなければベッテルがそのまま・・・という予想もあり、
今シーズンの展開に不安もささやかれていますが、
アロンソは脚を「貯めて」いた可能性もあり、
そうなるとドライバー同士の心理戦や、
走り方の違い、レース運びといった
玄人好みの視点も出てくるわけですが、
そうなるとオーバーテイクが増加する
「分かりやすいレース」という方向とは違ってしまうと思いますが・・・。

ともあれ、
ルノーエンジンがわずか一戦で(おそらく)壊れてしまったことは
ここからのシーズン、タイトル争いに影響してくるでしょうし、
フェラーリは交換したエンジンが、
こちらはたぶんフリー走行なんかには使えると思いますが、
どうしてなのか原因が解明されるまでは不安が残るところ。

フェラーリでは移籍アロンソと復活マッサで
今回はアロンソが先行しましたが、
マッサはあの怪我からの復活戦だった事を思えば
十分ではないでしょうか。

復活と言えばやっぱり「あの方」、
皇帝シューマッハ。
ロズベルグに歯が立たなかったとか、
6位では・・・とか、
『無敵の皇帝』時代を思うと物足りない気もしてしまいますが、
こちらは3年のブランク明け、
しかも本気のレース自体久々ですから、
まぁ、悪くないんじゃないかと思っています。
本人も「錆び付いている」と自覚していますから、
ここから錆落としができれば、ひょっとして・・・と言う期待もあります。

メルセデスは昨シーズンのような圧倒的な強さはありませんが、
両ドライバーともなかなか強力で、
今回のように前に出られてしまうと
バトンやウエバーが抜けなかったのを見ても、
他のチームにとっては「嫌らしい」存在になって行くんじゃないかと思います。

なんだか長くなってしまったので、
その後ろのチームについてはまた明日。
これから家電を選びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧